FC2ブログ
よしなし雑記

ジャニーズ男子くん達に花束を

0
年上の友達のおうちに行き、
のんきで楽しい1日を過ごした。

外でイタリアンのランチを味わい、
友達のおうちへ戻って、
お持たせの月見団子や、
おはぎなんかを食べながら、
何度も日本茶を頂いた。
どれだけでもバカ話は尽きない。

外は日暮れて、結構いい時間に。
話の尽きなさ感はもう、
果てが無いから、
そろそろ、と言うと、
「ちょっと待って」と、友。

「帰る前に
1曲でいいから、
私の推してるジャニーズの子達の、
DVD観てから帰ってー」


もちろん賛成、
観せて頂きましょうとも☆
で、友達は鑑賞前に、
ペンライトをスタンバイ。
「観るときこれ振るの」
初めて見た、ジャニーズ製ペンライト。
可愛いね~

楽曲に合わせて、
友達は盛大、ペンライトを振っていた。
その姿はとっても楽しそう。

「ジャニーズに私は救われてるのよ」

そう友達は言っている。

確かにね、そうだろうなあと思う。

友達のジャニーズらぶ歴はまだ浅く、
今でちょうど5年目。
でも。
ジャニーズについて、真面目に熱心に学び、
ジャニーズ全員のことを応援している。
先日ご逝去された、
ジャニー喜多川氏のことを敬愛していて、
「ジャニーさんの作り上げられた
この世界感が美しくて素晴らしいものなのよ!」と。
作り上げて下さってもう感謝しかない、と、
ご逝去に涙ぐんでいた。

友達は、バツイチ現在独身。
他府県に住む、
超高齢で要介護の実母を、
ときどき自分の住まいに引き寄せて、
同居したりしている。

要介護の母のこと。
亡くなった父の遺産相続問題。
自分自身の更年期障害。
勤め先での苦労。

いろんな出来事がどんどん
周囲から沸き起こって来て、
友達はへとへとになってしまい、
心の治療の通院も始めたりした。

そんなころに、
ジャニーズに出会った。

美しい青少年たちが、
精一杯、
踊り、歌い、走り、笑顔を振りまく。
コンサートでもライブでも舞台でも。
「もう感動しかない」

「毎日の現実の憂鬱や息苦しさを、
ジャニーズのみんなが
いてくれたおかげで、
癒されて来たし、
救われた」 
と。

ペンライトを振りながら、
ときおりあたしを見る友達の顔は、
本当に幸せそうだった。
あたしも、嬉しかった。
同時に、うらやましくも思った。
こんなにまで夢中になれるものって、
今のあたしには、
何一つない。
純粋にただ一途に、大好き。
そういう素敵を、
あたしは今、何も持っていない。
だから、ほんと。
いいなあ、って思った。

要介護のお母さんを家に迎えているとき、
「ボケ予防に」と、
ジャニーズの推しグループ数組で、
カードを作ったという。
顔写真のカードと、名前のカード。
それらを組み合わせて遊ぶ、
お手製ジャニーズ・カード。

「母も可愛いもの好きな人だから、
これが夢中になって、
カード合わせするから、
いいの作ったワァ私~」
と、自画自賛している。
お母さんは、
バンバン、
メンバーの名前と顔を覚えて行っているそう。
あたしより断然キレキレの頭脳!(笑)

ジャニーズファンって、
こういうのも、いる。
あたしはぜんぜん遠いとこにいるけど。

例えば、
あたしの姪のひとりにも、
大のジャニーズファンがいる。
推しグループの
コンサートに行くために、
せっせとアルバイトして、
費用を稼ぐ。
頑張ってあの会場へ行くのだ!という、
労働のふんばりが出来てる。
これも、
素晴らしいことだと思う。

あたしの認識では、
アイドルというものは、
いつかこっちから卒業してくもの。
そんなふうに考えてたけど、
一概に
そうとも言えないんだなぁって、
思うようになった。

ジャニーズ事務所所属の皆さんには、
この先ずっと、
いつだって、
いつも、
いつも、
輝いていてあげて欲しい。
ペンライトを振るこちら側のために。
生きる気力とか、
生きる活力とか、
生きる喜びとか、
そういうの、
ぜんぶを
支えてあげてくれるためにも✨

とね。
ジャニーズグループに、
きっぱり感心したある日、
なのだった。


DSC04365d.jpg


ランキング・ご声援クリックお願いします




スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply