FC2ブログ
よしなし雑記

平成の最終日に

0
2019年3月31日。
今日で平成が終了。

昭和、平成、そして新元号と、
あたしも3つの元号を生きることになった。
凄いなあ。
なんか、しみじみ凄いなあと思う。
思えば遠くへ来たもんだ、だわぁ(苦笑)

年寄り臭いことを言うと、
昭和は良かった(←ぐへへ:笑)

じゃ。
昭和の何が良かった?
と。
思えば、
まあ曖昧な言い方かもしれないけど、
全体的に自由があった気がする。
世間というか、日本社会内に余裕があった、
という感じかなあ。
ダメダメダメダメ!が、
今ほどなかったような気がする。

例えば。
映画館で、映画の上映中でも、
タバコをプカプカふかしている人々が沢山いた。
館内で蛍の光みたいにして、
あちこちポーって。
それが、
上映座席では禁煙になり、
館内に喫煙エリアができ、と
締め出されていった。
喫茶店でもそう。
昭和の純喫茶店では、
競馬新聞読みながらとかね。
おじいさんが自分の馴染みの席なんかで、
タバコと珈琲を楽しんでいた。
けど、もう全席禁煙の店だらけ。
タバコを推奨する気は無いけど、
でも、
テレビで役柄の人がタバコを吸っている場面を
放送するだけでクレームが来るという。
なんかね。
ちょっとそのファナティック振りが、コワイ。
ある人がたったひとりでも、
これが<正義>だと一言苦情言えば、
社会はそれを、誰も避けてけなくなった。
「それもそうかもしれないですねえ」って、
善処しますとか、
対応しなきゃなんなくなった。

例えば、
芸能人は、
自分の不倫だかナンだかをしたら、
てか、バレたらかな。
とにかく、世間に詫びなくちゃならない。
至らぬ自分ですみませんでしたと、
平身低頭詫びる。
スポンサーやパトロン企業とかに対して、
引き受けたイメージ有るし、謝るのは分かるけど。
真実、心底のファンなら、
その芸能人のプライベートがどうあれ、
大好きだあー!☆で、ダメなの?ダメ?(笑)

不適切な言葉。
不適切な行動。
お詫びと忖度の、ぐるぐる巻き。

昨年秋に亡くなられた、
俳優・樹木希林さん。
生前どっかの広告のキャッチコピーで、
”死ぬときくらい好きにさせてよ”だったかな。
そんなコピーに起用されたとき、
こう言われたらしい。
「これは違うわね。
あたしは好きに生きて来たから」

ああそうだ。
タバコついでに思い出した。
俳優・淡路恵子さんも、こんなことを言われてた。
タバコの増税がガンガンあった時、
テレビのインタビューで、
華奢な指にタバコを挟み、こう。
「あたしは好きにタバコを吸うわよ。
だって税金、いっぱいちゃんと払ってんだもの」
今、こんなことを言える俳優って、いるかなあ。

そのくせ「おかげさまで」みたいな、
周囲に感謝の言葉や気配は、ぜんぜん消えた。
昭和はそういうのも、いっぱいあった気がしてる。

戦争が有ったり、
不幸なこともたくさんあった昭和だけど、
あたしの母方祖母が、
生きているとき、こんなことを言ってた。

平成になったころ、
「昔と今と、おばあちゃん。
どっちがいい?」
そう単純に聞いた、学生だったあたしに、
祖母は「昔だね」と。
なんで?
「昔は分相応ってのがあった。
金持ちは金持ちの。
貧乏は貧乏の。
それぞれの分相応にあった暮らしがあった。
今はいろいろ面倒臭いよ」

なんかね。
祖母の言った言葉の中でも、
忘れられない言葉だ。

これでも、
一部不適切な表現が、とお詫びコメント入れとく。
あたしも平成生きて来たからね(苦笑)

とっくにさよなら昭和。
そして、さよなら平成。
こんにちはの、新元号。
良い時代で有りますように。


DSC_8728pl.jpg


ランキング・ご声援クリックお願いします





スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply