FC2ブログ
片側顔面痙攣のこと

近日MRI撮影へ

0
早いもので、
この春に、
「すわ!
再発か!」と、
心臓バクバクで、
駆け込んだ脳神経外科へ。
近日再度、受診し、
MRI撮影をする。

再手術後、
問題の血管と、神経は
じゅうぶん離して固定できたと、
当時担当医のお話だったが、
翌年撮影では、
その幅が狭まっている。
もしくは、最悪、
触れている、との見解が出ている。

でも。
最悪触れ合ってしまっていても、
片側顔面痙攣症状は出ていない。
「それが重要なのです」と、
担当医師異動により、
新たに担当して下さった、
若い医師が、
画像を診ながら、
そう言ってくれた。


「神経と血管が
触れているかどうかは、
あまり重要ではないです。
症状が出ているかどうかが
問題なのです。
触れ合っていても、
痙攣が出ていなければ、
片側顔面痙攣とは、
診断しませんから」


そりゃそうだわ。
そりゃそうですね、と
あたしも、診察室で、思った。

幸いなことに、
今何も痙攣は無い。
画像を診て、
またため息を吐くかもしれないけど、
でも、もうしょうがない。
痙攣も無いのに、
触れているんだから、
再度の再度の
開頭手術をする、なんて、
有るわけないから。

こんな時点で悩んでもしかたない。
しかたないというか、
無用。

医師に面会したとき、
聞きたいことを
また、まとめておこうと思う。
メモメモ。

診察予約は出来ているけど、
たぶん、
すごく長時間、
待つはず。
もう慣れたもんで、
時間つぶしにと、
持って行く文庫本も選書済み。

片側顔面痙攣について、
思う事は、
いつだって、
胸が苦しくなるから、
苦手だ。
これはきっと永遠だと思う。
克服は出来ないと思う。

でも、
今ある穏やかさを、
幸福とだけとらえて。
怯えながらも、
泣きべそもちょいちょいかきながらも、
斜め前を行く、ことにする。
(しかない:泣笑)


DSC07264s.jpg


ランキング・ご声援クリックお願いします




スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply