FC2ブログ

手術結果の落としどころ

脚の血管手術をした、義兄に会った。

その後術後経過はどう?
そう義兄に聞くと「まあまあかな」との返事。

長時間歩くと、
ふくらはぎが軽い筋肉痛みたいになる、と。
だるい感じもある、とも言った。
だから、経過は「まあまあかな」だと。

あたしは、少しだけ、がっかりした。
寂しい気にもなった。
どんな手術であれ、
スカッと治った☆
これが最高のことだし、最高の言葉だからね。
義兄のくちから、それが聞きたかった。
これがあたしの本音だし、また、
手術としてそうあって欲しいという、願望。

でも。
でも義兄は続けてこう、言った。
「だけど、手術には満足してるよ」と。

手術して満足してるよ。
もう、メス入れても完全には戻れないんだと思う。
それはもうしょうがないんだと思う。
だるいのはあるけど、痛くないから。
前までは歩くと激痛だった。
それが無くなっただけで、もう満足。

「手術して良かったと思ってる」

義兄は、そう笑顔で言った。
あたしは、それを聞けて嬉しかった。
心底、良かったなあと、思った。
と同時に、改めて痛感した。
〝どこまでを治ったと思うのか〟
もっと深く言うなら、
〝どこまでいけば治ったと納得するのか〟
こればかりは、もう、個人の思う次第なんだと思う。
改めてそう、思った。

義兄は、術後経過中の今、
脚に生じている違和感を、不幸だと思っていない。
手術の失敗だとも。
しれっと「もうしょうがないんだろうなあと思う」と。
大事故に巻き込まれる前の、
完全な自然に血流の流れる血管の、脚、では無くなった。
大事故がすべての原因。
それに遭遇したのは、義兄の運命かもしれない。
言い出したらキリがない。
どうあっても自分では回避出来ないものってある。
それが、義兄の場合、
かつて巻き込まれた大事故であり、
今した手術の完治具合だと思う。
ただ、
ただただ、良かったなあと思うことは、
手術結果のこれについて、
ただただ、義兄が「満足してるよ」と言ったこと。
義兄のこののんきな大らかさは、宝物だと思う。

あたしは2度、開頭手術をした。
片側顔面痙攣を発症して、2度、手術をした。

1度目のときは、手術が待ち遠しかった。
これで完全に治るんだ!
これで痙攣から解放して貰うんだ!☆と、
喜びの希望だけしかなかった。
それが、まさかの大失敗の施術方法により、
まさかの大失敗に終わって、
まさかのたちまちな痙攣再発になった(悔涙)
すべてあたしの医師選びの失敗だった。
その後は、いろんな後悔が、あたしを苦しめた。

そこから地味に斜め前向きで、気持ちを起き上がらせて、
2度目の再手術へ挑むことを決意した。
今度こそ!と、
物凄い強いエナジーをもって、医師を選び、臨んだ。
だから、今回の手術については、
後悔が無い。
なぜなら、心底自分で考え、悩み、選んだ病院だったから。
吐くほど悩んだ。
眠れない夜をたまに過ごした。
(↑あたしは爆睡大魔王なので、こういうことは滅多にない:苦笑)
だから今のあたしに、後悔は無い。
こう言える自分に、良かったねえお前、と言ってやりたい。

あたしの現在の術後の経過は、
おかげさまでと、医師に感謝したい。
おかげさまで、
痙攣は今のところ引き続き消滅している。

ときどき「ピクピクッ」と電流が走るようなことがあって、
心臓がバクバクするけど、
以前のような強い痙攣と引きつりとは違う。
誰もが一般的に体験する、眼精疲労的な痙攣の感じ?
パソコンを長時間見続けてピクピクッとか、
睡眠不足の疲労から来るピクピクッとか?
そんな感じがしてる。
(片側顔面痙攣を発症とは違う!と強く念じてる!)

不安な感情は、この先もずぅっと続くと思う。
少しでもピクピクッと来たら、ドッキーン!(心臓バクバク!)
小心者世界一決定戦とかもしあれば、
日本選抜一で、たぶん、出場できると思うし、
間違いなくあたしは相当上位に食い込むと思う。
でも。
これがあたし。
これが、あたしの人生なんだろうと、思う。
手術結果の落としどころは、執刀医師には関係ない。
あたしの問題だ。
あたしの気持ちの問題だ。

義兄のように手術結果に「満足してるよ」と、
穏やかに言う人間は、
本当に素直に、いいと思う。
あたしも、2度の手術をした今回で、
ほんの少しだけ、そういう<いい>を
ほんの少しだけ、手にしたかもしれない、気がする。

自分の選択は、自分の満足につなげたい。
まだそういう感情に馴染んでない性格だから(苦笑)
もうチョイ、時間が必要だけどね。

光を見ていたい。
自分のダークサイドばかりでなくね。



DSC_3643zq.jpg





スポンサーサイト
2018-02-19 : 片側顔面痙攣のこと : コメント : 0 :

人間関係の機微

勤め先の直属上司と、本当に折り合いが悪くて悪くて悪くて。
あたしはずっと地味に、あたしなりに苦しみつつ勤めていた。
けど。

けどもう我慢ならーんッ!(怒)

と。
辛抱にも限界、程がある!と、
その上司に、猛烈なる抗議と烈火の言論をブチかまし、
退社したってああもはやいいさ!と、そのまま直行!
支店長にも直訴&陳情。
勤め部署の配置換えを願い出た。

直属上司も、あたしとはもう仕事が出来ないという陳情を
もちろん支店長に言い、
そしてお互いに「一緒に働くのは無理」と訴えた。

結果、支店長の配慮を頂き、
数日後、速やかなる配置換えの決定を得た。
長い道のりだった…☆(感涙)

思い起こせば、ここへ転職をして来て現在5年。
入社当時から、その上司とは関係が難しかった。

大・大・大古株のその上司は、
社内全員が認識する、圧倒的なる気分屋で、
おまけに無暗に口調が荒く、かつ、無意味な、
異常なまでの高圧的態度で恐れられてる。
その下で、5年。
配属先がその上司のもとになったら、
途端、程なくじゃんじゃん退社している中で、
あたしはもう本当によく粘ったと思う。

ええもう自画自賛する。
あたしは十分よくやった。

社内でも、あたしの勤務は評判で(←マジ)
多くのスタッフが応援&声援をしてくれていた。
支店長もそれを分かってくれてる、とも言われ続けて来てた。
だから、配置換えをあたしが願い出たと告白したとき、
誰からも異論は出なかった。

ただひとりをのぞいては。

細かいことを言い出すとキリがないけど、
昨今のわが日本国の経済状況が上向き・報道、
あれって一体どっかの業種に限ってる???と思うくらい、
あたしの勤め先は、あれこれ経営危機の、大ピンチ。

ここ数年来、人員削減を激しく展開。
少ない人員の中で職務を回して来てたけど、
社内全体の見直し、になって、
あたし以外の配置換えも、幾人か、出ることになった。
これはほんとに偶然。
会社自体が、今後の方向性模索を含め、
”潮目”になってた時期だったのだ。

で。
あたし。

正直、今度の部署も小古株(苦笑)がバーン!といるから、
大ハッピーとは言えない(泣笑)
けどもう今の上司のもとから離れるならもう、
それだけで幸福と思わねば!と、
小さく安堵していると、同・部署の主婦パートさんにもメール。
とても仲良くしてくれているパートさんで、
あたしの今回の配置換えも、
「ご一緒してた部署から離れられちゃうのは寂しくなるけど、
でも希望が叶って良かったですね☆」なんて。
思いやりのメールをくれていた。

でもそれが一変しちゃった。
一変しちゃったんである。
ただひとりをのぞいては、のそれは、
そのパートさん。
実は、その主婦パートさんも、移動になっちゃったんである。

それは、要は、会社の人員配備の見直しに伴う移動、
だったんだけど、
主婦パートさんはそう思っていなかった。
あたしの依願配置換え申告に伴い、自分も巻き添えになった。
とばっちり移動、だと思っていた。
だから、
休み明けの翌日、
主婦パートさんは、あたしに対してほぼ無言だった。
吃驚するくらい、素っ気なく、無愛想なものだった。

パートさんだから、週何日かしか勤務していないけど、
あたしはほんとに、楽しく、仲良くして貰っていた。
難問上司の休みの日なんか、
職場だけど、笑いの絶えない、
あたしとその主婦パートさんの空間があった。

けど。
主婦パートさんは、
もう昨日までの人とは別人になっちゃった。
そう思った。
それくらい、激変だった。

彼女自身も、会社全体が”潮目”の最中ってことは、
十分承知してるのは、間違いない。
人員配備の構成が変わることも、十分分かってる。
これも間違いない。
何故なら会社にいる者ならば、
この潮目の流れを誰もが薄かろうが濃かろうが、
分かってるから。
多くのスタッフが、この潮目、
会社運営の見直しに関しての、部署移動の可能性に、
各々が身の危険を感じたりもしていた。

見かねた先輩が、こう言ってくれた。
「あなたがどうとかじゃなくてさ。
慣れない部署に異動になったから、
たぶん彼女自身が、ナーバスになってるんだと思うよ」と。
そしてこうも。
「時間が経って落ち着いたら、
またきっと前みたいに、楽しく話せると思うよ」


〝他人のせい〟だと考え出すと、
人はたぶん、いい人で、いられなくなると思う。
なんかね。
うまく言えないけど。


仕事の帰り道で、ふと、
宇多田ヒカルちゃんの歌を思い出した。
ほんとに、ふっと。
『誰かの願いが叶うころ』を。

それは、世紀の大駄作(苦笑)と言われた
映画『キャシャーン』の主題歌。
あたしは、世間の評判に反して、結構、好きだった。


〝自分の幸せ願うこと わがままではないでしょ
 誰かの願いが叶うころ あの子が泣いてるよ
 みんなの願いは 同時には叶わない〟
                  by 宇多田ヒカル(ちゃん)

あたしは彼女の大ファンではないけど、
もしかしたら、すごくリリカルな人ではないか。
そう思ったことも、ふと思い起したりした。


しょうがない。
いろんなことが、しょうがない。
だからあたしはあたしの道をゆく。
ことにする(苦笑)

会社の潮目に加えて、
さらには年度末も加わって。
まったく。
いろいろあるよなあ。



DSC_3462mn.jpg





2018-02-10 : よしなし雑記 : コメント : 1 :

医療は納得しなきゃ始まらない

義兄の脚の手術が無事成功し、
完治の方向でベリグッ☆で、ホッとするも。

今度はわが父。
〝脱腸〟らしかった。
脱腸って聞くと、なんか、
申し訳ないけど笑っちゃうのはなぜかしら(苦笑)
とま。
とにかく、脱腸らしかった。

最近、太もも辺りに違和感があって、
係りつけの小さな個人医院で、医師に相談。
したら、脱腸だと思う、との判断が出たそうな。

その医師は専門医ではないので、
紹介状を書くから、もっと大きな総合病院で
診察して貰いなされ、と指示して下さった。

で、その際医師が、
「おそらく手術になるんじゃないかな。
入院は1週間くらいじゃないでしょうか」
そんなことを言われたらしい。

世界一<片側顔面痙攣痙攣>での痙攣再発、に怯えるあたし。
の、父らしく、
わが父も、へっぽこ、大の臆病者(苦笑)
だもんで、その日から意気消沈も甚だしく。
しょんぼり、もーすっかりしょげかえって、
意味もなくため息ばかり。
周囲にいる家族は、鬱陶しいたらなかった(苦笑)

「さっさと病院へ診察にゆけ!(怒)」

母が叩き出す勢いで、紹介状の先の病院へ父を行かせた。
その時に、父はある覚悟をしていたらしい。
そう。
「手術をする」ということ。
それを決意して、診察に向かっていたらしかった。

で。
受診して帰宅。
どうだった?と聞く家族に、父はこう言った。
「今すぐ手術しなくてもいいって。
しばらく様子を見ましょうって」
えっあら~じゃ、良かったじゃん☆
そういうと、父は思いのほか、なぜか暗い顔をしている。
なんなの一体?どしたのさ。

父。
「手術して貰うつもりで病院行ったのに。
納得できん」


要するに。
最初の医師には「手術になるでしょう」と言われた。
2番目の医師には「手術までは、現状、別段必要なし」と言われた。
意見の相違が、父「納得できない」らしかった。

数日間、悶々と過ごした父(←またもや周囲には鬱陶しいものだった:苦笑)
しつこく浮かない顔をしているもんだから、
わが姉が今度は激怒(苦笑)
「さっさと再度受診しろー!(怒)」

父は、先日義兄が入院&手術をした、
大規模病院で、診察し直して貰いたかったらしい。

病院の様子は清潔だったし、
医師の感じも良かったし、
何より義兄の術後の経過もすこぶるイイ感じだしってんで、
父は何となくその病院に”憧れ”ていたんである。
もう。
子どもかって(苦笑)

で。
わが姉(つまり自分の長女)に、ドヤされた結果、父行動(苦笑)
近く、その思いを寄せる病院で、
診察して貰う予約を取ったらしい。

何となく、父は浮かれてる感じがする(失笑)
「今度こそ白黒ハッキリつく!」と、いう素直な思いと同時に、
自分の中では父はきっとすでにもう、
<手術>をすること、を、決意してるんだと思う。
たぶんそれは、医者が何と言おうと、だと思う。
様子見で先延ばし、ではなく、ズバッと手術で治したい。
そう決めてるんだろうと、思う。

医療を受けるとき、
一番肝心なことは、患者自身が
どうしたいのか、ということだ。
どうしたいのか。
どうありたいのか。

これに尽きると思う。
どれだけ医師が何を言ったとしても、
本人の”納得”がなければ、
医療をどれほど施しても、結果、功を奏しないと思う。

医療は納得しなくちゃ、どうにも始まらない。

わが父を見ながら、改めてそれを実感した。

医師とのフィーリングに、納得。
看護師さんの雰囲気に、納得。
医療の説明に、納得。
病院の様子に、納得。
いろんな納得が、地味だけど、やっぱり重要で、
やっぱりそこは、必須で、必要なんだろうと思う。
そして、行先は、すべてを自分が引き受ける覚悟。
しかし。
果たしてわがへっぽこ父に、それ、あるかしらン(苦笑)
それだけが、ちょっと、不安ー(苦笑)

まあとにかく、再度受診することになった、父。
今度はスカッと納得して貰いたいと、願う家族なのだった(笑)

まあ、ともかく、
頑張れ、父☆



DSC_3620mi.jpg





2018-02-02 : よしなし雑記 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。