FC2ブログ
片側顔面痙攣のこと

希望の未来

2
家族が、顔面に出来た”ホクロ”を
除去した。

「あれ?ねえ。
そんなとこにそんな大きなホクロ、
前からあったっけ?」


これがおかしなモンで、
毎日顔を見合わせているからこそ、
気付かなかった。
家族の顔なんて、気にも留めてないから(笑)
当の本人も、最近気付いたという。
どんだけアバウト(苦笑)

引き出しを整理した時、
偶然出て来た当事者の若かりし頃の写真。
それを見て、判明。
「若い頃にはそのホクロ、無かったよね!」

確か思い出すと、
薄いシミは有った気がする。
けど、こんな風にプックリしてなかった。
それに、
何だか気付いたときより、
大きくなって行ってる気がする。
そう当事者が言い、
気になるなら行けーと、皮膚科へ受診を促した。

結果。
紹介状を出され、
近所の小規模総合病院から、大規模病院へ。

で。
なんと、
予約診察当日に、
レーザー治療で、ホクロ、除去で治療完了。
はやっ!\(◎o◎)/!

あたしは、大病院の流れとして、
1度目担当医師による診察。
その際処置方法等説明を受け、
処置日を決定。
後日、処置。
以後、経過確認の受診、とね。
少なくとも初回含め、3度は病院通いだと思ってた。

らば、なんとの、
紹介状手にしてったその日に、処置。
レーザーでジジジジジーッて。
診察室の椅子に座ったままで、処置されたという。
すごいなあ!(@_@;)

一応、検体検査しておきましょう、と
除去されたホクロ(イボ)を回され、
次週結果発表&予後診察、とのことだった。

家族は、顔に小さな極小の絆創膏をペタリ。
貼られて帰宅していた。

簡単ー!
ホクロ除去って、
こんなにもイージーなんだなあ!
ほんと驚いた。

絆創膏をめくると、有る傷も、
血だまりが小さく塊であったけど、
ただもうほぼ、それだけ。
傷だから、
まあもちろん皮膚がえぐれてはいたけど、
どってことない。
塗り薬も無ければ、
痛み止めや化膿止めなんかの投薬も無し。
「お風呂は今晩は控えて下さいって感じ?」と聞いても、
「いいや何も。
お風呂禁止も、洗顔も。
別に何とも言われてない」

医学の進歩って、偉いもんだなあ!
なんてのを、
改めて、思った。
何年か有った(であろう)ホクロを、
ただのジジジーッで処理できちゃうんだもんなあ。
家族のその後も、なーんとも無し。
血だまりは無くなり、
傷口は日々癒えて行き、
数日後にはもう、小さな黒点みたいになってってる。
じきその黒点だって、消滅するんだろう。

あたしの片側顔面痙攣の痙攣は、
今のところおかげさまで、沈静化している。
痙攣は発症していない。


少しでも一瞬でも何かピクッとなんぞ有ると、
どうあれあたしは、
やっぱり小心者だから
「ビクーッ!(>_<)」となるけど。
でも、
医師に言われている
「継続して痙攣が有るかどうか。
これが片側顔面痙攣かどうかの決め手です」

これには、当てはまらない。
だから、眼精疲労なんだろう。
心臓に悪いから、
パソコンの使用時間は、
長時間にならないように、
ちょっと気を遣ったりしてる。

あたしがもしも。
もしも。
もしも最悪何かまた、
片側顔面痙攣で起きたとしたら。
何十年も先であって欲しい。
そして、そのとき、
ああ医学の進歩って、ここまで来てるんだなあ☆!
と、思いたい。
かつてあたしが、
2度も開頭手術をした当時と違い、
今では最先端医療と
最先端技術で、
こんなにも検査でここまで明確に分かって、
手術も簡単になって、時短になって。
術後の経過も昔とは段違いに、楽!☆
とかってね。
なっていて欲しい。

医学の進歩は、
ときに倫理観で問題も起きてるけど、
でも、
苦しんだ日々を送って来た患者たちには、
どうあれ朗報であって欲しい。
苦しんだ人にしか、分からない苦しみを、
医師や研究者が、
いつだってきっと、救って欲しい。

希望の未来を持つことは、
とっても重要なこと。


DSC00462z.jpg


ランキング・ご声援クリックお願いします




スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

RINGO  

お久しぶりです

2017年11月にコメントさせていただいたRINGOです。
若かりし22才の頃片側顔面痙攣の手術をし、30年の時を経て再発しましたと。
あの時はお励ましいただき、ありがとう御座いました。
とても嬉しく、勇気付けていただきました。
セカンドオピニオンというかたちで他の病院へ行きましたが、結論から申しますと手術は出来ないということでした。
出来ないというか、危険が大きすぎて勧めないと。
30年も前の手術だったので血管と神経の間に詰物をしているようで、それががっちり固まっているので無理だということでした。危険過ぎると。
病院に行くまで、私もいろいろ調べてそうなるんではないかと思ってたところがあるのでやっぱりなという感じでした。
2017年の10月に突然の再発。その月にボトックス注射をしましたが、2回目の注射はまだしていません。
患側は痙攣せず見た目普通です。が、自分ではとても違和感を感じています。
多分これが原因だと思われる患側反対側の顎関節症。マウスピースをしていると随分楽なので自宅では着けています。
たまに眉の上がピクついたり顎のあたりがピクついたりすることがあり、いつ本格的痙攣が戻るのかドキドキしながら生活しています。
こちらのブログはずっと拝読させていただいておりました。
これからも読ませていただきたいと思っています。
30年前に手術してから顔面痙攣で悩んだこと、大変だったことは忘れたことはありませんでした。時々傷跡にふれて思い出していましたし、やはり痛むことがありましたので。
どうか症状が出るのがまだ先でありますように。
患側内面の違和感があってもいいから痙攣出ないで、と願うばかりです。

顔面痙攣が簡単に治る時が早く来てほしいなぁ。
昔の手術した私でも簡単に治るといいな。

2019/04/21 (Sun) 15:31 | EDIT | REPLY |   
lou.c

lou.c  

Re: ご無沙汰しております

RINGO様、

ご無沙汰しております。
その後お加減いかがかしらと、気にしておりました。
複雑なお気持ち、お察し申し上げます。

また改めてメールの方へご連絡申し上げます。
でも、まだ痙攣発症ではないのですよね?
違和感なだけなのですよね?
ここは落ち着いて参りましょう!です!
どうかお気持ちをしっかりお持ちになって!

2019/04/21 (Sun) 20:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply