FC2ブログ
よしなし雑記

幸せについて

0
この前、テレビを観るでもなく眺めてたとき。

たまたまだけど、
画面に映し出されていたのは、
今大人気の、若手お笑い芸人・みやぞんさん。

笑顔の可愛い男子くん。
人気番組にたくさん出演したりしてる、
とにかく売れっ子さん。
ということくらいしか、あたしは知らなかった。

けど。
もしかして、思想家?!なのかもしんないって、思った。
その番組の終盤で、みやぞんさんが言った言葉が
すごく印象に残った。

まったくこれが正確ではないけど、
「とにかく楽しくいたい」 と。

「今日より明日はもっと幸せだといいなって思っている。
5秒先でも未来は未来だから。
5秒ってあっという間に来るから、
今楽しかったら、5秒先の未来も楽しい」

だから、ずっと楽しいが続くのだ、というようなことを、語った。

ものすごく、深い(感心)

おうちがとても貧乏で、極貧生活を幼少期過ごしたとか、
勉強も出来ないし、体も弱かったりして、
辛いことが多かったという。
だから逆にそのマイナス要因が、なんでも
頑張っていこうと思う力になった、と。

ますますものすごく深い(感心・加算)

こういう前向きに真正面に生きて行く人って、
本当に素晴らしいと思う。
感じいるものが有って、涙出そう(←あたしは単純)
素晴らしいし、立派!とも思う。
ただ。
あたしはこうはなれない。
考えが卑屈だし、性格も暗い部分が粘っこいから(苦笑)
人からの些細な言葉なんかに、
意味を勝手に深堀して、いちいち立腹したり凹んだり。
小さな失敗に、しつこく嘆いたりしてる。

だけど。
その翌日の夕暮れ。
勤めを終え、自転車をこいで自宅へ戻っているとき、
ふと、このみやぞんさんの言葉を思いだした。
そんでもって、
ふと、あたしの幸せって何だろう?って考えた。

ちょうど、西の空に日暮れの美しさがあった。
今日の昼の終わりの、名残りになる太陽の黄色の中に、
今日の夜の訪れの、前触れになる夜空の紺色があった。
そのあいだを、どちらもの色彩をあびて流れて行く雲。
美しい夕暮れがあった。

それを見ながら、あたしは、
美しいなあと思った。
その美しい姿を、
あたしは、両方の目で見ている。
そこには痙攣のせいで歪んで見える空は無く、
引き攣りのせいでコマ切れになる空も無い。
何にも煩わされることなく、
一面の天空を見ていることが出来る。

幸せだと思った。
あたしは、そのとき、これだなあと思った。
あたしの幸せは、これだなと。

両目で見ることが出来ること。

痙攣もなし。
ピクピクもなし。
引き攣れもなし。
ただただ、両目で美しい空を見つめることが出来ること。

え、それが幸せ?!なんて、
生まれたときからずっと、両目で
何の障壁も無く世界を見続けている、
すこやかな人々からすれば、
なんてことない事柄だろうけれどね。

生きてく喜びのハードルが、
あたしは、片側顔面痙攣のせいで、
うんと低くなったかもしんない(苦笑)
でも、それって悪いことじゃあない気がした。
何の苛立ちも悲しみも無く、
両方の目で世界を見ることが出来るようになったから、
幸せ☆
低いようなハードルだけど、あたしには大きな幸福。

だと、思うんだから、と。
あたしの中に、その先、が出来た。

勤め先で感じた嫌悪や憎悪や、落ち込みや、
日常生活の中で出くわす、怒りや衝撃とかなんて、
世界を自由自在に見渡すことが、
また出来るようになった幸福があるんだもの、
どうでもいいかもしんないな☆って。

まあ、あたしの根性が根っからへっぽこなのと、
まだしつこく症状に怯える気持ちが居座ってるもんだから、
若干”かもしんない”的マインドなんだけども(苦笑)

両目で見ることが出来ている、
美しい夕暮れの空を見上げながら、
あたしは、ペダルを踏んだ。

”幸せ”だと思う気持ちは、
自分で感じ取ることが大事なんだなあ。うん。

みやぞんさんの言っていた、
彼自身の幸福論で、
あたしも自分の幸福について、思いを馳せた。



DSC06747sqa.jpg


ありがとう、みやぞんさん。
ずぅっとその笑顔と一緒に、お仕事頑張って下さい☆





スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply