FC2ブログ
  • 片側顔面痙攣の完治をめざして、2013年10月1日に入院。10月3日、開頭手術。早いもんだと思う。もうあと数日で、術後3年経過になる。症状が戻ってしまった再発をしてからも、1年半以上になる。よく思い出すのは、相部屋になった3人の女性の方々のこと。その方々とお親しかった女性の方のこと。みなさん癌治療中の方々だった。そして、みなさん、抗がん剤治療中で、たいへんしんどい状態でおありだっただろうに、私に、... 続きを読む
  • ネットニュースで、見ない日はないようなほど、小林麻央さんのブログ記事が、掲載されている。若くて美しくて聡明で。梨園の妻で、二児のお母さんで。乳癌の公表をされた。そして、先日の記事では、他の部位への癌転移もおおやけになさった。懸命な治療につとめてられる中の、記事。”人生に「たられば」は無し。 それでも、 思ってしまうものだけれど。” と書かれていた。胸が詰まる思いがした。何かの症状が出て来たり、何かの... 続きを読む
  • 近所で立ち話をしていた、オバアさんおふたり。愛犬の散歩途中、犬が歩みを止めたときに、偶然聞こえて来た会話が、面白くて愉快だったので、記念にここに(笑)オバアさんA 「あんた、いつまでも、若いなあ」オバアさんB 「そんなことないよぉ」オバアさんA 「いいや若い若い。          ほんとに、いつまでたっても若いまんまだねえ」オバアさんB 「そんなことないよぉ。          今年83だよー」... 続きを読む
  • 近い将来、結婚する、という。20代なかばの女の子。彼女がうんと子供のころに会ったきり。20年振りくらいに!偶然会った。そんな、ただでさえキラキラしているお年頃のところ、いっそう眩しく、輝いて見えた。「親の猛反対にあって来てたけど、ようやく。私の粘り勝ちだなあって思います(笑)」恋人の男子くんは、小学生の頃からの幼馴染。付き合ったり、別れたりを繰返しながら、の現在だという。男子くん。両親が物心ついた... 続きを読む
  • 勤め先の同僚に、「あらぁどうしたの~疲れ目?」と言われた。同僚は自分の右目を指差しながら、そう言った。そうなの、おほほ。適当に曖昧に返事をした。3年前、私が片側顔面痙攣の完治を目指して、開頭手術をした、ということを、同僚はすっかり忘却のよう。それでいいのです、それで。忘れられてるのが、ラクでいい。片目が痙攣で引き攣って、しぼむ。ぎゅーっと、しぼんで、小さくなる。目の大きさが左右異なって、アンバラン... 続きを読む

lou.c

2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。