FC2ブログ

感謝しかない

関西地方で、大きな地震があった先日。

報道で見るにつけ、
日頃、当然のように、
水道から自由自在に水が出て、
ガスをひねれば料理でもできることが、
どれだけ幸いなことなのか、と改めて思わされる。

大変なご苦労に見舞われた方々を思うと、
胸が辛くなるが、
地震大国のわが国、日本。
どこに住んでいようと、もはや、他人ごとではない。
小さなリュックサックに、懐中電灯と軍手。
ビスケットと水を収め、ひとまず枕元に置き直した。
辛い中にも学ぶことを得ようと思う。


気持ちを離すことが出来なくて、
地震の当日は、ずっとテレビ報道を観続けた。

時間が経過して、各地の現状も分かりだし、
ふつうの番組も放送し始めた。
それでも、地震情報関連として、
画面の上に、テロップで、
電車の在来線や新幹線の運行事情等が流れていた。
そのとき。
関西エリアの、大きな主要病院の情報が
ついで、流れ始めた。

≪○○病院・○○大学病院・○○救急センター
  明日 通常診療
  ただし 緊急を要しない方は ご配慮下さい≫


また、大病院は、緊急手術以外、
手術を数日延期するとも、コメントされていた。

それは当然そうだろうと思った。
物凄く繊細な手術をせねばならないときに、
大きな揺れ等あってはならない!
患者さんにとっても、執刀している医師等にとっても、
大変なことになってしまうに、違いないもの!
どうか無事にすべて執り行われますように。
そう願う。

≪○○医院 通常診療≫
≪○○医科大学病院 通常診療≫。。。


それらの流れるテロップを見ながら、
あたしは、心底ほっとした。

こんな、不安定なときでも、
助けて貰える医療機関がある、ということに。
患者に向き合う医師等が、いて下さることに。
サポートして下さる看護師さん等がおられることに。

極端なことを言うと、
乱暴かもしれないけど、
一般的な会社の仕事だったら、もうド級緊急時には、
会社を休みに出来る。
社員だって、自宅待機にしたり、早退したりすればいい。
けど、
医療現場はそうはいかないと思う。
絶対的に、医師や医療従事者は、災害時、必要だから。

東北でのあの大震災のとき、
医療関係者の方々の中でも、
それはもちろん、問題になっていた。
わが家庭をかえりみず、災害現場に居続けておられた方々は、
それはそれで、悩まれていたらしい。
大惨事のときに、
家族をほっといてまで、他者を救っているのか、と。
また、
当時、独身者の方々が中心になって、
連日連続勤務なさっておられたようだった。
独身者に大きな負担を強いてしまいがちな環境。
必要とされる医療関係者の方々の中でも、
色んな問題が、実は、実に、ある。
震災時について書かれた本を読んだとき、そうあった。

そうだろうと思う。
ぜんぜん部外者なあたしでも、
それはそうだろうなあと思う。
こちら患者側にしたら、辛い話…

でも。
でもでもでも。
たいへんなご苦労と、たいへんな事情を抱えながらも、
たくさんの医師や看護師さんや、医療関係者の方々が、
緊急時、災害時、避難先、被害現場で。
多くの人を救って下さっている。

感謝しかない。
いろんなことに、感謝しかない。
あたし側としては、思うことは、それしかない。

片側顔面痙攣の手術で、
開頭手術を2度、あたしは体験している。
入院中、あたしはずっと感謝しっぱなしだった。
入院手術に関しては、
真実を言うと、
人生の中で無いのに、絶対的に、越したことない。
でもただ、その中でも、学んだことは有る。
強がりで、悔し紛れみたいなもんだけど、
それでもあると言いたい(苦笑)

ご苦労様を本当に、有難うございます!(感謝)


通勤の帰り道。
救急車が走ってゆく。
たいへんな事情になっている、どなたかを、
医師等、どうか救ってあげて下さい。
そう願いながら、見送った。

感謝する。
これは、あたしが辛い体験の中で得た、
たぶん、貴重な感情。




DSC06669as.jpg


大変なことになられておられる皆様、
一日も早いご回復をお祈りしております。





スポンサーサイト
2018-06-21 : よしなし雑記 : コメント : 6 :
コメントの投稿
非公開コメント

お久しぶりです
lou.cさん、ご無沙汰してます。昨年の夏ごろにコメントさせて頂いてから久しぶりに書き込み致します。ブログに勇気づけられ私も先月に手術いたしました。lou.cさんが書いておられる通り、私も手術を決めてからは恐怖心よりも治ることの喜びが強かったです。術後の療養期間を考え、仕事も辞めて、治ったらスッキリした顔で新たに就活するんだーという気持ちでした。
手術は都内の、この病気では有名な手術件数も多い病院で行いました。術前のMRIでも蛇行した血管がバッチリ写っていて、主治医からは典型的と言われ、手術でも十分に神経と血管を離せましたと言われました。術後1ヶ月経過しましたが、まだ痙攣しています。術前に比べたら少なくはなっていますが、痙攣するときはけっこうするし、今のところ期待が大きかっただけに少々落胆しています。でも数ヶ月から数年かけて治る人もいるとのことなので、あとは時間をかけて見ていくしかないと思っています。次回は3ヶ月後の診察ですが、その頃にはもっと良くなってるといいのですが、lou.cさんは痙攣が収まってくれて良かったですね!でも本当に煩わしい症状ですよね。痙攣が止まってもいつまたなるんじゃないかという気持ち、よくわかります。私はまだいつ止まってくれるのかの段階ですけど、もう十分休養もしたし、安静にしてたら良くなるものでもないので、今週と来週に就活の面接に行くことになりました。
lou.cさんも言われるように、私も時々経過報告のコメントさせて下さいませ。
2018-06-26 20:14 : ゴンちゃん URL : 編集
Re: お大事になさってください☆
ゴン様、

無事手術を終えられたご様子で、良かったです☆
本当に、お疲れ様でした!(感涙)

主治医の先生から、手術はバッチリ☆とのお言葉を頂戴したことに、
間違いないので、一安心ですね!
込み入っていない状態だったということも、良かったですね。
シンプルが一番!

術後の痙攣具合は、本当に患者ごとに違うようですね。
ゴン様は、今のところ少し痙攣が引き続いておられるご様子ではありますが、
医師の「十分に神経と血管を離すことが出来た」ということが、
よきことの全てだと思うのです。
術後ビッタリ痙攣が止まっていたのに、何故か
数か月後また発症したりする方もおられたり、
地味にずーっと微弱な痙攣が治まらないで、
数か月という方もおられたり。。。
本当に術後の経過道筋はまちまち。
千差万別のようです。
その道筋がどうあれ、
<完治する>までの道筋であること。
それこそが患者側の大事、だと思うのです。
そこには、医師からの助言が大きな心の支えですよね。
痙攣はまだおありかもしれませんが、
とにもかくにも、ゴン様の手術は、
典型的な症状で、手術内容もバッチリ☆と
おっしゃっておられるのですから、
ここはひとつ、心穏やかにお過ごしになって。
医師を信じて、ド~ンと☆
揺れ動くお気持ちは、本当に痛いほどよくよく分かります(涙)
でも、そこはグッと堪えて。
心穏やかにストレスフリーでお過ごしになって。

お互い乗り越えて行きましょう!☆
2018-06-28 22:39 : lou.c URL : 編集
ありがとうございます
lou.cさん、温かいお言葉ありがとうございます!少しずつ、薄皮をはがすように、症状が良くなっている気がします。いろんな人のブログを見ると、ある時突然ケイレンが止まったと書いてる人もいるかと思えば、いつのまにか少なくなっていたと書いていたり。そもそも、術後すぐに止まる人としばらく経ってから止まる人の差は何なのか。私の担当の先生は十分に圧迫を解除できたのに術後もまだ少しケイレンする私を見てやや不思議そうな顔をしていました。その説明として、圧迫を解除しても神経がまだ覚えていてケイレンがしばらく続くのだというふうに言っていました。人によって圧迫されたことにより新たな神経伝達回路が出来てしまっているという話もありますね。顔面神経と血管の接触状態も千差万別でしょうから人の症状もいろいろということなのでしょう。
ただ、この病気になって原因の一つかなと思うのは食生活のアンバランスが大きい気がするのですがlou.cさんはそんな感じはしませんでしたか。顔面神経と血管の接触のみで単純にケイレンが起こるというなら、女性患者よりも男性に起こりやすいように思いますし、男性より女性の方がダイエットで食餌制限するケースが多いことも関係あると思うのです。実際、私も半年で7kgぐらい痩せた後にいきなりケイレンし始めたんです。
たまたま重なっただけかもしれませんが、珍しい病気をするとあれやこれや余計なこと考えますね。
2018-07-01 20:56 : ゴンちゃん URL : 編集
Re: お大事になさってください
ゴンちゃん様、

ご無理をなさらず、お大事になさってください☆

症状が少しずつでも改善されているという、
実感は嬉しいものですね!
どうぞ心穏やかにお過ごし下さいね!

私は、2度手術体験をしていますが、
片側顔面痙攣のあらゆる謎は、未だ謎のままですね。
何人か医師にお話を伺っていますけれど、謎は謎。。。

ゴンちゃん様のおっしゃる、食生活の件は、
個人的見解として申し上げますが、分かりかねます。
ただ、
私の面会した医師等からの説明では、
<40代以降の中年女性に比較的多く見られる症状>
これをよく聞きました。
<左顔面に発症が見られることがやや多い>もありました。
<アジア人に発症が多く見られる>も。
そしてどの医師からも「発症の本当の原因は分かりません」でした。

中年になるにつれ、血管などの動脈硬化や高血圧が要因、
という医師は数名おられました。
しかし、それがそこまでの原因かとまでは分からない。
そういうことを付け足す医師も数名おられました。
だからまだ不明なことが多いんだろうなあと思います。

私がこの片側顔面痙攣の発症理由について、
現在一番信じているのは、2度目の主治医の見解です。
ブログにもいつだったか書いたと記憶していますが、
最近の、日本の医師の研究で、
片側顔面痙攣の手術をした患者の頭蓋骨を調べたら、
頭蓋骨のとある部位のサイズが、一般よりやや小さい。
これを聞いて、なんとなく気持ちが収まりました。
何となく、であったとしても”理由”の一端が知れた、みたいな。
なので「なるほどねえ」と思った私です。
そういうサイズに生まれてしまったのならしかたがないなあ、というか。
脳内の神経や血管の配置は、人それぞれ。
でもただ、例えるなら、
同じ建築物でも、
敷地が狭い中にギュウギュウ状態で建てるのと、
広い敷地にゆったりと建てるのとでは、
いろんなことが違ってくるのは、当然だよねえ、と。
沢山の庭木も家や屋根に接触せず、植樹出来るとか、
もっと細かいことを言えば、
エアコンの室外機も、広い敷地なら、
すんなり見えない箇所に直置き出来るけど、
狭い狭い敷地だったら、
ホース伸ばして、2階ベランダに設置しなきゃ無理、だとか。
そういうのを何となく想像して、
妙に納得!と、なっています(笑)

どの医師からも、総じて言われたことは、
「適度な運動」
「バランスの良い食事」
「ストレスをためない」
「質の良い睡眠」

要するに、どんな病気にも対抗出来そうなこと(笑)
これらが、動脈硬化も高血圧予防になってよし、と。

私は、
これは私の持って生まれたさだめなんだろうな。
そう、思っております。

ゴンちゃん様、
とにかく無事手術終了、良かったですね。
穏やかに経過観察をお続け頂いて。
どうぞお元気で!☆
2018-07-02 13:24 : lou.c URL : 編集
No title
ありがとうございます!頭蓋骨のサイズによって発症しやすさが違うのは確かにそうかもしれないですね。生まれつきそうなりやすいんだーと思えば妙に納得できる感じもします。手術も無事に済んだので、あとは治ることを信じて前向きに頑張ります!
2018-07-05 18:25 : ゴンちゃん URL : 編集
Re: 気楽に気長に参りましょう
ゴンちゃん様、

難しいかもしれませんが、
言葉だけでも。
おたがい、気楽に気長に、参りましょう!☆(涙笑)
2018-07-07 00:25 : lou.c URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。