FC2ブログ

片側顔面痙攣でも桜・咲く☆

片側顔面痙攣の憎むべき煩わしい、痙攣症状を
どうにかしてでもやっつけたい!という思いの方がいらして。

小さなご縁を得て、何度かお手紙のやり取りなどを
頂戴して。
同じ、苦しみの症状キャリア同士として、
ときに慰め合ったり、
ときに愚痴をコボし合ったりなどをして、
片側顔面痙攣のことを、お話しして来ています。

そんな中、何人かの方から、
手術に立ち向かって、見事!痙攣から解放された方や、
あるいは、辛く過酷であるけれども、
再手術に挑んで、念願叶って完治!という方がおられ、
ご連絡を下さっています。

それはもう、感動です(涙)
感動以外の何物でもないです(大涙)☆

本当に良かった!☆(感涙)

片側顔面痙攣の症状打破のために、する手術は、
全身麻酔で、頭蓋骨に穴を開けての開頭手術しかありません。
これは本当に決断するには、大きな勇気が必要です。
残念ながら、様々な諸事情によって、
手術に挑んでも完治しないこともあります。
(私はコレでした:慟哭)

それでも。
それでも、手術をすれば、片側顔面痙攣は治るかもしれない。
このことは、本当に大きな希望の光です。
治るかもしれない手段がある。
このことは、本当に生きる希望の灯だと思います。
辛さにふらふらになって、
いつだってよろめいているけれど、
暗い日々に、明るい光がさすかもしれないのです。

その光を掴めた幾人かの方々が、輝いたご連絡を下さいました。
本当に、
本当に良かった!☆(感動)
大手術ですけれど、
勇気をもって挑まれて、素晴らしい結果を得られて、
本当にほんとうーに良かったあ!☆

私も、同じ苦しみの者として、真実、嬉しく思います!☆(涙)

そしてここから。

どうぞ私のことは、この先お忘れになって下さい。
どうぞ遠慮なく、するっとお忘れになって下さい。
それが最高の時の流れだと、思います。

私の、再手術先の主治医が、退院時、
「片側顔面痙攣だったこと、
それ自体、いつかお忘れになりますよ」

そう言って下さいました。
感動で泣きたくなるほど、美しく優しい言葉だと思いました(涙)
そうありたい。
そうなりたい、と、そのとき強く願いました。

私は再手術のより、
幸いなことに、痙攣症状は消えています(感動)
今のところ、痙攣や引きつりはまったく有りません。
あれほど苦しめられたものから逃れ、自由を得ています。
ただし、手術前から説明を受けていた、耳鳴りだけは残っています。
気にしなければ気にならない程度のものですが。

私は、片側顔面痙攣に深く囚われています。
私の人生の中で、ずいぶん大きな存在になっています。
痙攣が消滅した今でも、です。
これはひとえに、
私が<クドい>粘着質性格だからだと思います(苦笑)
異常な<心配性>だからだとも思います。
でも。
少しだけ変わって行っていることがあるとすれば、
先日、思ったのです。
<夕暮れの空を、いつまでも眺めていない>

片側顔面痙攣の痙攣が酷いときは、
なぜだかずっと空を見上げていました。
いつも持ち歩いているデジタルカメラでも、
夕暮れの写真ばかり撮影していました。
これらの写真たちは、悲しみというか、
悲壮感がにじみ出ています。
ただのきれいな空ではないのです。
それはたぶん、私の暗い心が反映して写ってるから。
そう思います。
今でもそのころに撮った空の写真は、
見ると切ない。
ものすごく悲しくて、やり切れないです。
でも、先日、ふっと気付いたのです。
「あたし最近、鬱屈した夕暮れ写真、撮ってないな」と。
純粋に美しいなあと感じた時にだけ、撮っています。
たなびく雲を連れてゆく、飛行機の姿だとか。
夜明けのような日暮れの空だとか。
だから、写真が素直に、美しい。
これがちょっとだけ、変わった、私の変化だと思います。

明るい光を掴まれた皆様。
どうか、私のは忘れて下さい。
お忘れになって、光の中をどんどん行って下さい!☆
朗らかなお気持ちと、
満面の微笑みで、どんどん進んで行って下さい!☆


桜が満開です。
桜・咲く。

皆様、ご無事なご退院、おめでとうございます。
そして何より、
何より
何より、
片側顔面痙攣の消滅、おめでとうございます!☆

桜・咲く☆
未来永劫、どうぞお幸せに☆!
お元気で!!!



私は5月下旬に、術後1年後検診があります。
MRI撮影などする予定です。
再手術からもうじき1年。。。
早いような、でもまだそのくらいなのかあと思うような。
不思議な気持ちで今を過ごしていますー



DSC_4516zq.jpg





スポンサーサイト
2018-03-31 : 片側顔面痙攣のこと : コメント : 3 :
コメントの投稿
非公開コメント

ありがとうございます
貴方様のブログを読んで心助けられ
手術決断して痙攣がとまった者です。
おっしゃられるように痙攣のことを忘れる日が来るのを楽しみに待つことにします。
(今はおっかなびっくり また来たらどうしよう・・)
周りからはしなくてよい手術としかとらえられず
私も恐怖のため悶々としておりました。
勇気と体験談、、、心強かったです。
私は手術決断に至るきっかけは、
「手術恐怖よりもつらいことの方が勝った」からです。
両目を開けて見る景色は何年ぶりでしょうか 
桜が輝いて見えます。
2018-04-01 08:57 : S URL : 編集
Re: こちらこそ有難うございました☆
S様、

お立ち寄り下さり有難うございます。
そして暖かいコメントをお寄せ下さり、有難うございました☆

へっぽこな私でも、
少しだけでもどなたかのお役に立てたのかもなあ、と思うと、
心暖かくなりました。
辛いときにはこのことを思い出して頑張ります!☆
私の方こそ、どうも本当に有難うございました!

そしてどうぞ開かれた両目で、
世界をまたご覧になって。
まずは桜。
このあとは、新緑の頃!
お楽しみ下さい☆
2018-04-01 21:48 : lou.c URL : 編集
Re:鍵コメント様へ
鍵コメント様、

お立ち寄り下さり有難うございます☆
そして、お寄せ下さったコメント拝読いたしました。
改めて当方よりお返事申し上げます。
しばしお待ち下さいませ。
2018-04-11 19:50 : lou.c URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。