FC2ブログ

ニッポンの未来は。

米国の新大統領がどうこうと。
昨今日々報道でも加熱してるけど、
あたしが思うところは、もっと手前のニッポンの未来のことだ。

よく買いに寄る、とあるパン屋さんでのこと。

ドイツパンが大好物のあたしは、
その店で頻繁に、ライ麦パンと、
<キャラウェイシード>入りライ麦パンを買っている。
で。
先日のこと。
<キャラウェイシード>入りライ麦パンを買って帰った。
自分好みの厚さにスライスをしているとき、1枚。
生のまんまで、つまみ食いをした。
ら。
ら。
あれれれっ???
味が違う???

何だか、味わいが、すごくスパイシー。
インド料理の付け合せで出て来るみたいな、パンの味。

「これ。
<キャラウェイシード>じゃなくて、まるで”クミンシード”の味」

パンには確かに、何らかのシードが混ざってる。
でも、味があきらかに、違う。
うーん。。。。。。
キャラウェイシードの種類が変更されたのかなあ。。。
でも、それでもこんなにも”クミンシード”みたいになるのかなあ。。。
うーんうーん。。。。。

で、決意。
「これ、明日パン屋さんに持ってって、聞いてみよう」
もしも。
もしも今後<キャラウェイシード>入りライ麦パンの味わいが、
こちらに変更されるんだったら、もう買わない。よす。
好みの味じゃないもん。
でも、これがもし、変更なのではなく、
シードの入れ間違いだったとしたら?
あたしの味覚が間違っているのかもしれない。
でも本当に、ぜんぜん違うと思うから。
お気に入りのパン屋さんだからこそ、
思い切って正直に、感想を言ってみて、事実を聞いてみたい。

で、翌日行って、スタッフさんに話をしてみた。
商品であるそのパンを出して、説明したところ、
何人かその場にいたスタッフさんたちも、瞬時に言ってくれた。
「あっ!!!本当だ!香りからして違います!」
「ぜんぜん違う。キャラウェイじゃないですよね?!
なんていうか、インド料理っぽい香辛料の香りですよね!」

やーよかったあ!!!通じたあー!(ホッ)
やっぱり?!
違いますよね?!と、あたしも違う意味で、安堵した。

店の責任者さんが説明してくれて、
この店舗ではパンの種は製造しておらず、
本社から当日朝に配送されて来るものを、現場で焼いている。
商品として、スパイスを入れているものは、
この1品しかない。
だから、どうしてこんな風に香りが違うのか、ここでは分からない。
ついては、明日改めて本社の製造責任者から
詳細を聞いて、直接ご連絡させて頂きます。
と。
こんな話になって、ああ良かった、と。
あたしは味わいの違った、事実が知りたかっただけで、
苦情を言いたかったのではないから。
本来ならばこの店舗スタッフたちが、
香りが違うと、気づくべきところを、
申し訳なかったと、お詫びも言ってくれたし。
あたしの気持ちは、本当に、ホッとしていた。

で、翌日のこと。

電話はきちんとかかって来た。
でも。
でもだ。
ここからが、ニッポンの未来を憂いた。

製造現場責任者と名乗る男性から受けた説明が、
うーん、それってどうなのかなあ、だったのだ。

「お客様からのご指摘通り、
パンの種には本来入れるべき<キャラウェイシード>ではなく、
”クミンシード”を入れていました」

「あ、そうですかやっぱり!
形状はそっくりですけど、味わいはまったく違いますもんねー」とあたし。
すると担当責任者さん。

「入れた者は、まだ入社したばかりの新人でして。
あれはあれなりに、頑張っての結果がこれでして。
朝の納品までの時間が短かったので、
何とか納期に間に合わせようと、
頑張った結果がこれでしたので」

・・・。
えーっと。
えーっとですねえ。
うーん。
うーん。。。
責任者の人から出る第一声がこれかあ。。。
そう思った。

種に混入させたのは、新人だった。
納品までに急いでせねばと、新人なりに考えて、
結果違うものを混入させてしまった。
頑張った結果なのだと。

うーん。
反省すべきところって、そういう風に変わるのかあ。

であたしはつい言っちゃった。

「それってね。
思い切って言わせて頂きますけども、
そういうおっしゃり方って、どうかと思いますが」と。

食べるものを製造販売しているという、
重大な責任感が希薄に感じます、と。
今回、たまたま混入したものが同じ”食品”であったけれども、
もしも違う物を混入してしまっていたら、どうなんですか。
納期に間に合わせようと、
新人なりに努力した結果、
たまたま異物混入になってしまいましたっておっしゃるの?
そもそも<キャラウェイシード>と”クミンシード”って、
まったくの別物ですよね。
どちらも安全な【食品】だと、今回分かっているから
こういう話で済んでますけど、
まったく別の品物を投入する現場を、
新人さん以外の誰もチェックなさっていないのですか?

「忙しくてダブルチェックを、今回はしていませんでした…」と責任者さん。
ふだんは投入する際、品物確認をダブルチェックしていたとのこと。
そこんとこ、徹底するべきでしょう。
だって、食品ですよ。
ひとが食べるものですよ、と。

さらには
「いえそもそも、シードが納品されたものが、
納品先の会社の、あちら側の手違いで、違っていたのです」
と言われたので、ますます。
<キャラウェイシード>の納品ではなく、
”クミンシード”の納品だったから、
新人が慌てて入れてしまっても「仕方がなかったのですが」と。

責任者さんは、電話口で、
責任者さんなりに誠心誠意で、お話してくれたと思う。
あたしも、店のパン自体は好みだから、
また買い求めにゆく。
応援してます。マジで。
ドイツパンの美味しいとこって、あんまりないもん。
でも。
でもね。
間違った品物を混入していて、
新人だったから、とか、頑張った結果がこれになってしまった、とか。
なんかね。
もうちょっと、骨太の責任の所在の説明が、欲しかったなあと。
政治家とかの、曖昧な説明というか。
とんちんかんな答弁みたいな感じがしたなあ。

新しい人々を導く人たちって、もうちょっと。
もうちょっと、ガチーッとさ。
ガチーッと「おおお~さすが先達!」というか。
そういうの、ある方がいいと思う。

ニッポンの未来は、
外国の党首だか大統領だかの存在よりも、
もっと近いとこから、憂いが出てる気がする。




002po.jpg





スポンサーサイト
2017-02-03 : よしなし雑記 : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

Re: 鍵コメント様へ
鍵コメント様へ、

お立ち寄り下さりありがとうございます☆

何と言いますか。
部下を無意味に叱責するばかりの上司も呆れますが、
(私の直属の上司はかなりこのタイプで、うんざりです:苦笑)
部下を珍妙な形で保護しようとする上司も、呆れます。
責任の所在は、じゃあどこに?
いづれにしても、そう思わせられる上司は、
本当に煩わしいですよね。
指導すべき所は、きちんと導きがあって。
修正させるべき所は、誠心誠意
生きる先輩として、手直しを施してくれる。
社会を、知らしめてくれる上司。
そういう人なら、感謝こそすれ、という気持ちになります。
注意や忠告に、感謝こそすれ、悪態なんて吐きません。
どこかにいませんかね、そんな立派な上司(苦笑)
そういう人がいるんだったら、
今の仕事を後先考えず退社して、
即刻、恐れることなく面接応募したいです(苦笑)
いくつになっても、学ぶという謙虚な気持ちは、
ちょっと、大切にしたいですよね。
欲しいもの、人格者的な指導者上司と、
片側顔面痙攣の消滅(熱望!)な私です(苦笑)

くだらんことをいっぱい書き散らかしておりますが、
またお気が向かれましたら、お立ち寄り下さい☆
2017-02-04 22:14 : lou.c URL : 編集
Re: 鍵コメント様へ
鍵コメント様へ、

お立ち寄り下さり、ありがとうございます☆

自分の勝手に思っていることだけを、
だーだー書いてます。
自分の思い込みと、偏見に満ちみちておりますが、
そーっと見逃して下さい(苦笑)
またお気が向かれましたら、お立ち寄り下さい~
2017-02-05 13:26 : lou.c URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。