FC2ブログ
片側顔面痙攣のこと

片側顔面痙攣・術後:保険見直しのこころ。

0
日々刻々と、片側顔面痙攣の開頭手術の、術後以来、
日々刻々と、完全なる復活を、実感している。

とにかく、耳鳴りが酷くなってゆく感じが、残念。
会社の健康診断などでは”聴覚検査”で、異常なし。
この耳鳴りの、煩わしい<音>は、
外側の世界の音ではなく、私の体の、
内側で起きている<音>なんだろうなあ、と思う。
地味に、ほんとう、煩わしい。


この、耳鳴りの煩わしい感じと同時に、
この、煩わしい不随意な、痙攣の、再発。

命に関わりのない、症例だけれども、
いつかまた、もしかしたら。
もしかしたら、開頭手術を再度する、という選択を
考えるかもしれない。
(今の程度が永続的なら、しないだろうけど)

この片側顔面痙攣の手術は、
私の執刀医は「部位は脳神経ですが、
手術の内容としては、外科的手術のようなものです」と言っていた。
「骨折の手術みたいなものですか?」と聞き直したら、
そんな感じだと言っていた。

だから、手術前後に投薬もなければ、通院もゼロだった。
手術で2週間の入院をした。
だけ、といえば、だけ。
「あとは全て、普通に暮らして下さい」と、執刀医。

でも。
ここ最近、年上の友人で、
少々体調不良ビトが、ちらほら出て来た。
芸能界在籍の有名人のみなさんも、
アラフォーアラフィフ、辺りから、ぐんと
体調不良の告白などが、あちらこちらから。

「医療保険。。。
今、ちゃんとしたのに入る、
ラストチャンスな年齢なのでは…(汗)」

そう、自らのことを、思うようになって来た。

今、私が入会しているものは、
なんとなーく、医療保険、程度の、ふわーっとしたもの(苦笑)

試験的に、向学のために、と、
そろーり、ネットサーフィンをしても、チンプンカンプン。
各社見比べし切れない。
どれが自分にピッタリなのか。
どれが自分に必要で、不要なものなのか。
湯水のように、うなる資金を持っていれば、
どれだって加入出来るだろうけど、
資金はちょぼーっとしか。

うーん、分からん。。。

で、そのときふと。
「おや、そういえば私」と。

① 「片側顔面痙攣で、入院手術をした経験があるから、
   完全健康体とは判断されず、
   入会もハードルがあがったんじゃなかろうか」
② 「再発の体感を実感し始めている。
   これは、病気になるのか???」

ということについて、思いがいたった。
私はもう、保険会社が望む加入者の
”完璧な健康体”では、ない気がする。

片側顔面痙攣は、病気ではあるけれど、病気ともいえない。
命になんら、別状がないのだから。
血液検査で、どこか引っかかるということでもなければ、
尿検査やレントゲン検査、心電図などでも、異常にはならない。
ただ、顔面が片方痙攣しているだけ(といえばそれだけ)と、
私の場合、耳鳴りがしていて煩わしいだけ(といえばやっぱりそれだけ)。

保険加入の際の、入会審査は、
いったいどこまで、審査対象範疇なんだろう。

年齢も加齢してゆくばかりだし、
体調も、ふつうにガタピシしてくるだろうし。
医療保険。
さて。
どうしよう。
どうなるんだろう。

悩まし。



025vfr.jpg





スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply