FC2ブログ

インフルエンザ2017.

風邪でダウン。

と思い、今日はもう勤めを病欠させて貰おう。
と。
それだけだったんだけど。
それだけだったはず、なんだけど。

喉も痛いし、早い完治を目指そうと、
休みを貰ったし、近所の病院へ朝一番で行った。

自宅でも熱は平熱。
病院でも、勿論、平熱。
36.3度。(あたしはいつもだいたい低目)

お医者に診察を受けながら、
風邪の症状を伝えているうち、
ふと。
念の為インフルエンザ検査、して貰っておこう。
そう思って、して貰ったら。
インフルエンザ判定だった。ちーん…(落胆)

でも。
インフルエンザ判定ってのは、
ホント曖昧なものなんだなあと。

ずーっと以前にも、
インフルエンザの時期だったから、
簡易検査して貰ったとき、
お医者が「この判定キットは
ほんとに簡易だから。
60%くらいの正解不正解くらいかなあ」と聞かされて、
軽い衝撃を覚えたことがあったけど。
今回もまた、軽い衝撃が。

インフルエンザ判定キット、での、判定が、
実に、曖昧だったのだ。

お医者が、拡大鏡で何度も何度もガン見して。
「うーん。。。
激薄く判定線が出てるような、出てないような…
うーん。。。
難しいなあどうなのかなあ…」と。

「でも!
医者の倫理として、完全に真っ白と言えないなら、
難しい所だけど、うーん、
今回は、これ。
インフルエンザだと判定しようと思います」だって。

あたしのように、高熱はおろか微熱も無し。
全身の壮絶なる倦怠感も無し。
それでもインフルエンザ、ということは
実はおうおうにしてあるのだという。

ソレと知らずに出勤・通学してる人は、
世間では本当に多いらしい。(←って、迷惑じゃん!)

「こういう簡易検査キットが、今はあるから判定しているけど。
所見ではあなた、ただの風邪ですけどね。
今までなら、ね」

えー。
だったら、今回はインフル無かったことに、は無理?
そうお医者にコソッと質問してみたけど、
やはりソコは「うーん。。。無理」

今年2017年度のインフルエンザは、
高熱や酷い倦怠感のないモノがあるのだ、とお医者さん談。

もう!
ややこしいなあ!(憤慨)

勤め先責任者に連絡をして、
医師の診断書は必要か聞いたら、無用とのこと。

想定インフル発症日から数えて5日間。
出勤停止となった、あたし。
人手不足で大変なのに、面目ない。。。
けど、ほんと。
キツネにつままれた気分の、インフルエンザ判定なのだった。
ホントにあたし、インフルなのかなあ???
と思いながら、
エナジーつけねば、と
バナナ食べてるのであった(失笑)

↓ ちなみにこちら。
  2017年度自分用、バレンタイン・チョコ☆
  デメル最高。



0303yu (2)z






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

lou.c

2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。