FC2ブログ

<お元気ですか>の話

職場に、他支店に異動になった同僚氏が
ふらりと、先日現れた。

おやあ~めずらしい~
今日はなになに?お休み日~?
<お元気?>
などとヤアヤアな挨拶をした。

同僚氏は「ええまあなんとか~」と笑顔で答えてくれたあと、
「○○さん(←あたしのこと)はお元気ですか」と
聞いてくれたので、
まあ、全体的に体調不良は無いから、
まあ、あたしも、なんとか~と答えた。
すると「僕、実はついこの前まで、入院してたんですよ」と
同僚氏が言ったから、あたしはすごく驚いてしまった。
えーそうだったの!
でも、ぜんぜんそんな風に見えないよ?!
ちっとも痩せてもないし、顔色だって血色良いよ!

「一度めちゃめちゃ痩せて、
また元に戻ったとこなんですヨ(苦笑)」と、同僚氏。

入院した、とか、
病気になったとかいう話のとき、
<何の理由で>は、こちらからは、なかなか聞けない。
込み入った症状だったら、問いだすことは無神経だろうし、
口にしたくも無いかもしれないし。
それにもしも、答えてくれたとしても、
その後のあたしの言葉や態度が、
心を傷つけてしまっては、申し訳ないし。

でも、同僚氏はさらっと、病名を言っていた。
病名というか。
どちらかといえば、症状というか。
病名も、当然正しく、にはあるんだろうけど、
話を聞いていたら、
なんだか「片側顔面痙攣みたいなもんだなあ」と
あたしは、ふと思った。
大腸の一部に、近くの血管がくっついて、
うんぬんとかなんとかだったのだ、と説明してくれた。
だから、病気、というより、なんというか、うーん、
図らずもそういう状態になっちゃって、というか。
だから、退院後の今は、別段投薬も無ければ、
食事制限等もないみたいだった。
だから、やっぱり、片側顔面痙攣に似てるなあ、と。
悪い症状が出た原因とか理由とかが、
はっきりしてる点も含めて。

1ヶ月半入院したという。
長かったね、ご苦労様でした。
大変だったね、頑張られたね!

手術後、とにかく激痩したそうだけど(そりゃそうでしょうとも!涙)
でも、今は元通りの体重と体形になっていた同僚氏。
本当に、手術・入院をしていた、と聞かされてなければ、
何も分からなかった。
ほんとに、無事に回復されて、良かった!

で。
<お元気?>は、ときにドキドキだよね、と。
そんな話を、別の同僚にしたときのこと。
「私も似たよなことあったのよ」と言うので、聞くと。

職場近くの道で、バッタリ、
以前の職場上司に会ったという。
すこぶるお元気そうだったから、
「お元気そうですね」と言ったと言う。
そして、この話には前があって、と。

「3年位前にも、偶然街でその上司に出会ったの。
お久しぶりです、お元気ですか!って、
声をかけたのよ。
そしたら、珍しくその上司がいっぱいおしゃべりをしてくれて。
昔の職場では、こんなに話したことないのになあって、
おしゃべりを聞きながら、ふとそんなことを思ったの。
で、この前よ。
会ったとき、元上司が、
3年前バッタリ会ったとき、ベラベラ長いこと
立ち話をしちゃって、悪かったなあって
ずっと後悔してたのよーって言い出されて」

私そのとき、実は、
癌告知を病院で受けたばかりだったの。
それはもう、ものすごく落ち込んでてねえ。。。
ひとりトボトボ歩いてたのよ。
そのとき、あなたに偶然出会って、
お元気ですかって、声をかけて貰って、
すごく嬉しかったの。
前の職場では、ほとんど話しをしなかったのに、
声をかけて貰って、嬉しかったのよ。
そのときは、癌のことは言えなかったけど、
人と話をするって、
すごく気が紛れるってこと、教えて貰ったわあ。

「今は治療が順調に行ってて、体調も良いんだって。
だから、癌だったって今なら言えるって、言われてた。
良かったー!」と同僚。

<お元気ですか> 
という言葉って、
すごくイージーに日々使ってるけど、
年齢を増すごとに、
ちょっと配慮しながら使うようになったよねえ。
とね。
そんなことを、同僚を話した。
それに、面倒くさいヤツみたいな物いいになるけど、
常に<お元気>でなきゃいかんのか、とね、
思ったりするようになった。
ときどき、社会では残念なことだけど、
<お元気>でないとダメ人間扱いされることってあるし。
今の勤め先でだって、
「○○君はしょっちゅう風邪引くよね!」と、
かなりの怒り&呆れ口調で、言う先輩同僚も結構いる。
これが現実。

久しぶりに会ったりするヒトとか、
バッタリ遭遇したヒトとかには、つい言う言葉だ。
<お元気ですか>
言葉に悪意はぜんぜん無い。
言葉自体にも、悪気はぜんぜん無い。
だから、受け取る側も、適当に返事をする。
「まあまあソコソコですかね~」だとか。
「ぼちぼちってとこですかね~」だとか。
これで、その場の雰囲気で、察するように、すること。

あたしは、片側顔面痙攣になって、手術をして。
無念の再発をして、また再度決意の手術に挑んで。
それから、少し、成長した気がしてる。
<お元気ですか>ひとつにも、
ちょっぴりかもしれないけど、
配慮するように気持ちが出来た。

片側顔面痙攣は、本当に最悪で最低で、
嫌で嫌で酷いものだけど、
少しではあるけれど、
何か大事なことを、学べた気がしてる。




020opp.jpg





スポンサーサイト
2017-11-19 : よしなし雑記 : コメント : 6 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/J4i7FY
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
2017-11-19 16:06 : さくら URL : 編集
Re: ご訪問有難うございました
さくら様、

初めまして。
ご訪問有難うございます。

リンクの件ですが、
大変恐縮なのですが、ご遠慮申し上げます。
自分勝手にひとりでワーワー
書き散らかしているだけのブログなので、すみません。
ご承知頂けますようお願い申し上げます。
2017-11-19 16:31 : lou.c URL : 編集
こんにちは。
以前2回ほどコメントさせて頂いた者です。今回は鍵コメにしていないので名前を変えております 笑。

「お元気ですか」は時にドキドキ…激しく同意しながら拝見致しました。
私の母の体験談ですが、ご近所の方に久しぶりに道でばったり会った際、何気なく「元気~?」と声をかけたところ、「元気じゃないわよ!」と言われたそうです。
なぜそのように激しい言葉が返ってきたのかわかりませんが、何気ない挨拶のつもりが、その時々の相手の状況や心情によって、受け止め方が大きく変わる繊細な言葉なのだと思ったところです。

私も、手術を決意するまでは、知人の何気ない「元気?」という挨拶に「全然元気じゃない!異常事態なんだから!」と心の内で一人逆ギレ状態でした。
もちろん、笑顔(←顔の右半分は歪んでいたでしょうが)で「ぼちぼち~」なんて返事をしていましたが。

片側顔面痙攣は、本当に病気というより症状、という感じなだけに、一人で悩みがちですよね。苦しいのに苦しそうに見えないように必死になるというか。
でも、そんな経験が、「元気?」という何気ない言葉が与える影響にまで思いを馳せる慎重さを与えてくれたと思います。
私はもうすぐ術後2年になります。
時々忘れた頃にピクピクしたりします。
「えっ!」と思って鏡を見ると、実際にピクついている時もあれば、感覚だけで見た目はピクついていない時もあります。
胸を張って「完治した!」とは言えない感じですかねぇ。
主治医が「『術語4年たってようやく完治しました~』と言って外来に来られる方もいます」と言っていました。
術語の経過は個人差があって当然!と思って、ボチボチと付き合っていくしかないと思っています。
顔面痙攣キャリアになる前には持ち合わせていなかった慎重さと共に…
2017-11-20 09:56 : エム URL : 編集
Re: ゆるゆる参りましょう!
エム様、

お立ち寄り下さり有難うございます☆
言葉は本当に繊細なものですよね。
でも大事なツールですしね。
誠意ある態度を持ち合わせて使うようにする、
これしかないよなあ~と思ってます。

片側顔面痙攣の痙攣は、
エム様のように”忘れた頃にピクピク”なら、
私はもうすっぱり<完治>と、
考えられてもよろしいのではないかしら、と思うのですが、
如何でしょう?
だって、片側顔面痙攣症状のド真ん中にあったときならば、
痙攣のことを”忘れる”ことは、ほぼ無理だったと思うからです。
私は、痙攣していない瞬間になると、
「時間よ止まれ!」と、
本当に、無駄な妄想をしながら、涙ぐんだこともありました。
四六時中、毎日の時間のほぼ全てを、
痙攣のことで悩みながら暮らしていましたから。
だから、エム様の現在のように、
忘れていることが出来ている、のなら、
私は完治と、爽快な思いになられて、よいのでは、と思います。

片側顔面痙攣のことは、たぶん、この先も長く
忘れられないことだと思います。
でも、辛い日々を送って来た者同士として、申し上げたい。

ゆるゆる、参りましょう!☆と。
2017-11-20 19:43 : lou.c URL : 編集
ありがとうございます!
そうですね、忘れていられる、それだけでOKとしたいと思います。
術前は寝ても覚めてもピクついていましたから。
lou.cさんのブログは、顔面痙攣に今まさに苦しんでいる、かつて苦しんだ経験がある、両方の方々に力を与えてくれているように感じます。
またお邪魔させて下さい。
2017-11-21 18:58 : エム URL : 編集
Re: 再度ゆるゆる参りましょう~!
エム様、

お立ち寄り下さり有難うございます☆

本当に、ゆるゆる参りましょう~!
どうあっても、
これが私の人生なのです。
エム様の、人生なのです。
完璧なものなど、人生に何もないのだあ!
そう図太く、厚かましく(笑)参りましょう。
ふっと降って来る不安やハラハラにも、
出来るだけのらくら、しながら、
お互い立ち向かいましょうね!☆
2017-11-21 20:30 : lou.c URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。