FC2ブログ
  • のどの風邪を引いてからこちら、なかなか治らない。この2週間で、4度もお医者にかかった。こんなの人生初!(涙)3度、耳鼻咽頭科へ。1度は、小規模総合病院の眼科へ行った。のどに風邪菌が付いて悪さをしてーの、で出来たと推測する浮腫が、ほんとになっかなか完治しない(涙)真面目に真剣に、処方されたお薬も飲んでるのに。体調がすぐれないと、落ち込む。加齢のせいかと思うとさらに一層、落胆する(泣)年齢と体の釣り合... 続きを読む
  • 30年ひとりでやって来た、デザイン事務所をたたみ、完全な別世界へと、転職をしつつある友人がいる。「前職にはまったくもう未練なし」そう断言する友人の顔は、すこぶる晴れ晴れとしてた。結構いい年での転職だから、まだ、まあ、いわゆる見習い的存在。よって、時給換算での収入になる。家賃支払いのことやら生活費のことやらで、おそらくお金は貯金を切り崩しつつ、の暮らしで、出てく方が今は多いと思う。正直いって、会って... 続きを読む
  • 片側顔面痙攣を発症して以来、<医師>とか<医療>だとかについて、いろいろ思うことが増えた。考えることも増えたし、また、感じることもどんどん、増した。ガンガン行く、ほどではないけど、それでも何となく、〝代替医療について〟とかの書籍を読んでみたり、〝最新医療について〟とかの雑誌特集なんかを、なんとなく、目に付いたときにページをめくってみたりするようになった。それは、テレビでも同じ。基本”健康長寿”関連番... 続きを読む
  • 紅茶に浸したマドレーヌの香りから、ふっと、幼い頃の記憶が呼び起こされたことより、物語が始まるマルセル・プルースト著『失われた時を求めて』この物語の”マドレーヌ”の箇所がたいへん有名になったことから、嗅覚や味覚から過去の記憶が鮮明に蘇る心理現象を<プルースト効果>と呼ぶようになったらしい。なるほどね、と。そりゃそう、わかる分かる。とある香水の香りをかぐと、あたしの母を思い浮かべる。今ではもうぜんぜんそ... 続きを読む
  • 突如、ぐぐっと冷え込んだ夜。お風呂上りに、油断した格好で、そのまま寝てしまった。翌朝、喉がイガイガ。失敗したなあ…と反省しつつ、葛根湯を真面目に1日3度。熱は無し。けど。飲んだけど、ときすでに遅し…翌日午後から、声が完全にガラガラ声に(大涙)こういうときに限って、なぜなの。土日もしくは、祝日。病院は休んでる。しょうがないから月曜朝一番で、耳鼻咽頭科へ向かった。診断結果によると「声帯に浮腫」と。風邪が... 続きを読む

lou.c

2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。