FC2ブログ
  • パソコン使用する家族のひとりが、このブログを「もうよしたら」と言ってきた。その言い方はホントにぽつり、と。家族は私に、片側顔面痙攣の痙攣の具合だとか、頻度の差だとか、そういう症状についてのことを、もう、ほとんど、聞いて来なくなった。再発してるのは、確実な現実だし、再発して一番ツラいのは私だろうし、と思ってるからだろうと、思う。でも、たぶん、ツラさの度合いからいうと、家族の方が、実はツライ度強し、な... 続きを読む
  • ド級・高齢の近親者が、大怪我をした。よくある、というか。よく世間できく感じの出来事。散歩の途中で、つまづいて、どおーん!前のめりになって、両手をつくことなく、顔面から地面に落ちた、のだという。幸いなことに、家族がたまたま同行していたのと、近くにいた男性が、たいへんご親切なことに(感謝!)手助けと、救急車の手配をして下さったと。しこたま打ち付けた顔面は、片側が切れ、かなり流血したらしかった。搬送先の... 続きを読む
  • 勤め先の休憩室にあった、女性雑誌を、ぱらりぱらり。見るでもなく、眺めていたら、ふと。経済評論家の有名な女性が、こう言っていた。「健康でないと、幸福な気持ちは満たされないそうです。それほど、健康というものは、重要なのです」ウロ覚えだけど、意味合いとしてはこんな感じだった。どれだけハタ目には、充実した環境であってたとしても、健康でなければ、気分がついてこない。どこか、満たされない。この言葉と、この情報... 続きを読む
  • 最近。年上の友達たちが「ぼちぼち更年期かも」と、言い出している。で。興味深いことに”穏やかでのんびりタイプ”の友達が、体調不良の疲れからだろうけれど、ずいぶん”うつうつ”とした感じのことを、言うようになった。それにひきかえ?「自分って本当にキリギリスなんだなあって思った」と。そう言う、割りと、鉄火で短気なタイプの友達が、更年期障害の始まりを、何ともなく、悠然と見つめている。「更年期だと思えばそうだろう... 続きを読む
  • 片側顔面痙攣で、日々痙攣している顔面、右側。開頭手術の前は、口元を尖らせると、百発百中、痙攣が出ていた。それは、蕎麦とかうどんとかすすりあげるときでも、そう。歯磨きをするだけでも、そう。とにかく、口を尖らせたら、ピクピクピクッ。すごく煩わしかった。でも。手術をして、いったん、1年と3ヶ月間だけは、痙攣がほとんど治まって、穏やかなときを、体感できた。で、再発している今。口を尖らせても、痙攣は、出ない... 続きを読む
  • 2016年になって、はやくも4日過ぎた。早い早い。早すぎるー大晦日からこの年明けの今日まで、何をした???いやあもう。なんにもしてない。時間の流れが、あまりにも、あまりにも性急過ぎて気づかないのかも。あるいは、逆に、ゆるやか過ぎて気がつかない感じなのかな。とにかく、時間が、私の預かり知らぬま間に過ぎてる。勝手にいくな(苦笑)片側顔面痙攣の手術をしたのが、2013年の10月。再発をしっかと、自覚・実... 続きを読む

lou.c

2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。