FC2ブログ

開頭手術をしたけれど無念の再発…悩ましき片側顔面痙攣について等他、あれこれ雑記書き連ねます。

去ったあとの後始末

2020/10/27
よしなし雑記 4
この春に入学したとある専門校を退校した。

中年ババ3名からの嫌がらせに、嫌気がさしたから。
だから辞めた。
辞めて晴れ晴れ気分爽快。
スッキリした✨

これは相手に”負けた”とか”屈した”とか言う人もいるかもしれない。
正直あたしの心の底にも、多少その感は無いとは言い切れない。
なんで嫌がらせをした側がそこへ残り学び、
なんで嫌がらせを受けた側が去るのだと。
けど、人生十分生きて来てる者の、余剰学びみたいなモノで、
精神的不衛生な状態になってまで通うのはアホらしいと思った。

退校するまで、クラス担任と副担任と2度話し合いをした。
1度目は副担のみで、ふわっとした話しにした。
数か月前のこと。
それでも2時間は話した。
2度目は担任も一緒に話し、これは2時間強は費やした。

けどいずれも担任側の結論としてはこれだった。
「どうにも出来ません」

あなたへ嫌がらせ行為をしていることは、全然気付かなかった。
でも、そういうことをしそうなメンツだということは十分分かる。
そういう不穏分子的な要素は理解していた。
なぜならその中年等は気分屋で、
日によって我々指導者に対しても、接する態度が違うから。
気分の良い日はご機嫌だし、そうでもない日は物凄く無愛想で、
指導しても仏頂面になるから。
損な性格だと思うのに、本人は気付かない。
でも。

でも?あたしは問うた。

でも。
「でも、相手も53歳のイイ年の人達。
もう今更性格どうこう出来る年齢じゃない。
その性格でもう十分生きて来ちゃってるから。
それに」


それに?あたし。

「我々はそういう人間関係の専門家でも無ければ、
そういう専門家も校内にはいないし、どうすればいいのか何も分からない。
それにここは義務教育でも無いし。
それに」


それに?あたし。

「それにエエ歳の人達に、
嫌がらせはやめましょう。
教室ではみんなで仲良くしましょう、なんて言うの?
小学生相手みたいにそんなこと言ったとて、それが何になるの?
そう思いませんか?」


苦しい胸の内は、この先いくらでも時間取って聞いてあげます。
むしろ聞いてあげることしか出来ないけど、
それであなたの気持ちが少しでも軽くなるなら。

「その間、学びにだけ神経集中するってどうですか。
相手の事は無視無視!で。
ひたすら学びと自分だけのことを考えるでどうでしょう」


よく聞く指導者側の通りいっぺんな言葉だよなぁと思った。

「何もしてあげられなくて面目ない」

そう両指導者に言われるだけの2時間強。
何だかなあ…とがっかりする気持ち半分と同時に、
そりゃごもっとも、と思う気持ち半分だった。
だってホント、チーム嫌がらせは53歳連中だもんなぁ。
人生折り返してる人達に何をいわんや、ということだよな。

で、辞めましたハイ。

確かに義務教育でも何でもないから、
アルバイト辞めるより簡単だった。

辞めて退校するとき、両指導者は何度もあたしに詫びていた。
「何も出来ずすみません」
「どうにもしてあげられなくてごめんなさい」
「力になれず申し訳なかったです」

良くしてくれた若者学生さん等と一緒に下校する際、
校門前まで見送りしてくれた。
もう2度と会うことの無い指導者両氏。
悪い人達では無かったけど、良い人達でも無かったかな。

中年ババ等へ取り巻きのようにくっついていた
若者女子から、涙目で「何も出来なくてごめんなさい」と言われた。
意味深な言葉だよなあと思った。
気の毒に。
あたしのことは忘れて下さい。
それでいいです。それがいいよ。

話しは少し外れるけども。

あたしの年上友達で、職場でのいじめを体験して退社した人がいる。
ベテラン男性職員からの嫌がらせが酷かったという。
上司にその都度タイミングみて相談したらしいけど、
何の解決策も導き出されることが無かったって言ってた。
友達は「良い同僚等に軽く愚痴ったりしながら、いじめに屈しない態度を貫き通し、
ひたすら目前の仕事に集中した」と言ってた。
その後後任で入社した女性もいじめに遭い、
半年足らずで退社したのだということも言っていた。

あのね。
ちょっと言いたい。
<怨念>みたいなことになるかもしれないけど(苦笑)言わせてちょうだい。

でも、友人はそこを退職して、そして今もそのいじめをした当人は
何も変わらず勤務し続けてるんだよねー
職場が近かったから、その人物を時折見かけてしまうらしい。
なので通勤時間を考えて、避けた道を歩いているという。
姿を見かけたときには「心臓がバクバクして倒れそうになる」って。

他にもある。
別の友達。
新事業部立ち上げのメンバーで、様々改善策を提案していたら、
ケムたがられて。
「もう嫌になったから辞めた」って。

ご近所の年下奥さんも、職場で色々問題が起きて苦情噴出。
現場同僚等と意見が合い、それでは!と改善を求めて
奥さんが代表者になって
上長に現場の総意ですっ言いてさらに上へ相談したら、
周囲の同僚等が尻込みしちゃって。
結局その奥さんだけだけが
上司から風当りがキツくなって転職した、とかもある。

こういうの。
結局最終的には周囲の人達も、我関せずで通してる人達なんだよね、
って思う。
誰かが受けている行為は酷い、と周囲も見て知って分かってたわけで、
誰かの主張することの方が簡単で賢明だと分かっていたとしても。

これ、学生がいじめにより転校を決意していくのと、ちょっとだけ似てると思う。
子供のそれと比較したら大した話ではないけどもね。
(若年な子供の方が、事態は断然深刻だと思うから)

いじめた側はそのまま登校し続けて、その学校を卒業していく。
いじめられた側は転校生になってまたイチから人間関係を築く苦労も伴う。
新しい新天地とはゆえ、見知らぬものへの恐怖も不安だってもある。
けど全部それでその子がハッピーになれれば、結果オーライ、オッケー!
それで良いのは間違いないんだけども、何か何かそこらが釈然としないんだよねえ…

何度も言うけど、いじめた側は何もないまま現職で勤務してて、
被害を受けた側が退職をして、その事を避けた暮らしをする。
被害側(また意見主張した側)ばかりが、退職したり転職したり転校したり。
平静を保ち、大人の態度で受け流す、とかしながらやり過ごして、
「あーもうヤーメタ」を選んでく。
そこにサバサバした感情があるのは救いだけど、でもふとしたときに、
じっとり振り返ればコールタールみたいにどす黒い感情も渦巻いたりもする。

気分はスッキリしている。
これは本当。
でも、エエ歳の同性連中から嫌がらせを受けたことや、
それまでまあまあイイ感じで親しくしていたと思っていた人達からの、
そういう行為をする、ということが、あたしは理解出来ないでいる。
にんげん、デキテませんのでねあたくしはね。

あたしが悪かったのか。
あたしにも何かそうなる原因があった???
そう考え出すと、気持ちがグルグルして止まらん。

友達がおしえてくれてた<マインドフルネス>本を読んでも満たされず。
<瞑想>本を読んでもよく分からず。
これは一体どういうことなんだろう、と思いながらネット検索。
すると『ロジカルシンキング』というワードと、
『自己肯定感』というワード。
『承認要求』というワード辺りが気になる。
目玉が血走るくらい、検索しかけた。
から、危なーい!✖
だってあたしは片側顔面痙攣キャリア!
目の疲労は要注意!(特に今は!)


退校あとの、自分自身への後始末、の感じがある、この感情。
思いがグワングワン巻き上がってくる。
時間が経つにつれ”恨”みたいなものは消えつつあるのが幸い。
気持ちも楽になるから。事実、楽になってくのも分かるし。
でも、疑問に思う気持ちは膨らむ一方。

あたしって何?というか。
あたしってどんな性質なのだ?ということへの疑問って感じ?
これも今更、こんな十分中年になって、ってモンだけど(失笑)

サクッとここに記しておくと、まずはこう。
『考える力のないひと』について。

◎ 視野が狭く、目の前のことだけにすぐ一杯になる
◎ 分からないことがあると、周囲にすぐ尋ね、人に頼る
◎ 臨機応変な対応が出来ない
◎ 計画性が乏しく、その場の勢いだけで行動する
◎ 他人の立場でモノが考えられない
◎ 自分の意思が弱く、周りの意見にすぐ流される
◎ 積極的な行動が出来ない
◎ 同じ失敗を何度もくり返す
◎ 言動や行動が変わりやすい
◎ 自分に対していつも自信が無い


む…胸が痛い。。。

さらに『自己評価が低い人』とは。

◎ 「自分なんてダメだ」が口癖
◎ いつも常にマイナス思考
◎ 褒められることが苦手
◎ 細かいことが何でも気になる神経質
◎ 自己主張をすることが出来ない
◎ 他人に必要以上に優しくする
◎ 自分にも他人にも手厳しい
◎ 家族や親しい友人・恋人等々、人や物に依存しやすい
◎ 自慢話をしょっちゅうする


き…危険な香りがする。。。

眼精疲労が恐ろしいから、今回この辺で〆。
『自己肯定感』というのもある。
『自己評価』と似てるけど差がよくワカラン💧
あたしの性格の問題点の多くは
『承認欲求』に寄る気がする。
ってコレ自体もなんじゃいな。
追ってこの辺りは、自分のことだから知りたい、から調べてくつもり。
これが今のあたしのしたい、去ったあとの後始末だ。

カウンセリングを受けたりしてみたい気もする。
あたしの質問をいっぺんにズバッと答えて貰えるンならば。
の前に、質問について深堀して考察せねば。
ってコレがそもそも苦手なんだよなあ。
ってやっぱ何でもグルグル…
ああーもうトホホ(´Д`)

※ネットで記事書くのも、書きまくる人は
 だいぶ『承認欲求』が強い感じ?なのかな?かなかな?
 外国の人でよくファミリー写真や恋人、両親写真などを
 机にドドンと飾ってるけど、アレも何かの性質暗示ではないだろうか。
 アイラブユー&キスをしょっちゅうヤってるけど、離婚率もメチャ高い国とかもさ。
 人って謎だらけ!

ってかこんな記事、誰か読んで頂けてるンだろうか(笑)


DSC07637w.jpg


ランキング・ご声援クリックお願いします




スポンサーサイト



lou.c
Author: lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

コメント(4)

There are no comments yet.

さとちゃん

No title

読みました、笑

2020/10/28 (Wed) 10:37
lou.c

lou.c

Re: 恐れ入ります☆

さとちゃん様、

こんにちは。
ってぬぉおおお!
読んで頂いていましたか!☆
いやあ何とも温かいお言葉。
さとちゃん様より「承認欲求」満たして頂きました!☆(笑)

まだまだグズグズだらだら書きますよー(笑)
有る意味自分探しの旅の始まりです。
またお気が向かれましたら、冷やかしに覗いてやって下さい~
有難うございました☆

2020/10/28 (Wed) 15:19

ワコ

No title

私も以前から読んでます(^-^)
読み逃げしていてゴメンナサイ

2020/10/28 (Wed) 17:01
lou.c

lou.c

Re: 恐縮です☆

ワコ様、

こんばんは、初めまして☆
お立ち寄り下さり有難うございます!
ってぬぉおおお!
お読み頂いていましたか!
くーーーーっ(感涙)
ワコ様からも『承認欲求』満たされました!
もうこれで1年間は充足してへっぽこブログ記事、
書き散らかせると思います!
ああひとさまの優しさって、素晴らしい有難いものでございます!(感動)

どうやってワコ様のお目に留まったことが有るのか
不思議ですが、またお気が向かれましたら、今後もお立ち寄りください。
もちろん読み逃げでどうぞ♪

楽しいコメントを有難うございました☆

2020/10/28 (Wed) 19:46