FC2ブログ
片側顔面痙攣のこと

片側顔面痙攣・反対側のこと

6
片側顔面痙攣で2度手術をしたのは、
顔面右側。

再手術後、1度、
まぶたの痙攣が出て、
すわ再発か!と、
大慌てで病院へ駆け込んだのが、
今年の2月。

幸い、痙攣は1,2日の間、
しばしば起きたのみで、沈静。
医師からも、
原因は分からない。
たんなる眼精疲労か、
季節の変わり目での、
体調不良などかも、と診断を受けた。
「僕もよく、なりますよ」とも、医師・談。

片側顔面痙攣であるかどうかの、
重要な判断基準は、

<痙攣がずっと継続して出ていること>

何か月間も痙攣が続くようなら、
片側顔面痙攣も含め、
何か病状を疑う方がよい。

・・・はい。
I really understand it.
(大変よく分かりました)
But!!!
そうでも無いような
痙攣っぽいモノへの、
不安は消えないですぅー!!!


ここ1,2日、
左目まぶた上が、気になってる。
そう、つまり、
片側顔面痙攣手術をした反対側。。。
これでもしも、
左側も、だったら、
片側顔面痙攣の両側!
になる!


パソコン画面を見ていて、だったか。
読書をしていて、だったか、
はたまたテレビを観ていてだったか。
まあとにかく、
左目まぶたの上に、
うっすらーとした違和感を感じた。
微弱も微弱、
ごくごく微弱な、ピクピク。

「んんん?!
け・け・痙攣?!」


慌てて手鏡を見ると、揺れていない。
てか、
正確に言うと、
間に合わないことがほとんど。

ふんぬぅ…と思い、
痙攣らしき感覚が、
キター!と思ったら即!確認!と、
手鏡を、
気持ち、手近に置いて、しばし過ごした。

で、ある瞬間、確認出来た。
けど、
痙攣が分からなかった。
目視では、分からんー
表面上までの痙攣は発生していない。
でも、
大欠伸をしたときなんかに、
まぶたの奥底が、
ひくひくっとする。
何度も言うけど、
急いで手鏡で見ても、分からない。
まぶたの表面上に痙攣はなく、
頬や口元などの、
顔面までの引き攣れ感も無い。
でもでもでも、
しばしば、
左目まぶたの奥底が、
ひくひくっと。

そう、感じている。

って。
実のところ、
痙攣とまでは、
ほとんど感じてはいないんだけど。
なんというか。
うーん。
うまく言えないんだけど。
でも、
微弱であっても、
どれほど微弱であったとしても、
片側顔面痙攣を体験したものにすれば、
まぶたの痙攣(らしきものであっても)
への恐怖心は、深い。
あたしだけかな?!
臆病大魔神だから(失笑)

ピクッとでもすれば、
たちまち、
ドッキーン!

また片側顔面痙攣?!
となる。
もうヤ(泣)

2月に病院へ駆け込んだとき、
もちろんMRIを撮影している。
その際、
何気なくふと思いつき、
「左側はどうですか」と医師に尋ねている。
医師からは、
画像を診ながら、
「左側には
特に問題個所は無いと思います。
血管と神経も離れていると思います」

と、言われている。
画像を指さしながら、
「ココとここが離れていて、
隙間が見えるでしょう?」
と。

なるほど、
あたしもそれはそう見えた。

左側には隙間が有った。

※蛇足で言うと、
 当初の、
 最大の関心事であるのは、
 もちろん手術をしている右側。
 こちらを診察して貰いに伺ってた訳で。
 こっち、
 右側は触れているか触れていないか、
 いや触れてるかもの方が、
 若干正確かもしれない。
 そんな見立てだった(←これには当時、超・落胆…)

左側は、大丈夫。
ぜんぜん問題なし!♪

そう心置きなく安心していた。
していた。
していたけれども、
こんな風に、
微細な違和感でも感じると、
もうだめ。
心臓ハラハラ、ましまし!(ドキドキ)

パソコンを見るのを、控える。
長時間使用しないように。
睡眠もちゃんととる。
暴飲暴食を改める。
テレビも読書も、ほどほどに。

8月いっぱいで
退社してからこちら、
生活習慣の乱れが、酷い。
残暑も厳しかったから、
妙な疲労も有ったかもしれない。

勤めを辞めたから、
精神的ストレスは、完璧フリー✰
気持ちの方は安心なはず。
だから、
生活を見直し、
目と体に優しく暮らすことにする。
気候も落ち着いて来たし。
外的不安定さも減るだろうから。

ところで。
ネット検索をしても、
仕方が下手なのか、
片側顔面痙攣の両側について、
煩悶されている方、
もっと言えば、
両側手術された方、などの
記録になかなか出会えない。

入院当時、
医師にもちろん聞いていた。
「両方片側顔面痙攣になられる患者さんは、
ほとんどおられません」と。
でもでもでもだ。
ゼロではないのだ。
「学会発表でも見たことないし、
世界的履歴でも、ゼロです」
という完全なる、ゼロでは、無い。
数パーセントだけども、有る。
術後の再発よりは、
もちろん少ないパーセテージだけど、有る。
これが、現実。

何の病気でも、
自分はならないとは、言えない。
絶対大丈夫という、
絶対なんか、
何に付けても、無いっちゃ、無い。
絶対にね、無い。
これだけは
絶対に正解だと言える。
ああ、なんてアンビバレンツ…(泣笑)

家族が有るとき、
「見て見て!」と、
自分のまぶたを指さしながら言ってきた。
「見て。
ピクピクしてる!ほら」と。

確かに、確かに!
まぶたの上が、
高速ピクピクしていた。
そして、家族はこう言ったん。
「これ、
ふつうのひとだと、
ああ疲れ目ーって思うだけで、
何にもまっったく気にもしないけど、
○○(←あたしのこと)なら、
気が気でないンだろうねえ」


片側顔面痙攣を体験してから、こちら。
目の周りの病気については、
ちょっとそこらの人より詳しくなっている。

まぶた周辺の痙攣でも、
いろんな病気が有ることを、
あたしは知った。
脳腫瘍によることだって、
有るという事も知った。
ただの眼精疲労と思うだけの
捉え方は、
あたしにはもう出来ない。
病気を体験したことで、
ますます臆病者に加速がついてしまった(泣)
ただ。
この超・臆病者にも、
利点があるとするなら、
あたしの場合、
一周回って、
反撃に出る。
窮鼠猫を嚙むの、リアル人間版(苦笑)
泣きべそかきながら、
だけども、
病気なのだったら、
受けて立つ!
いや、ほんと、
ダクダク号泣しながらだけどもね。

体験することや、
知ることで、
この世界はときに広がる。
知恵者にはね、
素晴らしいことだと思う。
バカものなあたしには、
臆病が増すだけ。
ただ、引かない。
泣きながらだけど、
引かない。
臆病なバカだから、
引くことを知らないんだろうけど(失笑)


表面化しないでいる、
この、
地味で地味で地味ィな、
まぶたの奥底に
潜んでいるよな、微弱痙攣。
これの正体は何なんだろう。

大きな変動が生じるかも、と
想像するのが恐ろしいから、
大欠伸だとか、
変顔だとかせず、
そっとしている。
とにかく、
臆病ものだからね(失笑)


追記:

片側顔面痙攣で心辛い方々って、
実はおられると思うのだけど、
新しいブログや、報道など、
更新が無い。
やはり潜んだ病気なのだなあ。。。


DSC03840w.jpg


ランキング・ご声援クリックお願いします




スポンサーサイト



Comments 6

There are no comments yet.

YT  

辛い状況です。

読ませていただいております。
大病院で神経内科で2018年8月左眼の痙攣がありにボトックスを射ち安定してました。また今年6月に左眼廻りの萎縮(痙攣ではなく)があり、再度ボトックスを射ちました。また別の脳神経外科で脳MRIを撮り、神経と太い血管が癒着で神経が左右対称ではなく曲がっているそうで手術は困難だと言われました。10年前から全般性不安障害で投薬中で今回の件でかなり凹んでおります。他のお医者さんのセカンドオピニオンでボトックスが効かなくなり痙攣が酷くなったら手術を
考えればと言われております。これは片面顔面痙攣ですよね?手術じゃないと根治しないでいよね?

2019/09/30 (Mon) 15:57 | EDIT | REPLY |   
lou.c

lou.c  

Re: お気持ちお察しいたします

YT様、

初めまして。
お立ち寄り下さり有難うございます。

瞼の痙攣は、
本当に煩わしく気も塞ぎますよね…
でも、
YT様は脳神経外科の医師に
受診されておられるので、
心に頼りがお出来になると思います。
片側顔面痙攣では、
脳神経外科での受診が大事です!
そして、とにかく医師を信じて、
何でもご相談なさることが絶対良いです!

目の周辺の痙攣症状や違和感、
あるいは時として痛み等、
様々な症例が有ります。

私は片側顔面痙攣体験患者ですが、
片側顔面痙攣か、
そうではない病状なのかは、
申し訳ありませんが、
私は素人なので判断出来ません。
専門医でしか
判別出来ないと思います。

なので、
再三ではございますが、
YT様におかれましては、
是非とも脳神経外科医に、
ご不明な点等、
ご相談・ご確認されることを強くお勧め致します。

痙攣については
ご心配やご不安等、
本当にお辛いことと思いますが、
軽々なことは申し上げられません…
お役に立てずすみません。

どうぞお大事になさって下さいね。

2019/09/30 (Mon) 20:50 | EDIT | REPLY |   

YT  

ありがとうこまざいます

現在は神経内科でボトックスだけです。
ただ脳神経外科での撮った詳しい画像データは提出しております。ボトックスが効かなくなったら、大病院なので脳神経外科での治療になると思います。
因みに闘病中は睡眠中も痙攣していましたか?睡眠不足が何よりも辛いのでら?

2019/10/01 (Tue) 04:48 | EDIT | REPLY |   
lou.c

lou.c  

Re: お大事になさってください

YT様

大病院にかかっておられるとの事。
様々な科がおありなら、
院内での情報共有も可能でしょうから、
いろいろ安心ですね!

ご質問の件ですが、
片側顔面痙攣の痙攣症状を
発症しているときは、
はい、
寝ているときでも痙攣しっぱなしでした。

眠たくて、
眠りにつくその瞬間までも、
強い痙攣で、
ぎゅーぎゅー顔が引っ張られ、
歪んでいました。

横になって安静にしていると、
痙攣が沈静化する、
なんてことが全く無く、
気の休まることが有りませんでした。
それでも、
私は落ち込みながらも
ぐっすり寝ていましたが(←いくらでも寝られるんです、私)

痙攣することは
コントロール出来ないので、
お気持ちだけでも、
どうぞ穏やかにお過ごし下さい。

2019/10/01 (Tue) 13:48 | EDIT | REPLY |   

YT  

因みに減圧術のお医者様は最初の手術の時はどんな病院だったのですか?私の通院している病院は脳外科いは6名在籍しており、減圧弁に関して尋ねましたが、当院脳外科では特に専門としている人はいなく特に専門性の高い手術ではないとの回答をいただきました。大病院の脳外科ではそんなものなんでしょうか?

2019/10/01 (Tue) 15:38 | EDIT | REPLY |   
lou.c

lou.c  

Re: お大事になさってください再度

YT様

私は数年の間かけて、
再手術もしていますので、
2度とも手術法が異なります。

病院によって、手術方法の違いはあるようです。

再三ではございますが、
私は片側顔面痙攣の患者であり
脳神経外科医ではないので、
手術の専門性について等、
お答え出来かねます。
すみません。

ただ、私個人の意見として
申し上げられます事は、
何の病状・症状についても、
専門医へ受診することが
絶対大事と考えております。
何より手術となれば、
その症状の専門知識の高い専門医に、
受診することが重要だと思います。

YT様のかかっておられる病院は、
大きな病院のようなので、
担当医変更される等もして、
ご納得いかれるまで、とことん
詳細お聞きになられますこと、お勧め致します。

或いは、
専門性の高い脳神経外科の在籍されている
病院は国内にも有ると思いますので、
思い切って他府県にも
意見を求めに受診なさってはいかがでしょう。
手術は本当に重大なことですから。

私のこのような稚拙な
個人ブログのコメント欄で、
しかも医師でもない素人で、
お答え出来ることは限られております。

YT様の気休めにでもなればよいのですが、
とにかく手術や治療等に関しては、
お答え出来かねます。
どうぞご了承下さい。

2019/10/01 (Tue) 20:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply