FC2ブログ
片側顔面痙攣のこと

晴天の日の夕暮れに

0
勤め先の用意してくれている、
健康診断に行った。
1年振りの心電図やら、レントゲンやら。

採血のときに、看護師さんから
いつも聞かれる、
「アルコールで拭かれるのは大丈夫ですか?」
も、1年振り。
皮膚が赤くなります、と遠慮なく申し出てると、
アルコール分無しのモノにと、配慮して下さる。

その日、
採血の順番待ちをしているときのこと。

「こちらの方の次に、採血しますので、
この長椅子でお待ち下さい」 と看護師さんに言われ、
座って待っていた。
採血されていたのは、若い男性。
白いシャツにネクタイ姿、年の頃はそうだなあ。
20ちょっと?

何気なく見るでもなく、その若者男性を見ていたら、
突然、
バッターンッ!!!!!!

男性が椅子から真後ろへブッ倒れてしまったΣ(゚Д゚)
ダダダ大丈夫ですかーーーッ!!!(内心の叫び)

一瞬騒然となるも、本当に一瞬。
看護師さん達は、サササッと
それはもう迅速に動かれ、
男性を空いている、簡易ベッドへ。

大丈夫ー?
意識は有るー?
分かりますかー?
血圧とりますねー
少し安静にしてねー

などと、テキパキぱきぱき。
真横に居たあたしや、
近くで順番待ちをしていた、
とにかく、
看護師さんでないモノたちだけ、動揺(苦笑)
次に心電図測定の方なんか、
数値に影響出たンじゃないだろうか(汗笑)

とにかく、看護師さん達は、
動じることなく、職務遂行。
「はい、次の〇〇さ~ん(←あたしのこと)
こちらへ~
採血しま~す」 で、何もなかったことのようだった(笑)

やたら怖い看護師さんもいるし、
滅法口調の厳しい看護師さんもいる(苦笑)
でも、
総じて、
看護師さんという皆さん、
お人柄が良い、とあたしは思う。

見ず知らずの受診者達に、
穏やかな言葉をかけ、
落ち着いて対応をしてくれ、
親切に処置を施してくれる。
ときに、声援だって送ってくれる。
看護師さん自身、
イライラした気持ちのときも、
落ち込んだ気分のときだってあるだろうに。
でも、
総じて、優しい、とあたしは思ってる。

すっかり、取り忘れていた、
採血後の保護テープ。

夕暮れの道を、歩きながら、
腕から剥がした。
ぽっちり、
針が刺されて、赤くなった1点が有った。

これを見るのも何となく、懐かしい。
そう。
懐かしいと思う。

あたしは今も、
ときどき、
入院の事を思い出す。
特に、こんな、
早やがけの夕暮れのときに。

入院中、
病院での晩ごはんは、早かった。
2度目の入院時のことをいうと、
夕方5時半を過ぎれば、配膳が有った。

2週間という長い入院期間中だったから、
看護師さんたちにも、ずいぶん馴染んだ。
「今夜のごはんはどこで食べます?
ホール?
それともお部屋?
お部屋だったら、持って来ますよ~」
なんて、毎日言って頂いて。
(もっというとご親切に朝昼晩、毎回!)

投薬が有る時には、
お薬を持って来て下さり、
ちゃんと飲めたかまで、確認して下さる。

食後しばらくのあと、
血圧測定と、傷口や体調の様子を診に、
病室まで来て下さる。

もっと、深夜だってそうだ。
懐中電灯片手に、
そっと部屋を見て回って。
ときどき、
あたしが目を開けたとき、
「あら?
眠れないの?
大丈夫ですか?」なんて。
小さな声で、心配まで。
真夜中なのに。

医師等はもちろん、大変なお仕事。
手術に入れば、何時間だって
かかることも有る。
物凄い集中力と、凄まじい体力!
その終えた直後だっても、
緊急手術とかも有るし。
いったいいつ休息されるの!?と、
入院中、ずっと感服していた。

でも、
看護師さん達は、もっとそれ以上かもって思ってた。
ナースコール対応で、四六時中走り回ってた。
医師に聞いて欲しい案件等、
小さな相談事も、いつも聞いてくれた。
そして、きちんと医師へ伝えてくれていた。
巨大病棟だったから、
患者側にすれば当事者だけの問題で、
必死になるけど、
看護師さん達からすれば、大勢のひとりなはず。
だけども、
多くの看護師さん達は、細やかだった。

入院。
それに、手術なんて、
出来るものなら、
この先の生涯、もう、やりたくない。
けど。
けどもだ。
看護師さん達から受けた、
暖かさを思い出すと、
すべてを拒絶する思いから、
ちょっとだけ、猶予が出来る。
それくらい、
あたしは看護師さん達に、感謝してる。

今日という日の、この時間。
看護師さん達は、
あの場所で、
あの病棟のあのフロアで、
夕食のお手伝いを、
入院患者の皆さんへ、しておられるのだなあと思う。

なんていうか。
懐かしい。

その節は、本当にお世話になりました、と思う。
夕暮れの空を見上げながら、
こんなことを、
ときどき、あたしは思ってる。
特にその日には、
腕に赤いぽっちり付きだったからね。
よけい。


世界中の看護師さんたち。
明日もずっと、
どうかお元気で、と願ってやまない。


DSC02280ss.jpg

※倒れた男性。
 その後、すぐ落ち着かれていました。
 余程注射が苦手だったようで。
 おまけにどんどん抜かれる血を見て、貧血。
 「割とおられますよ、採血ダメな方♪」と、看護師さん談。
 さいですカ。。。(^-^;


ランキング・ご声援クリックお願いします





スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply