FC2ブログ

愛すべき眼鏡たち

あたしは、眼鏡を計9本持ってる。
その中の、
長年使っている眼鏡が、ひとつ、具合が悪くなった。

長年も長年。
25年近く使って来たヤツのひとつ。

過去20~25年以内に、
立て続けに4つ、眼鏡を新調してる。
当時は、コンタクトレンズだけを愛用してた。
基本的に、眼鏡は家でだけ使用だったけど、
それでもおしゃれ心を満たしてくれるようなモノを
好んであつらえていた。
かつ、言っちゃうと、
まあまあイイお値段のモノばかり。
おしゃれ、頑張ってたもん(笑)

大事に使って来てたけど、劣化はどうしたって、する。

レンズ表面の何らかのコーティングが、剥がれ始めた。
キラキラとうすい、魚のウロコみたいに、
はらはらと表面から、粉みたいに落ちだしてしまった。

フレームは気に入ってるから、
数年前に作ったことのある眼鏡屋さんへ持ち込み、
相談してみた。
ら。
フレーム自体の劣化も実は相当してたと判明。
ヨレヨレなこれに、高額の新品レンズを装着するのは、
ちょっとバランスも悪いし、お金を支払うのも惜しいかもしれない。。。

だったら、新しいトレンドなフレームで、
新しい眼鏡、作っちゃおう。

そう思って、ひとつ、注文した。

眼鏡屋さんの店員さんには、
とても丁寧に視力検査をして貰い、
見え方を何度も調節して貰い、
フレームのことも考えたりしながら、色々決めた。

片側顔面痙攣の痙攣症状が、無い状態で、
あたしは久しぶりに、この行為をしたなあ。。。
(しみじみ)

そう思いながら、眼鏡をオーダーした。
あたしは、ちょっと、感動してたくらいだった。
感動。
ほんとにちょっと、心が感動に泣いたと言っていい。

視力検査用の機械に座り、
店員さんの指示通りにあれこれモノを見る。
正直、ちょっと緊張した。
だって、店員さんと顔の距離、近いもの。
何も相手がイケメン男子で、コレ女のときめき、ではなくて(笑)
あたしの右顔面の痙攣が無い状態であることを、
自分で何度も確認した、とでもいうか。
あたし、痙攣していないよね?
大丈夫だよね?
そんな、感じで、ちょっとだけ、緊張した。

「これは見えますか」
「はい見えます」
「ではこちらはいかがですか」
「はい見えます」
「どちらの方がよりはっきり見えますか」
「今の方がきっちり見えます」

揺れていない世界で、モノが見える。
歪んでいない世界で、モノを見ることができる。


この、一般的に当たり前のように思われてることが、
当たり前でないことも、世界にはある。

あたしは、片側顔面痙攣の発症をして以来、
こういうことが、理解できる人間になった。
生きてくうえで、すごくいい勉強になったと思ってる。
片側顔面痙攣にはシャクだけどね!(怒)

片側顔面痙攣になったと、理解したときから、
あたしはコンタクトレンズの使用を止めた。
眼鏡に、した。
それも、出来るだけ<モード>な感じの
フレームのモノにした。
顔の痙攣がバレないように。
顔の引きつりが、指摘されないように。


本当に、消極的な発想から選んで、使った。

でも、今回は違う。
好きになった眼鏡フレームを選んだ。
色も、形も、雰囲気も。

洒落た眼鏡屋さんだから、お値段も洒落てる(苦笑)
福沢諭吉がひらひらひら~っと飛んでった。
けど、また20年は使う!
って、その前にもう老眼が気ちゃうか(笑)
けど、嬉しかった。
あたしは、すごく幸せだと思ってる。
片側顔面痙攣になって以来、眼鏡使用者になったけど、
眼鏡自体はもとから好きだった。
だから、これからは、
まっとうに眼鏡を愛する、眼鏡愛用者になる☆
痙攣隠しでもない、
引き攣り誤魔化しでもない、
ただいちえに眼鏡を愛する者として、愛す☆


で。
普段使い用にしていた眼鏡も、
不具合が出て来たから、
今度はファストフード的眼鏡屋さんに行った。

とあるファストフード的眼鏡屋さんのモノも、
あたしは2本持ってる。
こう言うとナンだけども、
お値段がすごくお手頃だから、
気軽に臆することなく、使いまわしてる。

例えば、家でゴロゴロ寝そべってるときでも、平気で着用。
フレームや鼻パッドが、少々歪んだってナニさ、だ(笑)
天ぷらあげてて、眼鏡に油が飛んで来たって気にしな~い。
家族でスパや銭湯なぞに出かけて、
脱衣所で眼鏡落っことしたって、
何だったったら、初めて訪れる広い浴場に、
着用したまんまでズカズカ行ける。
ぜんぜん問題無し。
だって、それくらいに、お手頃価格なんだもん~

フレームの曲がりを少し修正して貰った。
そのついでに。
はい。
もうそのついでに、ホイとね。
これ下さい、と注文しちゃった。
眼鏡、2本。
何度も言うけど、
先日新調した眼鏡屋さんのとは別次元の、
すんごいお手頃価格だったもんで、つい。

いくつあったって、いい。
眼鏡。
あたしは、どれも印象の違うフレームにしてる。
だから、家族や知人からも
「いったいいくつ眼鏡持ってんの???」と言われる。
というか、呆れられてるかもしんない(苦笑)

でも、あたしはこの先、眼鏡たちと生きてく。
痙攣はおかげさまで、2度目の手術以後消えた。
純粋に眼鏡を愛する。
喜んで使う。
楽しんで使う。
あたしは、幸せ者だと思う。



DSC06826lq.jpg





スポンサーサイト
2018-10-28 : 片側顔面痙攣のこと : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。