FC2ブログ
よしなし雑記

1000万円でどれだけ生きるか

0
母の古くからのお友達高齢女性。今年で80歳になる。
あたしも子供の頃から知ってるおばちゃまが、最近お辛そう。

ご主人が先日亡くなられた。とあるガンが見つかり入院。その後かなりあっという間に旅立たれた。
それからのこと。
独り暮らしになったおばゃまを慰めに、母はしばしば訪問してる。
「ちょっと精神不安定な感じ。顔の相まで違ってるの。見守っておかきゃ危ない気がする」と。

そりゃそうだよね。おじちゃま亡くなったのスゴク急だったもんねえ。
あたしはそう思っていたら、母が「半分はね」と言ったから、は?って。

「半分はね。
何十年も連れ添った亭主が急に亡くなったんだもん、そりゃあ悲しいよ。
悲しくて独りも寂しいだろうし、不安定にもなると思うわ。
けどね、それだけじゃないの。
残り半分は、お金よ

先に言っとくと、ここでいうお金は<遺産相続>でのお金問題ではない。
手元に今有る家庭内預貯金残額のこと。

母とおばちゃまは本当に親しくて、ぜーんぶあけっぴろげに何でも話し合ってるという。
だから、家庭の全財産のこともおばちゃまから相談を受けたらしい。

大きなおうちに住んでいて、いつも整った身なりをしていたおばちゃま。
普段からちょっとした着物を着たりもして。
あたしも母について遊びに訪問したら、必ず洒落たお菓子を贈ってくれた。
お友達とよく素敵ランチを食べに出かけていたから、美味しいお店のこともよく知ってた。
亡くなったおじちゃまも、多趣味の人で晩年は無線に夢中だったり。

華やかそうな暮らしぶりだったから、さぞかし優雅な老後と思いきやさにあらず。
おばちゃまの悲しみの半分は、全財産が1000万だけということなのだった。
母・談。
「全財産合わせて、お金が残り1000万なんだって。
毎月の年金が10万円で、足りない分はその1000万からが切り崩していくしかない。
息子が2人いるけど、長男の小料理屋は長年経営不振で資金繰りに四苦八苦。
次男は大騒動で離婚して20歳近く年下の若い女の子と再婚して。
前妻との間2人の子供の養育費と、新しい奥さんと子供が出来て、これまたお金が大変。
それに、息子二人とも気苦労からか、ずっと心療内科に通院中で、次男は今休職中。
もひとつ言うと、2人のお嫁さんとも相性が悪いらしくて。実はほとんど会ってないんだって」

えーお孫ちゃんそれぞれいたよね?とあたしが聞くと、いるにはいるけど
お嫁さん達と仲が悪いから、姑宅へ子供を出向かせないんだという。
「孫にどうしても会いたいときは、息子に頼んでこっそり孫に会わせて貰ってたんだって」

「お金のことが心配で心配で。
食欲もわかないし考え出すと恐ろしくて寝られない。
息子達にも、少し応援して欲しいなんてとても言えないし…」 と、おばちゃまは号泣するという。
そして、母にすがるようにこう言うのだと。

「全財産は残り1000万。
あたしは今年で80歳。
あたしはこの先、いったいいくつまで生きるのかしら。
1000万であたしはいくつまで生きられるのかしら…」
 と。

両親も全財産は総額合わせてもちっともないと思う。これ残念だけど現実だと思う(泣笑)
あたしだっても、持ってない。全然ない。
姉の家も住宅ローンの返済と、子ども2人の学費で手一杯っぽい。
みんな、カツカツで暮らしてる。
ネットニュースで有名な人が1000億円預金通帳に記載したとかって見たけど(笑)
そういう人々の老後と、あたし周辺の老後は当然だけども、何もかもが違う。

1000万円で人生の生きる日々を割り算する人々と、
1000億円で人生の生き方を表現する人々と。
どっちも同じなのは<ヒトの人生>ってだけ。ソコだけ。

お金って何なんだろう。
分かるのは、暮らしを狂わすってこと。これだけは分かる。

母の友達の高齢女性だけじゃなく、あたしの年上友達でもいる。体調不良になったひと。
これが割といる。
しかも何も貧乏がゆえにだけじゃなく、お金持ちだよね?!の人もいる。

例えば。常に「お金が無い」が口癖の(笑)とある友達は、相当深刻な精神不安定から
体の随所に変調をきたした。大金の収入が今後ドカドカと発生するわきゃないから、
気持ちをどれだけリラックスするかの方向で、改善を目指してる。
これは日々のお金にも四苦八苦のほうで、あたしたち側(泣笑)

お金持ちだよね?!は、あたしの、実家大金持ち友達、の妹さん。
親族一同有名な医者や弁護士だらけの中、妹さんもすごいお金持ちの医者と結婚。
東京のお金持ちエリアに素敵ライフを送ってるのに、心労で倒れて入院した。
ずっと私学に通わせている子供達3人がそれぞれにまたお受験年代で、
物凄く出費がかさんでいたらしい。

お見舞いに行った地方暮らしの姉(つまりあたしの友達)に、病室でしみじみ、
「心労の原因は分かってる。お金よ。お金がどんどん無くなってってるからよ」と言ったという。

えーマジでーっとあたしは純粋に思った。だってーお金なら実家両親にでも相談そりゃいいじゃないのー
ご高齢でリタイアされてはいるけど、すごい裕福なんだからあ。
と、思うも、まあね。
お金持ち仲良し家族でも、他人には分からない事情も有るかもしれないよね。
と。一応大人っぽいことを言ってみる。
けどもやはりーご実家大金持ちじゃーんと(苦笑)ワカランー!

とにかく、母の友達のおばちゃま。亭主が亡くなり壮絶に落ち込んでいるのは本当だけど、
ただその中身が、愛する長年の連れ合いを失ったがための悲しみ、だけではなくて、
残る財産と自分の残る人生を思うと恐ろしくたまらず恐怖に慄き嘆いている、という。
おばちゃまのお宅は大きなおうちだけど、古いからあちこち修理費もかさむ。
ちょこちょこ出費するたび猛烈に凹むらしい。「またお金が減った…!」って。

1000万円で老後生きることに、精神不安定になるほど悩む80歳。
他人事とは思えない。
あたしの未来はどうだろう。。。


DSC05702p.jpg


ランキング・ご声援クリックお願いします




スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply