手術後1年目検診結果・ 2

来年同日同時間に、術後2年目の
MRI撮影をして、診断しましょう。

これを決めて、診察終了という近くのとき、
真横の診察室から、ひょこっと、
この病院での再手術覚悟決意を
させて下さった医師が、顔を出してくれた。

「どう?その後。元気?☆」

こちらの医師は、本当に朗らかな方で。
この朗らかさが、
どれだけ患者の救いになっているか、分からないと思う(感動)

あたしは診察を終え、
この先生とお話がしたい、と思い、
この機会を逃すとお会いすることが難しい!と、
先生の診察が終わるのを、外の待合で待機した。
患者さんが退室されたそのときを逃すまいと。

で。
10分程待ったとき、患者さんが出て来られ、
扉が開いたその瞬間、あたしは先生に手を振った。
すると先生は、快く「どうぞ~」と
患者さんのいない診察室へ手招きして下さった。

「その後調子、どう?
痙攣、ぜんぜんわかんないね☆」 と朗らか先生。


ご無沙汰しております、その節は本当にお世話になりました。
とあたしは誠心誠意、真心込めて、そう申し上げた。

先生のあのひとこと。
MRI画像を観ながら、
「僕は、再手術をしてみる価値はあると思います」
そう言って頂いて、覚悟を決めた。
だから、今あるあたしは、先生のおかげともいえる。
本当に有難う、先生!☆


でもね、先生。
今ね、1年後の画像観て頂いてね、
術後より幅が狭くなってる。
そう診断受けたんです…(涙)

そう、落胆めいた口調で言うあたしに、
先生はやっぱり、
朗らかな声で、
おおらかなことを言って下さった。

「でも離れてるんでしょ?
触れてないんでしょ?
だったら、いいじゃん☆!」


先生…
明るく存在していて下さって有難う…!☆

症状や病気に悩んでいる患者にとって、
凹んだり落ち込んでいたりする患者にとって、
医師の大らかさは、
本当に真実、救われる。
何よりも、何にも交換できない、救いになる。

さらにもう1年後、また診察して貰うことになりました。
また、その時はお世話になります、と、あたし。
先生はうんうん、と笑顔でうなずいてくれた。

そして、あたしは続けた。

先生の大らかな言葉の後押しで、
私はこちらでの再手術を決意しました。
本当にありがとうございました!
そして、この片側顔面痙攣で悩んでいる人は、
本当に大勢います。
先生の明るさは、大きな勇気になると思いました。
本当にどうもありがとうございました!(感謝)

「悩んでいたり、不安なことがあれば、
いつでもおいで。
毎週この日は、必ず診察してるから☆」


相談出来る、
信頼申し上げることの出来る脳神経外科医師が
ここにおられる。
そう思うことで、あたしの心は助けられる。
感謝しかない☆(涙)


本当は、
心底真実を言うと、
本当に、医師から<卒業>のハンコを貰いたかった。
「バッチリ距離が保たれ、
空間が大きく保持されていますよ。
何の心配も問題も不安も、
これにて一切無くなりましたね!
おめでとう、
これであなたの片側顔面痙攣は消滅しましたよ!
ご卒業おめでとうございます!」

そう言って、病院とさようならしたかった。
でも、そうでないところで、病院とまた繋がっていく現実が出た。
こればかりは仕方がない。
でも、引き継いで下さった医師と、
朗らか先生とが言って下さっている、
「神経と血管は触れていない。
空間は有る」

この言葉を頼りに、
もう1年、
頑張ろうと思う。

って言いながら、帰宅後、やる気がまったく出ず、
居間で壁に向かって、寝転んだまま何時間も過ごした(苦笑)
疲労困憊したようで、グーグーそのまま寝込んでしまった。

でも。
病院の診察の後、
会いに行った母が「良かったわね」と、
感動して泣いたので、
あたしも悲しまないでいようと、思うようにする。

母と父には、医師からの言葉をそっくりそのまま伝えた。
心配性の権化な父は、正直、落胆していた。
正直「全部バッチリ完了だったら、なお良かったのにな…」と、
思ったことを、つい出た、という感じで、言っていた。
素直なわが父(苦笑)
もっとオブラートに包んでよ(苦笑)

母も、おそらくそう言いたかったに違いない。
けど母は、グッと堪えた(苦笑)
そして、こう言った。

「今ある現状を喜ぼうよ!ね☆
痙攣は出てないんだから、
良しとしようよ、ね!☆」


精一杯の、母の思いやりだと思う。
母、有難う!☆
父も、サンキウ(苦笑)



診察の翌日のあたしは、
片側顔面痙攣のことについて、
はっきり言って、1日中囚われて過ごした。
これが本当に、無事卒業証書を受理していたなら。
本当に、見るものすべてが輝いたと思う。
空気も澄み、
この世のすべてに感謝して歩いたと思う。
けれど、心に曇りがひとつ残った診察には、
また心配と不安が付きまとうことになった。
けど、医師の離れている、触れていない、にも思いを寄せる。

あたしのこの片側顔面痙攣への、ぐるぐるした感情は、
いったいいつになれば完全消滅するんだろう。

気持ちの大きな人は、もうこれで十分消滅してるんだろうけど、
とにかくあたしは、世界屈指、有数の小心者。
苦労と悩みを、すぐに手放さない。
これ自体、あたしの悪いところ。
分かってるけどねえ…


痙攣は、1年間出ていない。
手術後、ひやりとしたことは何度か有ったけれど、
でも、実際問題として、
痙攣は1度も発症していない。
引きつりも無い。
この事実をのみ、
あたしは信じて生きていくようにしよう。
この決意は、
なかなか小心なあたしには、厳しいものなんだけどね(泣笑)


片側顔面痙攣の症状で、悩んでおられる皆様。

私個人の個人的意見で、ご承知頂きたいのですが、
片側顔面痙攣の症状は、
手術をすることで、
かなりの高確率で完治出来ると思います。
再手術の私より、1度目の方なら相当の完治率だと思います。
手術する以外は、完治は有りません。
幸いなことに、この片側顔面痙攣は、
命に別状は有りません。
なので、どうぞご自身のご納得行く
病院と医師をお探しください。
必ず治して下さる医師はいます。

東洋人の中年以降の女性に、
発症する確率が高いそうです。
事実はいろいろ有ります。

医師に診察をして頂く前に、
事前勉強をお勧め致します。
知ることで、質問もでき、
納得いく範囲が広がるからです。
どんどん医師に相談、質問なさってください。
真摯に医師は応えて下さると思います。
またそういう医師をお選び頂きたい。
手術は、信頼関係が心底重要ですから!☆

多くの、悩まれておられる方々に、
私のこのブログが少しでもお役に立てば、幸いです。

私のライフワークみたいになって来ました、
この片側顔面痙攣。
本当に憎い憎い、
この世のすべての罵詈雑言を当てはめたいくらい、
憎むべき存在です。
どうにかして、消滅させてやりたいです!(憎悪)

強く、前向きな気持ちで、
この片側顔面痙攣に立ち向かう、
というものではなく、
泣きべそかきながら、
私は弱腰で、
しくしく涙目で、取り組んでいます(涙)
でも、これも私の人生なのですもの。
しょうがない。
こればかりはしょうがないです(涙)

真実のことを言うと、
母が生きているうちは、
再・再手術はもうしたくないです。
母の辛い顔を見るのが辛いから(涙)
母の心配する姿をもう見たくない(涙)
なので。
もしももしももしももしももしももしも、
再・再発となってしまったとしたなら(ヤだけど!)
何年先になってもいいから、
母がこの世にいない世界で、決意し直したいです。
それだけが、今の私の願いです。
(母のさよならもヤですけど!!!)

片側顔面痙攣の症状に悩める皆様。
一緒に頑張りましょう!
私は目一杯涙目ですけど!!!



青空は、のんきに、美しい青空です。
あたしの真に平穏な心で、
いつの日か、
こんな青空を満喫したい。

1年後の再検査は、
こんな感じで過ぎたのでした。

今のあたしに必要なもの、
それは朗らか先生みたいな、
大きな、明るさ!




180522kh.jpg





スポンサーサイト
2018-05-22 : 片側顔面痙攣のこと : コメント : 5 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
再手術無事1年経過おめでとうございます。
わたくしも世界一小心者大会で上位入賞間違いなしなおばさんです。右側手術し症状は軽減しましたが、完治には至っていません。あげく左側の血管も接触してると後から聞きました。ドクターはわかっていたのに、あえて言わなかったのでしょうかね… まだそれほど症状は出ていませんが、たまにピクッ、となると、動悸がしてきて、不安でたまらなくなります。
現状維持なら我慢できそうですが、だんだん進行するんだろうな…なんてことばっかり考えて、毎日気が晴れないですね。同病の方のブログ読めばほとんどみなさん痙攣止まってらっしゃる… 何が違うんだろう…人それぞれだから辛くなるくらいなら、人のブログ読まなきゃいいのにと思ったりもしますが…。
何が言いたいのかわからなくなってきました。ごめんなさい。おばさんの愚痴でした。
1年後も神経と血管離れていること信じましょう。
自分も再手術になったら、泣きながら、おびえながらも立ち向かいます。人生取り戻すために!!
2018-05-24 08:20 : おばさん URL : 編集
Re:一緒に頑張りましょう!
おばさん様、

初めまして☆
術後1年の暖かいお言葉、有難うございます(感涙)
1年過ぎて片側顔面痙攣からは、
完全解放されることを願っておりましたが、
念の為とはゆえ、1年更新と致しました。

ただ、今の幸いを喜びますと、
術後より痙攣は1度も発症していません。
これを心の支えに頑張ります!(←泣きべそ付きですが:泣笑)

おばさん様も右側手術なさったのですね!
手術はいつ頃なさったのか存じませんが、
1、2年かけて痙攣が終息して行く方も多いようです。
おばさん様も、じき完治がおありかもしれません!
希望はどうぞお持ちになって!☆

左側も接触が見られるのですね。
そう聞くと心底、胸がざわめきますよね…
私はその点は医師より聞いておりませんが、
私が質問していないから、かもしれません。
余計な心労をむやみに増やしても、等という
医師側の配慮でもあるかもしれませんよね。

この片側顔面痙攣を発症する患者は、
最近の研究で、脳内のとある部位が狭い(或いは小さい)ことが
分かってきたそうです。
なので、片方がそうならもう片方も…ということは、
現実として残念ながら有るのかもしれませんね…(涙)
ですから、私も他人事とは思えないお話です。

片側顔面痙攣は、自然治癒が無く、症状悪化で
進行するのみ。
これは本当に辛い事実ですよね(涙)

でも、手術でもしかしたら完治するかもしれない。
これも事実です。
だから、私たち患者はそこに希望を寄せるのですよね。
医師にも一層の研究を重ねて頂いて(懇願)
1人でも多くの悩める者を救ってほしいですよね!

しかし、本当。
おばさん様の仰る通り、同病の方々のブログは、
<治りましたあ☆>でそれきり終了されていますよね。
ネット検索しても、もう何年も前のままで、
全く更新されておられず。
きっと、痙攣の不安や心配から完全快方され、
晴れ晴れと暮らしておられるんだろうなあ…
もしかすると片側顔面痙攣だったこと自体、
過去の物どころか覚えておられない感じかもしれませんよね。
ものすごく羨ましいですよね(涙)

> 1年後も神経と血管離れていること信じましょう。

有難うございます!(感動)
私もそう願い、そう信じて頑張ります!☆(感涙)

> 自分も再手術になったら、泣きながら、おびえながらも立ち向かいます。人生取り戻すために!!
医師から聞きましたが、
手術を4度した方がおられるそうです。
ものすごくたくましい精神力の方なのかもしれません。
或いは、すみませんが、
私のように、世界レベル級小心者の
泣きべそ大炸裂のゆえの、4度、なのかもしれませんよね(笑)

こうなればやけくそです!
何年後かにはもっともっと、
物凄く上質な<手術用・糊>が出来ていて、
どうあってももう離れない!!!というブツがある、
というようになっていますように!(祈願)
再度手術になったとき、
どうかそういうブツがありますように!と願ってます!

おばさん様も、気持ちの曇る日が
多くておられることと思います。
私もふとしたときに、片側顔面痙攣のことを思います。
人生、変わっちゃったな。。。
そう、思います(ため息)
でも。
これももうしょうがないのですよね。
誰の物とも交換できない、私の人生です。。。

おばさん様、一緒に頑張りましょう!☆
そこに涙目があっても!
西の小心者横綱、東の小心者横綱で!☆

お立ち寄り下さり有難うございました!
2018-05-24 14:37 : lou.c URL : 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2018-06-06 19:01 : : 編集
Re: 鍵コメント様へ
鍵コメント様

鍵コメントとして先程のコメントとして
ご希望のとおり、
公開しないようにします。
ご安心下さい☆
2018-06-07 21:43 : lou.c URL : 編集
Re: 頑張って下さい☆
鍵コメント様

病院選びは難問ですが、頑張って!☆
鍵コメント様のご納得のゆく、
信頼出来る良い医師に出会えますように!☆
2018-06-15 14:44 : lou.c URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。