FC2ブログ

お受験狂騒曲

勤め先の同僚である、仲良し主婦スタッフさんちの、
お子さんが小学受験をしていた。

そして結果、見事合格!
おめでとうございますーっ!☆やったね☆
相当な難関小学校だったから、
「受かるか分かんないですけどね!」などと、
謙遜されてたけど。
でも、とても教育熱心なスタッフさんだから、
お子さんと一緒に、受験へ向けて日々頑張ってらした。

で。
ここから。
聞いてビックリした。
それは。
合格発表の翌日から、幼稚園で、
ママ友さん達からめちゃめちゃ”素っ気なく”される
と、聞いたこと。

「子供には、合格したことを幼稚園では、
誰にも言っちゃダメだよって、言い聞かせてたんですけどね。
うちの子、おしゃべりだからつい言っちゃったらしくて。
まあもういいんですけどねぇ」 と、同僚主婦スタッフさん。
サバサバした人だから、それほど気にしてなかったのが、
幸いだと思う。
とにかく。
合格したことは、幼稚園の先生と、
親しいお友達だけにそっと伝えたそうだけど、
まだ幼いわが子の口には、戸は立てられなかったらしい(苦笑)
そりゃね<受かった>と、親が大喜びしてるんだもんね。
子供も誇らしいと思ったでしょう。
分かる分かる、だからしょうがないね。

でも、本当に翌日、
園にお迎えへ行ったら、
知り合いのママさん達が、挨拶もソコソコに、ささささーっと、
蜘蛛の子散らすみたいに、いなくなるんだそうだ。
それは、今回、お子さんが同じ小学校を受験して、
縁の無かった子のママさんだけでなく、
お受験しなかった子のママさん達までもが、そうだという。
なんで???
不思議ー
いやあおめでとう~☆の一言くらい、なんで出ないのかしらん???

「すごい人は、
〇〇ちゃんが受かったくらいだったら、
うちの子も受験させとけば良かったって言う人もいますよ!」と、
同僚主婦スタッフさん。
それを聞いてあたしはつい、
「ほえーっ!そんなこと言う人いんの?!」と、
素っ頓狂な声を出しちゃった。
すげえなあ!そんなこと言えるなんて!
いやはやぶったまげたあ!

って。
あたし。
「そんなこと言う人には、
あらあ!ほんとですよ!
受験、受けられてたら良かったのにぃ~
お宅の〇〇ちゃんなら、ぜーっっったいに
△△小学校、受かってましたよぉ!☆
って、言ってやればいいんだよ!」
と、同僚主婦さんに言ったら、大爆笑してくれた。
良かった良かった(笑)

あたしの知人の話で、
きょうだいで受験をして、
上の子は不合格で、下の子が合格したりして、
一時期において、お家の中が、
なかなか繊細な状態になったお宅もあったし、
親戚が同じ学校受験で、
同じく合否で、繊細なことになったり、とかも
聞いたことがある。
いわんや、同級生の子同士が、なんて、ザラ。
<お受験狂騒曲>という感じか。

でもさ、と部外者のあたしは思う。

あたしの、遠戚のとあるきょうだいは、
物凄く頭脳明晰で、それぞれが中学受験を見事合格。
晴れて超・名門進学校に入学したけど、
ひとりは高校で、
ひとりは大学で、ドロップアウトしてしまった。
学校が嫌になったらしかった。
親はショックを受けたし、子供たちも子供たちに苦しんだろうし。
なんとも悲しいことになってしまった。
けど。
もう何年も昔の過去の話になった今では、
それぞれが自分の道を歩み出してる。
たまたま、先日、会う機会があって話たけど、
朗らかになっていた。
学生時代の雰囲気は、正直陰気な感じがして、
暗かった。
なんつーか。
若者らしい若さがちょっと、無かった。
けど、今ではどちらも、その姿が消え、
爽やかな様子で、ふつうの大人になってた。
それがすごくイイ感じだった。
これで良かったんじゃないかなあ、と、思う。
まあねえ。
親御さんの気持ちは、まあねえ、いろいろあるだろうけどモ。
そりゃ、うんと幼いころから英才教育をして、
たんとお金も使っただろうし、
将来のわが子へ描いた夢なんかも、あったろうからねえ。。。
この種類の話は、実は、いくらでも知ってる。
ほんとによくある話なのだわ。

ああ、その逆もある。
あたしの知り合い。
今頃どうしてるのかなあ。
もう何年も会ってない。

凄い大学に現役合格。
親御さんも大歓喜。
そして当然、新卒で一流企業に就職。
親御さんまた歓喜。
で、これからが凄かった。
やっぱりもう少し勉強し直したい、ということで退社。
メチャ賢い大学院へ進学。
以降、すごい大学院へさらに編入。
その卒業後、今度はヨーロッパ圏の名門大学の大学院へ。
その後さらにさらに別の名門大学の院へ…
と、研究に研究に没頭。
最初は進学するたび、喜んでくれてた親が、
海外のその超名門大学の院へ行くというときには、
空港までの見送りすらなく、
帰国後さらにまた別の名門大学へ、という話をした際にいたっては、
両親が「いつまで学べば気が済むんだ」と言ったらしい(苦笑)
世界に名だたるいずれも超・名門校だのに、
もはや親にとってはそれも過分過ぎたという(苦笑)
事実、学歴が凄過ぎて、
その知人は、就職出来てないこの日本の現実。。。
とかね。

”受験”だけが全部じゃないと思うけどね。
いろいろあらあ、が人生の真相なんじゃないかねえ。
まあねえ。
生きてる道が、ふらふらのへろへろなあたしだから、
深いトコは、よく分かんないけどね(苦笑)



DSC_3107za.jpg





スポンサーサイト
2018-01-29 : よしなし雑記 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。