乾癬のことについて

母が乾癬になった。

生まれて初めて聞いた病名だった。
それは、母自身もおなじ。

去年くらいからだったか。
母が「頭皮がカユくてカユくてー」と嘆いていた。
もともと、肌の弱い人で、もちろん頭皮も弱い。
どちらかというと、常に乾燥しているせいだと思うけど、
フケ症でよく悩んでいた。
「バリバリ掻いたりしちゃダメだよ」とあたし。

シャンプーするときも、ガシガシ洗わずに。
爪を立てないでそっとよ。
すすぎはよーくして。
リンスやコンディショナーは、しなくていいんじゃない?

ちなみに、
これらは、あたしの友人・美容師氏の言葉群。
ナチュラル指向の人で、自分で石鹸なんかも作っている。
例えばこの美容師氏。
極端なことを言えば、シャンプー無しでの洗髪でも十分、という意見の持主。
お湯で地肌をよく洗う。
それだけで、一般的な汚れなら落ちると。
人工的な強力整髪料だとか、スプレーだとか使っていると、
ちょっとコレだと気持ち悪いだろうけどって。

娘の軽い心配をよそに、
それでも、やや清潔症な母は、
まあねえなどと曖昧な返事をしていた。

そうこうして過ごしているうちに、
なんと、体中に、赤い発疹が出始めた。
痒いという。
そりゃそうだろう!と、はた目にも
簡単に想像できるようなくらい、赤くて痒そうな発疹が、
全身を埋め尽くした。
(顔には出ないでいるけど)

母の、掛かりつけの病院は、町の小さな診療所。
医師は皮膚科の専門医ではない。
なので、最寄のこれまた、町の小さな皮膚科へ行ってみた。
ら。
診察の結果、乾癬だと言われた、という。

その診察結果をもって、
また診療所へ行ったらしい。
「先生は「乾癬!!!!」と言ったキリ絶句していたわ」という。
母、談(苦笑)

そして、医師。
「専門じゃないから、分からないことだらけです。
でも、僕も今後真面目に勉強します」と言ってくれたという。
母はある意味では、悠長な人だから、
この医師の指導でよし、と思っているらしい。
あたしとしては、もっとバリッと完全に、
かつ、信用のおける専門家のいる皮膚科を探せ、と思っているけど、
本人の意志がそれではないから…うーん。。。

診療所の医師に、
「乾癬とは、ずいぶん強力で頑固な病気です。
治るのがなかなか難問です。
だから、長く根気強く治療しないといけない」
そう言われたという。

そもそも、乾癬になる原因が、よく分かっていないらしい。
原因不明的な病気なのだ。

ネット検索魔王になったあたし。
母に少しでも役に立ちたいと思って。
でも。
ちこちこ調べると、情報も少ない。
片側顔面痙攣よりも少ない。
悩ましい。

1000人に1人くらいの割合で発症するとあった。
片側顔面痙攣より多いじゃん!
片側顔面痙攣は1万人に1人位なのに!

まだまだ世の中には、世間に
周知されていない病気や症状っていうものが、
本当にたくさんある。
そういうことを、またあたしは今回、思い、知った。

乾癬になる原因として、上げられているのは
<ストレス>
<食生活の乱れ>
<運動不足>


でもこれらって、何にでも言える原因じゃないの。。。(しーん…)

あたしの人生に影響を及ぼした、片側顔面痙攣の方が、
原因がはっきりしているだけ、イイ。
そう思う。
神経と血管が触れ合って、痙攣として症状が表に出る。
これが片側顔面痙攣の原因。
原因が分かっているから対処も出来る。
原因箇所を離す。
まあ頭蓋骨に穴を開けての大手術しか、
根治治療法は無いけども(涙)
でも、原因と対処法が明確な分、有る意味スッキリしている。
けど、乾癬は全体がぼんやりしてる。
なる原因も不明。
ゆえに根治治療法も現時点では、特になく、
根気強く薬を飲み続けたり、塗り続けたりしないといけないのだ。

それって、精神的に、とても、厳しい。
毎日いつも体のどこかが、痒い。
これ自体すごく厳しい。
発疹も厳しい。
若い人なら特に、男女問わず、発疹があることも、
見た目にもかなり辛いと思う。

食事で、たとえばそうね、
レタスを摂取したらよいだとか、そういうのも無い。
バランスの良い食事って、言われても。。。
ぼんやりしたイメージしか、ふつう、ないと思うけど。
誰もがマクロビ食事ばかり、毎食摂れるわけない。
母なんて、昔の人だから、
本当にヘルシー食なんてのに、意識が薄いし。。。

ストレスをためない。
バランスの良い食事。
適度な運動。


これに足すとしたら、
たぶんこれだわね。

質の良い睡眠。

現代人で、
これらすべてをつぎ込んで生活してる人って、
いったいどれだけいるのかしら。
相当優雅な、セレブリティか
ブルジョワジーでなけりゃ無理だと思うけど(苦笑)


母が乾癬になった原因は、
あたしが思うに<ストレス>だと思う。
ズバリ言ってしまうと、家庭内の金銭問題だと思う。

父(つまり自分の亭主)の実家の遺産相続争い。
お金は雀の涙程も無いのに、何故か争っている。
(本当にお金、無いのになんで???)
わが父は無頓着だから蚊帳の外でいいのに、
バリバリに姉妹の争いに巻き込まれてる。
これも、まず、小心な母には、過度なストレスだったと思われる。

そして、自分自身の実家でも、お金問題。
母の実家はもう、みんな故人になっている。
けど、母のきょうだいの甥・姪達に、
気前よく会社資金繰りの苦難に使って、と
”貸した金”が、一向に戻ってこない。
一銭も。
数年にもなるけど、一銭も。
結構な金額の総額。
悔しいけど、母の甘さだ。
幸いなことがひとつだけある。
父がそれを責めないことだ。
父と母の老後の資金が、ほとんど消えてなくなってしまった。
それを、父が責めないでいることだ。
これは、本当に大きな幸いだと思う。
だけれども、現実は厳しいのだ。
だから、母は乾癬を発症した。
環境の過酷さが発露の先で、そうなったと思う。
(※あたしの友人も、実家の遺産相続争いで、
  かなり過酷なうつ病を発症した。
  知人のお母さんも、強いうつ病になって、辛い日々に。
  お金って、本当に、恐ろしい存在だと思う)

家を出て、あたしはあたしの暮らしをしている。
姉は姉家族の暮らしを持っている。
支えることは、出来ることはするし、したい。
けど、宝くじを当てることなんかで、補填は出来ないし。
母の気持ちのストレスの原因は、
こんな感じで、分かってる。
けど、即効く対処法が、難しい。
だから、あたしとして、今できることは、情報収集。
まず、情報収集して、勉強すること。

何々なになに。
芸能人で、タレント・モデルさんである、
道端アンジェリカさんが乾癬を公表された。
ミュージシャンのヒャダインさんも乾癬だと、
ご自身のブログ記事で、経緯を書かれている。
ブリトニースピアーズさんとか、シンディローパーさんとかもとか。
皆さん、発信力の強い方々!☆
改善された方法等々情報公開していって頂きたいなあ!☆

あたしの勤め先に、
橋本病だという主婦パートさんがいる。
いつもお元気な方だけど、
体調のすぐれないときには、物凄く辛いとおっしゃっている。
ご主人がバセドウ病だという主婦さんもいる。

日々の中では、その方々の持つ症状は分からない。
毎日フツウに暮らしている、と思っているけど、
それは誰しも同じではない。
誰にも公表していない病気や、
誰にも言いたくない症状ってある。
誰もが、健康で素晴らしく健やかに暮らしているとばかり、
思うことはよそう。
片側顔面痙攣を発症して以来、そう思っていたけど、
わが母が、原因不明の乾癬になったということで、
ますます、そう思う。
あたしは、これだけでもちょっと、
まっとうな人になっていっていけたらいいなと、思う。

まずは、情報収集。
そして、学ぶこと。
あたしが片側顔面痙攣を探り当てたとき、
治るかもしれないという、希望の光を得たように、
母にもその光がありますように。
今願うことは、それ。



DSC_4852ok.jpg





スポンサーサイト
2018-04-21 : よしなし雑記 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。