FC2ブログ

お性根の問題なのかしらん。

夏休みの季節が来た。

思い切って書いちゃうけども。
いづれもアルバイトの女性のことなのだけども。
若いお母さんスタッフのこと。

とある人は「子どもが夏休みなので、休みます」で、
ズバーーーッ!と、連休。〝出社出来ません〟
くわえて、お盆休みの連休に、サマーバケーションの家族旅行にと、
どしどし連休。

とある人は、遠方の両親に子どもの面倒を頼んで、
数日間だけでもと、日程やりくりをして、出社。

とある人は、託児所などにお代金を支払って(!)
せめてと、数日出勤。

会社へ勤める意識というか、考えというか、ありようというか。
でも、最終的には、お性根の問題なのかしらん、この違い。
なんて、ぼんやり思う中。
それを受け入れる側にも、さまざまあって。

「子どもいると仕方ないよね」の、
全面的容認派の子育て経験者。
の、子育て経験者の中でも
「私は何としてでも、都合つけて出勤してたけどね!」の体験者もアリ。
つぶやく意見はいろいろ。
ポイントはそう”個人的につぶやく”。
現代社会における多様性への認識と配慮、の、象徴的具現化(笑)


こんなとき、私は
『地震と独身』 酒井順子著を読んだことを、ときどき思い出す。
東日本大震災で、独身者の人のレポートをした本。

例題。

仙台市・病院職員のA子さん(37歳)
あの大地震のとき、医療機器等の落下や転倒等、大変な揺れに見舞われた。
怪我人や急病人が搬送されるケースは幸い少なかったものの、
余震の中、片付けなどをしなくてはならない。

「でも、子供がいるお母さんなんかは、子供が心配だからと、
早々に帰ってしまった。
その結果『独身の人は残れるよね?』っていう感じになって。
で、私は残らざるを得なくなったんですね。
系列の違う病院に行き、夜通しそこに詰めることになりました」

「結局、普段は仕事の上で頼りにしていた女性上司も、
小さな子供がいるということで翌日から出勤してこなくなって。
独身者だけが出勤していた、という状況でしたね。
子供さんの面倒をみるのも大変だということはよくわかるのですけど、
肝心な時に頼りにならないなぁって、ちょっと嫌な感じになりました」

という状況だというのに、
「休みなく、既婚者の分も働いたのに、お給料は変らない。
結局、私はその後、職場を辞めて転職してしまいました」

”仕事を辞める時、A子さんは女性上司から、
 「頼りにならない上司でごめんね」” と言われたという。

世の中、そこに仕事があると、誰かが仕事をしなくてはならないわけで。
ただ、そのツケみたいなモノが、
独身者にばかりゆく、ということは、案外見落とされている気がする。
(プラス、独身者と似ている扱いには【既婚者子どもなし】人もアリ)

休む側も、休みを受け入れる側も、
とどのつまりは、お性根の問題かしらんと思ったりする。

「いっぱい休んで面目ない」と謙虚に思うお性根と、
「いいよいいよ。また出来るとき頑張って!」と
おおらかに受け止めるお性根と。
そういうお性根の品質の良さが、大事な気がする。

こういうのって”病欠”のときの状況も、ほとんど同じだなと、思う。

病欠ビトは、謙虚に休み、謙虚に出勤し直して、謙虚に勤める。
受け入れビトは、これ、おおらかに受け入れ、
おおらかに「大丈夫?無理しないでね」と励まし、
おおらかに「また一緒に張り切っていこうね!」と声援を送る。

これは、上等の人々の話だ。

お性根に頼る以外にないのか。
いいえある。
社会制度の見直しだー!

子育て中の人々は、のびのび休める環境を。
休める、あるいは、出勤出来るのも、
ひとえに、安全安心な託児所が、うんとあれば、問題解決!
競技場とか、商業施設開発だとかも、まーほどほどにして。

あっ。
高齢化にともない、自宅介護で大変ご苦労をされている方々だって、
社会で働きたいに違いないし、
もっといえば、自由時間だって少しは絶対必要!
だから、こちらも、安全安心な介護施設の充実!

会社へのフォローも大事(ということになるかしらん)
勤め人達が、のびやかに休みを取り、穏やかに暮らすことが出来るように支援。
病欠だって、優しく見守る。
ためには、そういう品の良い会社への援護を、国が。


・・・・・なんて。

考え出すと、汗が出て来た。
今は夏。
どうせかくなら、さわやかな汗、希望。



0720iu.jpg





スポンサーサイト
2015-07-20 : よしなし雑記 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。