FC2ブログ

恐るおそる小さく動く

髪の毛が伸びて来た。

というか。
気持ち、伸ばし気味で、ここ数年、いた。

ホラー映画『リング』の有名人・貞子さん、ほど、
顔はおろか、上半身を覆いつくすまでのロン毛、では
もちろんないけど、でも、
片側顔面痙攣を発症してからというもの、
お得意だったベリーショートヘアは、しないようになった。
なんでかというと答えは簡単。
痙攣を、おおっぴらにしたくなかったから。

顔にかかるかかからないか程度の毛で、
あたしの右側半分の痙攣を誤魔化せるようなほど、
生易しい症状じゃなかったけれど、
それでも、気持ちの問題で。
ぱかーっと、前髪も、耳元の毛も、
清々しくは、切り揃えることが、出来なかった。
勇気がなくなっていた。

頭蓋骨を切って開けたときの、手術痕が
見えようが、それは、あたしはまったく気にならない。
前回の1度目の開頭手術のときは、
割と短い感じのボブヘアだったから、
術後は、かなり、傷口が、見えた。
たぶん、バスなんか乗ってたときには、
後ろの座席の人は、ガン見してたと思う。
「ちょっ!このひと、すっっっごい縫い傷!!!」って。
結構、ドン引きされたと思う。
でも、それでもあたしは気にならなかった。
その傷のおかげで、治ると信じていたあのころ。
ああ遠い昔のようだけど、違うな。
数日前のことみたいに、鮮明に覚えてるな。
遺恨は深く大きく根深いからね。

片側顔面痙攣の、痙攣症状は、
1度目の手術でちっとも治らなかった。

そのあとからが、髪の毛で、なんとなく、
顔を隠すような気持ちが出て来たように思う。

まゆげの上で、前髪を切ることが好みだけど、
片側顔面痙攣の術後の再発後は、
やや長くしていた。
痙攣のせいで、まゆげの位置がずれていたから。
こればかりは、メイクでどれだけ手入れをしても、無理だった。
まぶたが揺れたり、ぎゅうぎゅう閉じたりしているうち、
右側のまゆげが、上がり気味になった。
表情筋も歪んでいたんだと思う。
だから、そんなの、メイクでどうにも出来なかった。

2度目の、再手術後は、まゆげの位置は同じくらいに戻った。
顔面運動のリハビリはしてない。
ただ、術後、顔面麻痺が出てしまったから、
筋肉を固まらせないために、
ソフトタッチでの、マッサージは、したけど。

2度目の再手術をして、あと数日で3ヶ月になる。
痙攣は、今のところ、手術以後、止まっている。
耳鳴りは戻っても、痙攣は消えてる。

この事実と、
この現実を、
少しずつ、恐る恐る受け入れている。
大丈夫だよね。
大丈夫なんだよね、と。
こわごわ。
へっぴり腰に、受け入れている。
信じていいよね。
お願いします。
どうかどうか、ずっとこのまま痙攣よ、消滅していて!
と、どこかに懇願する思いで。
頼みます。
信じる。
信じよう。
信じてみる。


伸びて来た髪の毛を、
うしろでひとつに、まとめてみた。

両耳に毛をかけた。
後れ毛がまだまだたくさん出る。
けど、両耳に毛をかけて、ひとまとめにした。

顔が、丸出しになる。
鏡を見ながら、
妙に、自分の顔に、どきどきした。
シワも増えた。
シミだって増えてる。
けど、それがいったいなんだというの。

痙攣が止まっている。
今のところ。
術後3ヶ月。
消滅している。

顔面を出すことが、こんなに勇気がいるなんて、と思う。
思いつつ、
思いつつ、
やっぱいるんだよこれが、とも思う。
自分自身、うろうろする気持ちに、失笑しながら、
髪の毛を束ねている。
ぱぱっと、する行動。
これが、じっくり、鏡を見ながら、
ゴムの色や、ヘアアクセサリを考えながら、
髪の毛をおしゃれに整える日が、来ると思う。
あたしにも、戻って来ると思う。
そう、信じてる!

恐る恐る、今、こんなふうに、
小さなアクションを起こし始めたあたしがいる。
少しようやく、前向きになって来た気がする。
ようやく。




005vq.jpg





スポンサーサイト
2017-08-17 : 片側顔面痙攣のこと : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
以前メールでたくさんの事を教えていただきました。
メールアドレスがcoffeeではじまるtomoです。
来週、以前手術してもらった病院に行って、
再手術のための書類を出してもらうための診察に行きます。
(書類が必要なだけなのに)

まだわかりませんがlou.cさんからのメールにもあったF先生(か弟子の先生)にお願いするつもりです。
背中を押してもらったおかげで、やっと一歩を踏み出す事が出来ました。
まだ再手術出来るのかどうかも、F先生にお願い出来るのかどうかも全くわかりませんが、
とりあえずお礼を言いたくて。
背中を押していただき、ありがとうございました。lou.cさんに続いて手術成功させます!


2017-08-24 23:13 : tomo URL : 編集
Re: 遠くから応援しています!☆
tomo様、

お立ち寄り下さり、有難うございます。

再手術の決心で、行動なさるのですね。
tomo様の願いがすべて叶いますように!
遠くから声援をうんとうんと送ります!

ゴッドハンドと呼ばれるドクターでも、
完全完治出来ないこともあるようです。
それでも、自ら行動に出なければ、ずっと今のまま。
どういう道を選択するかも、自分の意志。
それは本当に勇気が要ることですよね。
恐怖もいっぱい。
でも、それでも!という。
それでも2度目の挑戦をしてでも、
この痙攣と決別した人生を歩みたい!という、
その願望は、本当に切実です。
治らないかもしれない…
でも、今度こそ治るかもしれない!!!
この、選択出来るということこそ、希望だと思います。

どうかどうか、頑張って下さい!
立ち向かう勇気は尋常のものではないです。
けど、決意なさったからには、どうか
なにくそ!と奮闘なさって下さい!

私も、今、再手術をよくまあ決意してやったなあ、と
自分自身で感心したりすることがあります。
あの手術。
あの苦しみ。
あの手術後のつらさ。
思い出すだけで脂汗が滲みます。
思い出すだけで、本当に、じんわり泣けて来ます。
すべてが苦しく、過酷なことばかりですから。
でも、それでも、
そうだと分かった上でも、立ち向かった。
「この痙攣を止めてほしいのだ!」と
心底切望した自分がいました。
tomo様も、きっと同じお気持ちだろうと思います。
もう、本当に、家族や友人等とかの
誰よりもtomo様のお気持ちに、
私は沿える!と確信しています!
これが、いつかの日に、
tomo様と笑い話に出来ますように。
この今の真剣な過酷さを思い出にかえられますように。

どうか頑張って下さい!
本当に、本当に応援しています!
すべてがより良きことになりますことを☆!
2017-08-25 00:28 : lou.c URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。