FC2ブログ
片側顔面痙攣のこと

術後3年・思い出すことなど。

2
片側顔面痙攣の完治をめざして、
2013年10月1日に入院。
10月3日、開頭手術。

早いもんだと思う。
もうあと数日で、術後3年経過になる。
症状が戻ってしまった再発をしてからも、
1年半以上になる。

よく思い出すのは、相部屋になった
3人の女性の方々のこと。
その方々とお親しかった女性の方のこと。

みなさん癌治療中の方々だった。
そして、みなさん、抗がん剤治療中で、
たいへんしんどい状態でおありだっただろうに、
私に、とっても、とっても優しくして下さり続けたことが、
いまだにずっと、忘れられない。

そしてそれと同時に。
凄まじい困難な手術をなさったあと、な方々だのに、
私のした開頭手術の方が、
「断然、コワイッ!!!」と、
心底怯え慄いていらしたこと(苦笑)

「勇気ある選択されたわねえ!」
「私だったらとても怖くて、その手術、挑めないわ!」
などなどと、みなさんくちぐちに、散々。
そのお顔は、とにもかくにも<恐怖!>にみちみちていて(苦笑)

そりゃまあねえ。
頭蓋骨に穴開けたんですからねえ。
そのときに出来た切り傷?も、
なかなかハードなビジュアルだったし(本当に)
強烈に恐ろしげに見えただろうと思う。

でも、私からすれば、真っ向から逆だった。
みなさんの手術の方が、断然難問で、困難で、
術後の治療も、たいへんご苦労が多いと思ってた。
それでも。
それでも、みなさん、優しかった。

「夜は眠れる?」
「食欲戻った?」
「このふりかけ、美味しいよ。少しどう?」
「果物は体にいいのよ(←葡萄やりんごを下さった)」
「微熱はつらいわよね。
アイスクリーム、おひとつどうぞ(←ハーゲンダッツを頂いた)
少しはひんやりしていいと思うの」

「水分たくさんとるようにって先生に言われて、
さんざん飲んでるもんだから、
夜、お手洗いが頻繁で。ごめんなさいね。
起こしちゃってご迷惑かけちゃってたら」

「ここ数日、寝汗が酷くて。
こっそり着替えてるけれど、ごそごそした気配って
気になっちゃうでしょう。寝てるところに。ごめんね」

みなさん、お元気になられたかしら。
みなさん、お元気でお過ごしだといいなあ。

お目にかかることは、もう2度とない方々だけど、
一生忘れることはない方々。
自分がつらいときに、
泣きたくなるほどつらいときに、
私は、あんなふうに、
みなさんのように、他者へ優しく出来るだろうか。

片側顔面痙攣を発症して、
完治目指した開頭手術に挑んだものの、
敢え無く再発(涙)
80%の成功と、20%の残念があって。
20%の方に、入ってしまった。
残念。
ほんとに残念。

でも。
でも、入院中のときにお出会いしたみなさんが、
心底素晴らしい人格者の方々ばかりだったから、
お姫様のように、みなさんから大事にして貰ったから、
あったかい気持ちが、ずっとたっぷり、残ってる。
だから、再発はものすごく残念だけれど、
絶叫したくなるほど無念だけれど、
それでも、あの優しかったみなさんのおかげで、
穏やかな気持ちに、戻ることが出来る。
入院中のことを、ある意味、
幸せで貴重な経験だったと、思うことが出来る。
それは、再発の残念とは、別のものだ。

有難かったと思う。
有難いお出会いだったと思う。
残念な結果にはなっているけど(涙)
すべてが悪いことではないと、思える。
3年前のこと。
これからも大事なもの。




027bq.jpg


みなさん、本当に、
すこやかでいらして下さい。
そう、心から願っています。





スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

しげ  

はじめまして

片側顔面痙攣 再発
で辿り着きました。
はじめまして、しげと申します。
開頭手術をして1年2ヶ月から微弱ながら、痙攣が続いています。

こちらのブログを読ませていただいている内に、私の事を書かれているのかと錯覚するほど 類似していて驚きました。

また寄せていただきます。

2016/09/30 (Fri) 20:38 | EDIT | REPLY |   

lou.c  

Re: お立ち寄り下さりありがとうございます

しげ様、

初めまして。
お立ち寄り下さり有難うございます。

<片側顔面痙攣 再発>で当方へ辿り着いたと
お知らせ下さり、珍妙な言い方かもしれませんが、
書いてて良かった~☆と思いました。

子どものころ、何かの記事で
”宇宙空間へ向けて、世界各国の言葉で
あいさつした音源を録音して、ロケットを飛ばしている”と
読んだ記憶があります。
気の遠くなるような広い広い宇宙空間で、
もしかしたら誰かがそのメッセージを受け取って、
返事をくれるかもしれない、という宇宙開発企画。
今ではもっと高度に進んでいて、確か電波みたいなのを
宇宙へ送信しているとかだったと思います(たぶん)
そんな気持ちに、私のこのブログはちょっとだけ、似てます。

1万人に1人という発症率の、片側顔面痙攣。
さらには、それで完治80%というところで、再発(涙)
私のこの運は、どんだけ凄い確立なんだ!と思っていまして。
でも、この広い広い宇宙の中の、この地球上で何人かは
私と似たような体験の方がいるんじゃないかしらん、と。
でもだからと言って、では何を、と言われても、
どうすることも出来ないんですけども(苦笑)

> 開頭手術をして1年2ヶ月から微弱ながら、痙攣が続いています。

そうですか。
でも、2年間程度は、痙攣を繰り返したり消滅したりする人も、と
私の執刀医は再三言っていました。
しげ様の痙攣が微弱なものであるなら、
穏やかに消滅の推移を辿るかもしれませんよ。
まだ分かりません。
完治の希望はまだおありだと思います。
ここはまだしばらく冷静に経過観察なさってみては。

手術前と同等程度の痙攣が出て”再発”とするそうです。
(無念ですが、私はもう完全なる”再発”を自覚していますが:大涙)
その見極めを、どうぞお気持ちを穏やかにお持ちになって、
見守っていかれますことを。

本当に面倒くさくて、煩わしくて、嫌なものですよね、
この片側顔面痙攣というバカものなヤツは。
ときどき、消え去れーッ!バカーッ!と絶叫したくなります。
でも、おとななのでしませんけど(苦笑)
このブログでぶうぶう、愚痴愚痴吐き出しては、
ため息をつきつき、地味ィに消化しています(苦笑)

またどうぞお気が向かれましたら、お立ち寄り下さい。
コメントお寄せ下さり、有難うございました☆

2016/09/30 (Fri) 22:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply