FC2ブログ
よしなし雑記

人間関係の淵

5
数年前に知り合った、年の近い知人が、
しんみりしながら話して来た。

「人間不信になりそう…(涙)」

聞くと。
そりゃね、なりそうだねえと。

中身はこう。


常に、何かの習い事をしている知人。
何にでも興味があって、
習い事を体験した数は「星の数ほど」だという。
誰しもの、思い浮かぶものなら「ほとんど習った」

活花、お茶、着付け、は当然のこと。
ベリーダンスにフラダンス、インド舞踊。
ヨガに、ホットヨガも。
水泳教室。
刺繍に編み物。
各国のお料理教室に、パン教室にお菓子教室。
語学もたくさん。
英語、フランス語、ドイツ語。
結構見境なさそう(苦笑)

そして、
いずれもあまりの短期間で辞めるもんだから、
家族から「無駄!」と断罪されているらしい(苦笑)

そんな中、ずいぶん長期間習い続けている
習い事があった。
「健康にも良いし、何より清々しいのよ」と。
さんざんあたしも「一緒に習おうよ!」と、
そりゃもう誘われ続けていた。
(同じだけ断り続けてたあたし:苦笑)

お教室の大勢と仲良くなり、
中でも特に、数人とは自宅にも行き来をし、
休日を合わせて旅行だって、何度も一緒に出かけていた。
「素晴らしい皆さんなの。本当に出会えて嬉しい」

四十路もブンと越えて、
そこまでぐっと深く仲良しになれることって、
あんまりないと思う。
だから、ホントに楽しい出会いで良かったね!☆と
あたしも何度も言って来た。

それが一体全体どうしちゃったの?!

答え。
妙な”恋愛イザコザ”が原因。

とある男性をめぐって、
親しくなった人々内での、関係性が
ドロンドロンの泥沼化。
その男性は妻子もち。
女性側も、家庭のある主婦もいるし、独身者も。
とにかく、男性の家庭から、誰彼をも巻き込んでの、
大騒動になったから、だという。

それだけなら、別段落ち込むことはない。
自分自身はその渦中には無関係なのだから。
知人が落ち込んだ最大の理由は、
それらの関係性が露呈してしまったのは、
知人が何らかのきっかけだったと言われたことだった。
知人に言わせたら、完全なる濡れ衣らしいのだけど。
でも、あなたのせいでこんな事に!と、
方々から、吊るし上げられてしまったのだ、と。

そうだったのね、と。
そりゃ凹むね、と。
でも。
あたしは、正直なことを言った。

何年間も、一緒に過ごして来て、
とても深い友情関係を結んで来た人々だと言っていたのに、
そういう<人のせい>にする人たちだったということを、
「見抜けなかった自分の、
人を見る目の無さに、一番何より落胆するよね」
と。
そう、言った。
結構、かなり、きっぱりと。

キツかったか、と思ったけど、正直な感想だったし。
でも、意外なことに、知人もすごくスカッと
「そうなのよ!
そこがそう、一番悔しいし、ガッカリしてるところなのよ!(号泣)」と。

分かってたのね(苦笑)
そりゃね、もうじゅうぶんおとなだもんね。

って。

中学生同士の、友情の仲たがいとか、
恋愛感情のモツレだったりなら、
まだまだ人生成長過程だもん、
辛いけれど、そういう体験もアリだよ、と。
そう思うけど、
もはや、半世紀近く生きて来てても、
なおまだこうか、と。
人間不信になりそうになるまでの、体験があるのかあ、と。
学ばせて貰った。

<淵>って、いろいろあると思う。

覗きたいような。
近くまで寄って、感動するものもあるし、
覗き込んだら危ないようなものだって、ある。
それは景色だけでなく、
人間関係でもそうなんだろうと思う。
見極めることは、なかなか難しい。
<淵>のきわ。
<淵>の中身。
<淵>までの、距離。

たいそう落胆している知人だけど、
自身が言っていた。
「そう言われてしまった、
私にも問題があったんだろうなと思う」と。
ちょっと、身に覚えがあるのかもしれない。
正直、割とおしゃべりな人だから(苦笑)
思い当たることが、無いこともないのかもしれなかった。
あたしもおしゃべりだから、十分、危ない(苦笑)
気をつけよう、と、思う。

人生、いくつになっても、勉強だなあ。

追記。
落胆して、人間不信になりかけている、その知人。
「友達に誘われて、今、
座禅の教室に通い始めたの。
すっごいイイから、一緒に習わない?!」

タフ(笑)
素晴らしいことだと思う。
それも、ちょっと、勉強させて貰おう(笑)




025fd.jpg





スポンサーサイト



Comments 5

There are no comments yet.

あれ?  

四半世紀

25年。まだまだお若い!

2017/08/26 (Sat) 07:35 | EDIT | REPLY |   

lou.c  

Re: 四半世紀!きゃーっ!

あれ?様、

初めまして!
お立ち寄り下さり有難うございます。

そして頂戴しましたコメントを拝見し、
「ぎゃーっ!!!」


> 25年。まだまだお若い!


すみません。
半世紀と文字を打ち込んでいた気になっていました、
文字を出すとき<四半世紀>と入力して、
言葉を取り出していたようです!きゃーもーわー!
せっかくご丁寧でユーモア溢れるコメントを
お寄せ頂いたのに!面目もありませんー!

パソコン打ち込み動作、にかまけて、
言葉が怪しくなってきております。。。

こんなボッサーとした書き手ですが、
またお気が向かれましたら、お立ち寄り下さい!☆

2017/08/26 (Sat) 20:24 | EDIT | REPLY |   

lou.c  

Re:鍵コメント様へ、

鍵コメント様、

初めまして。
お立ち寄り下さり有難うございます。
そして、暖かいお言葉もお寄せ下さり、有難うございます☆(感涙)

片側顔面痙攣の症状の辛さは、本当に自分自身にしか
分からないものですよね。
本当に、辛いし、悲しい(涙)

でも。
意外と他者は、実は自分ほどには、
ひとの顔面について、それほど注目していない気がします。
勿論、繊細な人と大雑把な人等にもよるのですが。
多くの人は「眼精疲労?」などと思っているようです。

とはゆえ、本当に泣きたくなるほど辛いことには間違いなく…(涙)
友人にも会わず、自宅に引き込んでいたくなるようなお気持ちや、
消えてしまいたいと願う気持ちも、本当に分かります。
でも。
たった1度切りの人生です。
投薬でも、注射でも、そして手術でも、
どうにか改善出来る手立てがある、ということに、
お気持ちを向けられてはいかがでしょうか、と申し上げたいです。

脳神経外科の医師を受診するということだけでも、
塞いだ気持ちが、多少であっても、何か、変わると思います。
地元によいと思われる病院がないと、お考えなら、
思い切って近くの他府県まで出向かれることは、
ご無理でしょうか。
善き医師なら、きっと相談に乗って下さるはずです。

開頭手術に関しては、年齢は関係ないと思います。
少なくとも、
私の出会った医師は、年齢制限は仰いませんでした。
ただ、痙攣を発症をしてから、出来るだけ早期行動の方が、
治癒にもよい。
そう言われていました。
さらに言うなら、
持病が他にお有りな方も、
医師等が十分考慮して、診察して下さるようでした。

消えてしまいたいという思いは、本当に分かります。
けれど、幸いなことに、
この片側顔面痙攣は、命に別状のない症状です。
そして、治るかもしれない手立てのあるものです。
これは、実に、実にものすごく大きな<希望>だと思うのです。

私が今回再手術をした病院では、
4度、開頭手術をした、という患者さんが
おられたそうです。
恐ろしい!
でも、その「きっと今度こそ治るのだ!」という
希望を持って、立ち向かわれた方がおられるのだ、と思うと、
すごく大きな勇気を貰った気持ちになりました。

1度切りの人生です。
塞ぎ込んだ毎日を過ごされるのは、
正直、ずいぶん残念なことだと思うのです。
医師を受診してみる。
これをまず、お勧め申し上げたい。
治療のことなどは、それからお考えになられては。
小さな勇気の1歩が、
大きな幸福をもたらしてくれるかもしれません。
もし、結果的に、幸福でなかったとしても、
行動をしたこと事態への後悔はない。
私は、そう思います。

私の再手術の結果が、現在良好に推移していますが、
もし。
考えたくはありませんが、もしもまた、ということになれば、
私はきっと3度目の手術に挑みます。
それはもう、泣きながら。
過酷な運命の仕打ちに絶叫しながらでも、です。
それは、勇気、というより、
私の場合「くっそー!!!!!!」の反骨です(苦笑)

どうか、お気持ちをしっかりお持ちになって。
世界中でただひとり切りという、症状ではありません。
相談出来るものなのです。
症状に明るい脳神経外科医師だって、世間に存在しているのです。
どうか、塞ぎ込まれるばかりでありませんように!☆

2017/08/28 (Mon) 02:36 | EDIT | REPLY |   

lou.c  

Re: 鍵コメント様へ

鍵コメント様へ、

私で何かお役に立てば、と思いましてお返事申し上げております。
本当に何か少しでも鍵コメント様のお気持ちが
お楽になれば、と。
それだけを願っております。

更なる頂きましたコメント、拝見致しました。
拝読しながら、私も凹みました。
お辛いことでしたでしょう、と。胸が痛みました(涙)
正直、思うことを言わせて頂きますが、
その受診された医師&病院は、およしになった方が、と感じます。
お言葉がどれも一方的過ぎますし、何より
片側顔面痙攣についての説明自体も不十分だと思いました。
脳神経外科の医師ならば、もっとこの症状の
治療についての説明はもとより、
投薬や注射治療でのメリット・デメリットについて、
詳細を聞かせてくれるべきだと思いますし、
手術についても、患者を脅すような、
落ち込ませるような、凹ませるようなことだけを言うなんて、
とても信じられません。
薬剤師の方のお言葉も、酷いものだと思います。
私だったら、その場で悲しくて<泣く>ではなく、
その誠意のなさに、腹が立って
<激怒>し<激高>で、声を荒げたかもしれません。
鍵コメント様は、私とは違って、お優しい!

思い切ってここに書きますが。

私は、今まで注射は1度もしたことがありません。
世間には注射体験無しで手術人も、このように、存在しています。
注射全く皆無で、1度目の受診の際、即・開頭手術を選択しています。
注射を体験しなかったことは、
当時、ネットで知り合えた方々が、
偶然かもしれませんが、どなたもが
注射はあまりご納得されていなかったから、です。
笑顔がしずらい、ですとか、まぶたが閉じにくいですとか
おっしゃっていて、さらには、
高額だのに、注射の効果は3ヶ月と持たなかった等
ともお話下さり。
くそー!
それならばいっそ手術で1発完治を目指そう!
私の場合、そう、考えたからでした。

他の重病の酷く過酷な症状を、
引き合いに出されても、ですよね。
この片側顔面痙攣の悩みとは、全然話が違いますもの!

ただ、本当に真実なことには、
この痙攣症状は、確かに命に別状までは至りません。
なので、そこを逆手にとって、
鍵コメント様が、「ここならば
お任せ出来るかもしれない」というお気持ちになる
医師&病院にめぐり合われるまで、
何軒か受診されてみられては如何でしょうか。

医師によって、症状についての説明も
若干異なることも正直、あると思います。
もっと言いましたら、手術内容やその後の経過についての
お話も、今後の治療について考える有効なものになると思います。

ちゃんとした心ある医師なら、
口調はどうあれ(苦笑)真剣に受け止めて下さると思います(←そう信じたい)
看護師さんだって、薬剤師さんだってそうです。
私が再手術先に選んだ病院では、
手術先に決めるか病院の待合でひとり悩んでいたとき、
その様子を心配して下さったフロア責任者看護師さんや、
手術直後に入室する、集中治療室の責任者看護師さんだって、
いろんなお話をお聞かせ下さいました。
心が安らぎましたし、安心も信頼も出来ましたし、
この病院でお願いしよう!と、決意も出来ました。

鍵コメント様におかれましても、
どうかそういう、お気持ちがご納得なさる病院と医師に
出会われますように。
本当にそれだけを、願っております。

地元のお住まい圏内から離れられて、
県外の病院へ向かう、ということに思い切られても、と思います。
治療法についてや、手術の方式や、
それら一切についてのメリット・デメリット等。
きっと様々な医師に会われることで、
得られるものがきっとおありだと思うのです。
労力や気力、もちろん資金も使用しますが、
1度きりの人生での、幸いを取り戻すために!と思われたら、
奮い立たれることは、可能ではないかと。

手術をしても、即完治とならない・かもしれません。
でも、1度目の手術で、きちんとした脳神経外科医による
執刀であれば(ここが最重要です。と同時にこれが最も難関でもありますが)
かなりの高確率で、治癒、あるいは症状軽減、になると思います。

私は、2度目の再手術に、満足しています。
耳鳴りは完治仕切れませんでしたが、それでも、です。
再度、挑戦してよかった、と思っています。

鍵コメント様は、1度目です!
きっとよい医師と病院にお出会いされれば、
9年間の苦しんだ日々を、
過去のものにして貰えるかもしれません。
これは、本当に、生きてゆく<希望>だと思うのです。

どうか、鍵コメント様のお気持ちが
ご納得出来る脳神経外科医と病院に
出会われますように。
遠くからにはなりますが、お祈りしております!☆

片側顔面痙攣に負けない人生を、
奮闘しなくてはいけませんが、
何とか奮起して、頑張り、お互い乗り越えてゆきましょう!

えいやーっ!です、えいヤーッ!!!☆

2017/08/28 (Mon) 23:00 | EDIT | REPLY |   

lou.c  

Re:鍵コメント様へ:心から応援しています!☆

鍵コメント様、

私は、
2度も頭蓋骨に穴を開ける手術をしております者です。
かなり特殊だと思います。
そうそう鍵コメント様の周囲には、おられないと思います。
(私自身の周辺にだって、そうはいません:涙笑)
なので、相当へっぽこな私ですが、
これでも鍵コメント様の、何かのお役には立てるかと
思っております。
とにかく本当に、そういない体験者だと思うので(涙笑)

数時間かけられてでも、他府県まで足を伸ばされて、
受診なさってみられることを、
私個人としては、強く推奨致します。
遠方の病院に出向かれ、何人かの脳神経外科医を
受診なさることは、本当に面倒ではありましょうが、
それでも本当にそれは大事なことだと思います!

私が2度目の、再手術先をうんうん煩悶しているとき、
ネットで複数の方から、暖かいお言葉を頂戴しました。
その際、本当にお住まいの県を飛び越えての、
行動をなさる方々が、たくさんおいででした。
飛行機や新幹線を使用して、目的の病院で
診察を受けておられる方は、何人もいらっしゃいました。
お隣の県であったり、本当にはるか遠くから、の方も。
「この病院で、この医師に、治して貰うのだ!と、
前向きになっていたかので、
ちっとも面倒ではありませんでしたよ!☆」
そんな言葉も、たくさんの方がおっしゃっていました。

それだけ、この、片側顔面痙攣の煩わしさから
解放されたい!と、強く望んだ皆さんがおいでだと
いう現実に、他ならないと思います。

外来受診で診察を受けても、
<歯医者>のように(苦笑)
何度も何度も通院、という面倒は、ほぼ無いと思います。
詳細度の高いMRI撮影が重要で、
それ以外は、この片側顔面痙攣においては、
あまり診察&判断材料の鍵ではありません。
ですから、思い切って、遠方まで電車に揺られて、も
私は断然アリ!だと思うのです。
だって、本当に医師選びは、相当に重要なのですもの!

そして。
必ず<脳神経外科>を受診なさって下さいね。
脳神経内科ではありません。
<脳神経外科>で、脳神経外科医を受診なさって下さいね。

医師には。
自分のこの、最大に悩ましい現状を打破して欲しい、と、
心のそこから懇願していることを、診て頂いて、
治療の方針をお聞かせ頂くのです。
自分の中で、かなり納得出来る医師に相談しないと、
いつまでも、何をするにしても、何を聞いても、
不信感が残ります。
それは本当によくないことです。
なので、どうか鍵コメント様が、
ご自身が「この医師にならば様々、お任せしたい」と。
そう思われるお気持ちこそが、
片側顔面痙攣からの、真の解放への道のりの、第1歩だと思います!☆

鍵コメント様、
どうかお気持ちをしっかりお持ちになって!
潔く”立ち向かう”のでは、ときに過酷だったりします。
なので私は「ちょっと斜め前向き(苦笑)」で、
挑みました(苦笑)
前を向いていることには、かわりません(笑)
ただ、いろいろ考え出すと恐ろしいので、
ちょっと斜め前向き、なのです(苦笑)
でも、自分自身に対して、無理は禁物なのです。
気持ちは、本当に、大事なものですから☆

どうか、鍵コメント様にとって、
よりよきことにすべてが向かわれますことを。
心より願っております!
本当に、本当に応援しています!☆

えいやーっ!☆で、参りましょう!!!
えいやーっ!☆

いつでも私でよければ、お話にお立ち寄り下さい。
私もこの、片側顔面痙攣は、
いい意味でも残念な意味でも(涙)
私のもので、
私の人生なのですから。

2017/08/29 (Tue) 21:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply