FC2ブログ

その後の皆様のご様子は。

奥歯の詰め物がバギィッ!
取れた。

何でもない食事をしていた最中だった。
心底ガッカリした。
歯医者さんって、長期通院になりますよね。
ちこっといじられては「おくち濯いで下さい~」
で、「今日はこれまで。では次回予約をしてお帰り下さい」
うーん。。。正直、相当、面倒臭し。。。

が、今までの歯医者さんへの通例感情。

歯の詰め物が外れ、飛び込みで予約入れなきゃ…と、
翌日勤め先の休憩時間に、
馴染みの歯医者さんへ電話した。
そのとき、前回通院した記録を見ると
(日時が病院カードに記載されているので)
9年前が最後だった。

9年前。2008年。。。

ちょうど、
片側顔面痙攣を発症し始めた頃のように思う。
最初の頃は、痙攣はそれほど酷く感じていなかった。
ピクピクして煩わしいなあ。
そんな程度だった。
コンタクトレンズ購入で3か月ごとに通っていた
眼科医にも「パソコンの使い過ぎ。疲れ目」などと、
微弱な痙攣について、そう言われて過ごしていた。
それくらいの頃に、歯医者さんにも通院していた(のだ)

私は、歯医者さんへ予約をした後、
ハッとなった。
そして、心臓ガバクバクした。

「奥歯治療で、
歯医者で異常なおおぐち開け続けても、
大丈夫なんだろうか…」 
と。

つまり。
顔面神経を強く刺激するような、
イレギュラーな顔つきを、長くすることによって、
また何らかの事情が起きて、
血管と神経が触れてしまわないだろうか
と。

再手術以降、痙攣症状は消滅している。

医師にも「ふつうに暮らして下さい」と
退院時笑顔で言われている。
けれど。
けれども、
世間にもし〝臆病者選手権〟でもあれば、
日本国内でもかなり上位に食い込めるであろう、
臆病者・ビクビク大魔王の私。
出来るだけ、表情筋を酷使するようなヘンテコな表情はせず、
バカみたいなおおぐちを開けることも、極力控え、
ガバガバ食べ物をくちに詰め込み、咀嚼することも
気遣いながら、
なんとなく、
なんとなあぁく、顔をそっと、使って来ている。

普通に暮らしているけれど、でも、
こんなふうに、普通でないことがある。
もう、
何も片側顔面痙攣が無かった頃の自分には、
戻る頃は出来ない。

片側顔面痙攣は、二度と御免被る!

こればかりを強く強く念じながら、生きている。
だから、
ちょっとでも痙攣を誘発するのではないか、と、
思うようなことは、慎重に、極力避けている。

奥歯の歯医者治療は、果たして平気なんだろうか。。。。。。。。。

医師の言われた「普通に暮らして下さい」の中には、
歯医者への通院、もあるだろうか。
って。
あるだろうけれど。
歯医者さんなんて、
何も暮らしの中の何も特殊なことではないはず!

けれど、
こうして、怯えている私がいる。
臆病な想像が、私を捕えて離さない。
くだらない妄想であることを、信じているけど。


おおらかなお気持ちのしっかりした方は、
片側顔面痙攣の手術で「治った~☆」という、
ブログ記事を書かれた後、
多くの方が、ほぼ、その後記事の更新をなされていません。

もっとお気持ちの御強い方なら、
「ちょっと顔を歪めると、痙攣が若干出ちゃうけど、
こんなの手術前に比べたら、ナイに等しいから平気☆」などと。
羨ましい!その、デッカイ心!(感動)

このへっぽこブログに、
数年間に渡り、気持ちなどを書き散らかしている私ですが、
これを機会に一度、お訊ねしてみたい。

片側顔面痙攣の手術をなさった、どなたか様方。
その後のお具合は如何でしょうか。
半年後。
1年後。
2年後。
3年後。。。
痙攣の発症具合はどうでしょう。
どういうときかには、痙攣らしきものが出るですとか、
どういうときにか、引きつりらしきものが生じるですとか。
その頻度ですとか、強度ですとか。
そして、何よりその時対処するお気持ちは。
どう、いなしておられるのでしょう。

片側顔面痙攣の術後、その後の日々のことについて、
どうぞ、
ヘボヘボのヨワヨワのグズグズな私に、
どなたか様より、
一言でも、ご教授頂けましたら幸いです(希望)


歯医者さんの予約取得出来たものの、
心は地味に揺れております…

再手術をして、痙攣消滅して1年と5ヶ月が過ぎました。
でも、
本当の、片側顔面痙攣より、
真の心の解放は、
私にはまだ時間が必要のようです。

タフでハッピーな心を持つ人間になりたいです(願望)



DSC_6506ggv.jpg





スポンサーサイト
2018-10-16 : 片側顔面痙攣のこと : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
以前こちらで再手術について大変お世話になった者です。
メールでもたくさん情報をいただき、その後再手術をして夏に最後の診察が終わりました。
その節はありがとうございました。
再手術後9か月ほど経ちましたが、1度も再発ありません。
毎日再発に怯える生活はしていませんが、出来るだけ眼を酷使しすぎないように、アルコールも控えめに生活しています。
「もしまた再々発したら。。。」とは考えてもしょうがないので考えないようにしています。
あまり考え過ぎてストレス溜める事のありませんように。
2018-11-05 21:58 : tomo URL : 編集
Re: 良かったですね(感涙)☆
tomo様、

お元気なご様子のご連絡を頂き、とっても嬉しかったです!☆(感涙)

再手術のあと、再発無しとは、本当に良かった!(喜涙)
病院も晴れてご卒業とのことも、嬉しいことですね。

私の2度目の手術のときの主治医が、
退院のとき、
「片側顔面痙攣だったこと、
じき、忘れてしまわれますよ」
そうおっしゃって。
笑顔で、送り出して下さいました。
私はこの言葉を、ときどき思い出しては、
心を落ち着かせています。
tomo様も、もうじき、片側顔面痙攣のことは
忘却なさることでしょう☆
そして、tomo様ご自身もおっしゃっておられる通り、
将来のことは憂わず過ごす。
これは本当に大事なことだと思います。
片側顔面痙攣なんかに振り回されないで
穏やかに暮らしたいですものね!☆

tomo様、どうぞ私のことも、
これにて卒業でお忘れになって下さいね☆
どうぞ、お元気で☆☆☆
2018-11-07 12:33 : lou.c URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。