FC2ブログ

症状キャリアの揺れる心。

先月。
A病院で初受診をしたときに、
診察中の話の流れで、
「なぜ片側顔面痙攣の、痙攣は起こるのか」を
改めて聞いてみた。

痙攣が起きる<仕組み>は、まあいろいろ
今まで診察を受けた医師等から、
同じ説明を聞いているから、まあ、分かってる。
でも。
痙攣が起きる<原因>は、あんまりよく分からん。

初受診のツッコミどころの重要は、
ソコではなかったから、
聞いても、聞く感じ自体も、ぼわっとしてたけど、
とにかく<原因>を聞いてみた。

ら。
その医師は
「自律神経と関係していると思います」と言っていた。
なるほど。
そうか、と。
そうなると、本当にもう、自分自身でも
どうにも出来ない、ますますの奥地の範囲ですわよね、と思った。

自宅で、ひとり。
食後のどっさりある、食器を洗っているとき。
まーったく、痙攣が出ない時間があった。
痙攣の揺れが無いもんだから、
両目でしっかり物を捕らえられてる。
視界もスキッとクリア。
耳鳴りも低く。
とまあ、とにかく「ふつうのひと」になった。

こういう時間が、日の中で、まれに、ある。

食器洗いの最中は、自律神経も安定するのか?
わからん。
何も考えていないこと、が安定の第一だとしたら、
そりゃ難問。
だって、愛犬と一緒にふたりで寝転がって、
ぐでぐでしながら、うたたねに入らんとす。
のような、この世の至福の瞬間でも、ビィンビン。
痙攣が起きたりする。

くだらない、けど、大爆笑な愉快を与えてくれる
テレビのお笑い番組を観ながら、
ガハガハお腹の底から大笑いしてる。
頭の中、カラッポのはずの、
楽しいときでも、ギュウギュウ。
右目が閉じ気味になったりする。

ほんとに、不思議なもんだと思う。
この片側顔面痙攣っていうものは。

痛くもなんとも無い。
頭痛なんかも無い。
めまいだって勿論無し。
何も、何も何も無い。
ただあるのは、ひたすら、痙攣だけ。
だからいってしまえば、病気ではない。
<症状>
でも”健常”ではない。
でも、やっぱり病気ではない。
だから。
医師側からは、手術は勧められない。

かつての初回。
開頭手術を執刀して貰った医者からも、
「患者さんからの強い要望があればする手術です」
みたいなことを言っていた。
先日訪問したB病院の医師も、そう。
「命に関わるものではないので、
患者さんのご希望があればする手術です」
A病院の医師も、同じだった。
「命に別状はまったくないものなので、
早急に手術せねば、というものではないので」


1度目の手術さえ、成功していれば。

なんてね。
どうでもいいことを思ったりする。
無意味なんだけど。

でももっと言えば、
1度目の手術で、大成功でなかったとしても、
もう少し痙攣が日常、治まっている時間が長ければ。
とかね。
無駄な考えなんだけど。
でもでもでも。
痙攣する時間が短く、
痙攣していない時間が長ければ、
再手術まではしないと思う。
まあねえ、しょうがない。
これでもまあよしとするか。
そう思ったと思う。
もっと言えば。
前にも愚痴文字にしたけど、
季節次第で、とかね。
「寒い冬の時期は、痙攣出やすいんだよねえ。
気候が暖かくなって来たら、治まるんだけどね~」
だったらいいのに。
なんてね。
ときどき、ふんわり妄想する。
だったらいいのになあ。。。

と、思いながら、右目がぎゅーっと痙攣する。
もう!
なんなのバカもん、バカ痙攣!(失笑)

病気、じゃないけど<症状>キャリアの
心は、いつも揺れてる。
この程度でなら再手術まではしないか。
いやいやいやいやいや。
する。
するさ。

あたしの気持ちにはまったく無関心で、
無関係な様子で、
痙攣は、断続的に続く。

まったくもう!!!




019p.jpg





スポンサーサイト
2017-04-05 : 片側顔面痙攣のこと : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

またお邪魔します
最近、お風呂につかってのんび~りして目を閉じると、ぎゅーっと痛いくらいに目がひきつられるのです。何で?何で?緊張も興奮もしてないのに… まして家人、誰もこの状態見てないから、私の苦しみわかってない…悲しいな。。
2017-04-06 19:59 : URL : 編集
Re: お名前なし様へ
お名前なし様へ、

痙攣の苦しみ・辛さは、体験者しか分からないですよね。
本当に鬱々しますし、凹みもしますし、
なんだバカヤロー!みたいな、自暴自棄にもなります(苦笑)
でも、なんとかかんとかやり過ごして。
心穏やかに暮らしてゆきたいものですよね。

お互いがんばりましょう!(涙)
2017-04-06 23:49 : lou.c URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。