気持ちだけ半歩前へ。

ぶるぶると震え、
ぎゅうぎゅうと閉じ気味になる右目でもって、
自転車で走る。
右側の顔半分が、引き攣れて持ち上がる。

こんなのと、おさらばしたい。
こんな表情になってる自分と、おさらばしたい。

まだ何も決めてないけど、
再手術の決意までは、まだ確定し切っていないけど、
でも、気持ちだけ半歩前へ、歩いてってる。

あたし自身のことだけど、
あたしがそれを、追いかけてく。

「このままでいいの?」
いや。
イヤだと思ってる。

「このままずっと一生これでいくの?」
いやだから。
イヤだと思ってるんだってば。

来週中に、次回の受診予約をしている
A病院へゆく。

こちらで、今度、再手術を願う希望を
申し出るつもり。

再手術の、手術そのものの辛さの恐怖と、
再手術をしても、またもやの、
治らなかったときを想像する恐怖と、
諸々の諸事情への、意味の無い不安とが、
大きな1歩をずんずん踏み出しながら、動き回っている。

その、大きな1歩を、
半歩だけ、前へ。
半歩だけ、前へ、それらを凌駕する
「もうこの痙攣とおさらばしたいのだ!」という思いが、出て来てる。

半歩がもう半歩増えて、
もう半歩がまたもう半歩増えてって、になるといい。
恐怖を凌駕するものは、
それがたとえ<やけくそ>であってもかまわない。
そう思えるようになりたい。

自転車に乗りながら、
バーッと走りながら、
そんなことを思ってる。




007ts.jpg





スポンサーサイト
2017-04-01 : 片側顔面痙攣のこと : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。