一時帰宅しました☆

本日<退院前試験外泊>の許可が
医師より出て、1泊自宅へ戻ることが出来た。

入院先の病院を、
転がるように外へ飛び出して、戻った。

かなり早い午前中。
電車に揺られ、人で混雑している中を歩きながら、
頭蓋骨に2度目の大きな穴を開けて、
しかも、まだ抜糸も済んでおらず、ドデか術痕を持って、
今、ここにいるのは、
たぶん、あたしだけだろうなあ。
そんなことを、思いながら、数日振りに見る
<ふつうの街の中>をつくづく、眺めた。

そう。
まだ抜糸が、処置されていない。
再手術ということで、医師がちょっとソコは慎重に、
傷の縫合は様子を見ます、とのことだった。
前回の手術より、若干大きな穴を開けたと、聞いた。
小さなチタンクリップも、頭蓋骨に埋まった。
でも、こうして、街を抜けて、今、自宅に戻っている。

今はひとまず、このことを、安堵しているところ。




ご声援下さった皆様。

晴れて完全退院のあかつきには、
へっぽこブログですけれど、速攻再開するつもりです。

このあたしの身に生じた〝片側顔面痙攣〟
今回の再手術のこと。
そして、今回、あたし個人的な症例としての見解だけれども、
いろいろ学んだこと、知ったこと、理解したこと等、
あれこれ書き散らかそうと思っています。
ご興味のお有りな方、
そして何より、このにっくき(苦笑)〝片側顔面痙攣〟で、
現在煩わしいお気持ちをお持ちの方に、
小さいけれども<何か>を
お伝え出来れば、と。


暖かいご声援をお寄せ下さった皆々様。
ひとまず一時帰宅しております。
本当にどうも有難うございました(感涙)

まだ入院患者なので(苦笑)
日を改めて、御礼申し上げます。
ひとまずこれにて。
でも、誠心誠意の心は込めて☆

有難うございました!




011p.jpg





スポンサーサイト
2017-05-28 : 片側顔面痙攣のこと : コメント : 4 :
コメントの投稿
非公開コメント

Re: 鍵コメント様へ
鍵コメント様、

暖かいご声援をお寄せ下さり、有難うございます!

医師より術後、頭蓋骨のMRI画像等見せて貰いながらの
説明を受けているとき
「あれはいったい何かしら?」と不思議に思うモノでした。
チタンクリップで固定しています、と言われ、
正直、少々ゲゲゲッ!マジっすか、でしたが。
これも1度目の手術だったら必要なかったのね、と思うと
またずんずん悔しさというか呪詛の気持ちがムクムクと(苦笑)

勤め先は長期休暇を取得しているので、
今回安心してゆっくり静養しようと、思います。

ご声援本当に感謝致します!
2017-06-01 18:27 : lou.c URL : 編集
Re: 鍵コメント様へ
鍵コメント様へ、

暖かいご声援を本当にどうも有り難うございました!

私の個人的体験と見解と感想ではありますが、
私の身に起きた真実なので、そのとおりに文字にします。
何か鍵コメント様にお役に立てれば幸いです。

医師も少しゆっくりして下さいと言って下さっていたし、
勤め先も休暇願いを出していますので、
無理せず過ごしたいと思っています。

本当にどうも有り難うございました!
2017-06-01 18:30 : lou.c URL : 編集
Re:鍵コメント様へ、
鍵コメント様へ、

暖かいご声援をお寄せ下さり、有難うございます!

地の底を這うような悲しい思いや、辛い気持ちを持って
この9年間過ごしたような気がします。
特に、重篤な再発を実感してから、
再手術を決意してその、手術の前日まで(←しつこい:苦笑)
苦しかったです。
この先も”逃げ切った”と断言でき切れないことが、
一度発症した何かの症状を持つものの、
永遠の感情の課題だと思います。
でも、その苦しみの中にも何かを得ることが出来れば、
私の人生にも、それなりに価値があるような気がしています(←負け惜しみ:苦笑)

どんどんアレコレ文字にしようと思っています。
またどうぞお立ち寄り下さい。

本当に、ご声援をどうも有り難うございました!
2017-06-01 18:38 : lou.c URL : 編集
Re:お名前無記名様へ、
お名前無記名様、

はじめまして。

同じこの症状でお悩みとのこと。
本当に辛い毎日ですよね。分かります。分かります。
私も日々、風邪でも無いのにマスクをしたり、
派手な眼鏡で誤魔化したり。
伏目勝ちな生活になりますよね。

私は個人的な考えでしたが、
投薬もボトックスも、一時だけの処置なので
最初から開頭手術を希望しました。
ただし、その病院選びが大失敗でしたけど!(涙)

>東京でもどこでも全体失敗しない病院で手術したい、
 いい病院がありましたらお聞きしたい、どちらの病院なのか?

私の個人的な体験なので、インターネットのような
おおやけな場所に、私の向かった先の病院名を明記することは、
申し訳ありませんが、差し控えたいと思います。
個人的にご連絡頂いたら、お答えするようにします。
どうぞご了承下さい。

まずは、ネット検索を十分されることをお勧め致します。
どちらにお住まいか存じませんが、
東京まで行かれるお気持ちがお有りなのでしたら、
病院選びの選択肢は、物凄く大きく広がると思います。
全国でもこの症状の手術に強い病院は、ネットに沢山載っています。
中には、スーパードクターもいらしたりするようで。

きちんとした病院のホームページには、
数年程度の手術実績も開示されていますし、目安になります。
また、手術の方法やリスクについてなどもきっちり書かれています。
これも病院選びの大きな目安になります。

そして、私が大事だとさらに思うことには、
実際その病院へ出向き、受診すること。
医師に直接会い、不安なことや分からないことなど聞くことです。
医師との意思疎通は、手術を受けるに当たり、重要だと思うからです。
ご自身こそが、この病院を選んで良かった。
この医師に出会えて良かった、と思うことこそ、大事だからです。

情報収集は、し過ぎて困ることはありません。
医師に会ったとき、質問することに多過ぎることもありません。
患者側が知ること、知っておくべきことは沢山あると思います。


>私は一人暮らしです。一人で入院,手術,退院できるでしょうか?

こちらについて、すみませんが、私には分かりかねます。
あなた様の気になる病院へ直接お尋ね下さい。

諸々どうぞご理解下さいますようお願い申し上げます。
2017-06-02 17:26 : lou.c URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。