FC2ブログ
片側顔面痙攣のこと

片側顔面痙攣術後・1年半。

0
片側顔面痙攣の開頭手術から、1年と半年の現在。
それが、今ここ。

「術後2年間、痙攣が起きなければ、ほぼ
再発はないと言えるでしょう」


脳神経外科執刀医は、そう私に高らかに、告げたことを、思い出す。

私の痙攣復活は、兆しが感じたのが術後1年3ヶ月。
「あれっ?痙攣してる?!」
そう思った、そう気づいたのが、暗雲広がり、の始まり。

友達と食事をしていて、まず【耳鳴り】を、薄っすら感じ。
少々動揺し始めたころ、右側目まぶた上下に、ぴくぴくぴく。
ただ、くちを閉じていると、然程出なかった。
耳鳴りも、ギューッ!と強く強く、目を閉じることさえしなければ、
それほど”鳴っている感”はなかった。

でも。
私は執刀医の言った【2年痙攣なければ完治】に及ばなかった。。。

医師は「痙攣は2年間程度の間、
出たり手なくなったりを繰り返して、消滅してゆく人もいる」
とも言っていた。
「だから、痙攣が出た消えたと、一喜一憂しないように」と。

でも先生。
この感じは、たぶん、残念。
ダメな感じだと思うのです。

痙攣が出たり消えたり、ではなく、
「しょっちゅう出るように、なった
いいや、もっと言うと「頻繁に出るように、戻った」と言いたい。

まぶたを閉じると、右耳の奥のほうで、耳鳴りが、ほぼ、するように戻り、
大きくくちを動かしたり、食事をしたりすると、
痙攣がよく出るようになってしまった。

先生。
2年間、逃げ切れませんでした。
とっても、無念で残念でなりません。



DSC00168.jpg





スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply