FC2ブログ
片側顔面痙攣のこと

時間の流れに思うこと。

0
2016年になって、はやくも4日過ぎた。

早い早い。
早すぎるー

大晦日からこの年明けの今日まで、何をした???
いやあもう。なんにもしてない。
時間の流れが、あまりにも、あまりにも性急過ぎて気づかないのかも。
あるいは、逆に、
ゆるやか過ぎて気がつかない感じなのかな。

とにかく、時間が、私の預かり知らぬま間に過ぎてる。
勝手にいくな(苦笑)


片側顔面痙攣の手術をしたのが、2013年の10月。
再発をしっかと、自覚・実感したのが、
2015年の1月。
それから、あっけなく時間が流れ、こんにち。
ジャスト、再発から、1年が経った。

早いなあ。
本当に、早い。

2016年1月の今。
何となく、気が重い。

来年・2017年の1月の、その頃には、
”再発を実感して2年がはや過ぎた”と、言ってる。と思う。
早くも来年の今の自分を、完全に想像出来る。
気が重いなあ。ほんとに。
だって、よくなるわけないんだもん。
改善されるわけないんだから。

今年の今の、いま、うんざりしているこの痙攣と耳鳴りが、
2016年の幕開けからずっとずっと、
地続きで来年の2017年に、続いている。
そうしてそれは、未来永劫、続くんだよなあ、と。
私の生きている限り、これは、地続き。

はあ…


お正月飾り。
こちらよそのお宅の玄関の。
ちょっと旧家のたたずまいのお宅だった。
和の美。
しみじみと美しい。

最近めっきり、こういった正統派・正月飾りは
見かけなくなった。
街中でだって、飾りをほとんど見なくなった。
でも、きっと、このおうちは、
来年も、再来年もきっとずっと、飾りつけをすると、思う。
時間が止まったかのように、来年の飾りつけも、再来年の
飾りつけも、きっとずっと同じだろうと、思う。

即効で動いているものと、止まっているものって、
もしかしたらちょっと、似てるのかもしれないな。

私の、片側顔面痙攣の再発は、治癒から遠くで、止まったままになった。
未来永劫、これにて、と、止まったまんまになった。
それがいやなら。
それをどうにか消し去りたいなら、また手術に挑む他ない。
でもまた、手術をしたって、再発するかも。
再発の時間は、永遠に続いて、流れているのかもしれない。
せき止められないんなら、やっても意味なし。

痙攣のループの輪の中で、時間のことを思ったりする。
時間の流れのことを、思ってみたりする。


門松は 冥途の旅の一里塚
  めでたくもありめでたくもなし


一休さんに会いたい。



0102vre.jpg






スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply