FC2ブログ
  • 久しぶりに、友人とランチを食べた。あたしが外出したついでに、出先近くで個人事務所を開設してる友人へ、気まぐれに、電話。都合が合って、会えればハッピー。会えなければ、まあ、それもそれ。そんな軽い感じで、電話をしたら、快くO.K.☆本気で予約とかして、食べに行くよなレストランは、急なことだし、もったいない。だから、そこらのカフェテリアでの、ランチにした。この友人には、片側顔面痙攣の発症についてと、2度の開... 続きを読む
  • 来年同日同時間に、術後2年目のMRI撮影をして、診断しましょう。これを決めて、診察終了という近くのとき、真横の診察室から、ひょこっと、この病院での再手術覚悟決意をさせて下さった医師が、顔を出してくれた。「どう?その後。元気?☆」こちらの医師は、本当に朗らかな方で。この朗らかさが、どれだけ患者の救いになっているか、分からないと思う(感動)あたしは診察を終え、この先生とお話がしたい、と思い、この機会を逃す... 続きを読む
  • 1年前の今日のこの日の頃、片側顔面痙攣の再手術をした。入院した日の朝も、素晴らしい晴天だった。術後1年目の検診に向かった朝も、同様。目が細くしないと開けられないほど、眩しい日差しの朝。病院へ歩いてく道のりも、1年前と同じみち。大きな大きな公園を抜けて行った。鮮やかな新緑のころ。病院側の別院にて、MRI撮影。その後、順番を待って、脳神経外科医師に受診。あたしの主治医だった医師は、急な転勤となり不在にな... 続きを読む
  • 英国王室プリンス、ヘンリー王子が今日、米国元テレビ女優メーガンさんとご結婚。ロイヤルウエディングかあ~☆おめでたいことだなぁ~・・・・・・ってちょい待ち。あたしの再手術していた日ではありませんの、と。いや。忘れていた訳ではなくて、日を勘違いしてた。19日に入院した、と思ってた。片側顔面痙攣のことは、再手術をして1年経っても、まだまだ忘れることは出来ていない。日々の些末なことどもに追われて、気に留め... 続きを読む
  • 昔々のむかし。あたしがまだ中学生とか、そんなときの頃。雑誌の対談だったか何かで、作家森瑤子氏が「白秋の意味を初めて知った」とあった。あたしも白秋で知ってるのは、勿論というか、詩人・北原白秋の白秋。でも森氏の言われていたのは、違って。人生における春夏秋冬での、ことだった。春=青春 16歳~20歳代夏=朱夏 30歳代~40歳代秋=白秋 50歳代~65歳ごろ冬=玄冬 60代後半~ 一生を、季節で表現して... 続きを読む
  • 片側顔面痙攣を発症してからは、ほぼ、眼鏡着用で暮らして来た。それまでは、何度か記事にもしたけど、ずっとコンタクトレンズ愛用者だった。でも、痙攣の引きつりや、右眼がギュウギュウ勝手に閉じてしまうから、それを人に見られることがイヤになって、眼鏡をすることで、気持ちを紛らわせて来てた。ただ、もともと眼鏡はファッションアイテムのひとつとして、好きで、今、合計8個保有。個性的なデザインのものや、フレームの色... 続きを読む

lou.c

2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。