そう来たか!高血圧!

片側顔面痙攣の、再手術をしてから半年が過ぎた。

検査予約を、主治医が取ってくれていたので
数ヶ月ぶりに、病院へ向かった。



片側顔面痙攣の再手術について、
勿論、気持ちのすべてを文字に起こしたいし、
起こすつもり。
でも。
でも、その前に、どうしても書かなきゃ
気持ちがオタオタで治まらーん!という事態がーっ!

※ 片側顔面痙攣の、半年後検診についての記事は
  また後日記します。


突然だけども、
あたし高血圧になったかも?!
ギャーッ!(悲鳴)
題して、表題のとおり。
『そう来たか!高血圧!』


再手術より半年後検診という名の、診察を受け、
主治医と半年近く振りに面会をし。
ご親切にして下さった、外来病棟の
ベテラン看護師さんに、運良く出会え、ご挨拶をし。
そしてここから。

お会計を済ませ、病院をあとにする直前のこと。
玄関近くに置かれている1台の
〝血圧測定器〟が、ふと目に付いた。

何を思ったか、あたし。
ふだんなら通り過ぎるところだけど、
コートやマフラーを着直す前に、
「計測しとくかぁ」と。
ふと、そう思って、何気なく腕を機械へ収めた。
そして、計測開始。

で。
結果。
158/98/98 (血圧上・血圧下・脈拍)
ゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲーッ!!!
マジかーーーーーーーーーーーッ!!!
(ドン引き)


こんな数値、あたし、見たことない。。。!!!(絶句)

・・・・・・・・(呆然)

。。。いやいや落ち着けあたし!
半年近く振りに来た病院。
楽しい場所じゃあない。
主治医との面会も、嬉しい気持ち半分、
でも複雑な思いでもある。
一生すがりたいような泣き心と、同時に、
一生涯もう会わずにいたいという拒絶心(苦笑)
2週間過ごした、いろんな感情渦巻く場所。
この病院で良いのか、と
煩悶を繰り返した場所。。。

とにかく、あれやこれやの
ややこしいマインドが交差しまくってたから、
それは、自然、高血圧にもなろう!うん!

そう思って、動揺しつつも、帰宅。

で、帰宅した瞬間「診察はどうだった?」と
心配して来る両親へ、
「それは無事ことなきで済んでるのよ。
それの話はまたあとで。
て、それよかちょっと聞いて?!」とあたし。
親の心配している片側顔面痙攣の件の上から、
ガバーッ!と覆いかぶせて、
異常なまでの<高血圧>
だったこと、をどわどわした口調で告げた。

父は「病院だと異常上昇するときあンだよー」などと
のんきに言ったが、母は真剣になって。
そんな数値はちょっとオカシイ、と、
自分たちが日々使っている<家庭用血圧計>を、
さーっと持って来て、計測してくれた。

結果 上140台、下90台、脈拍90台(詳細数値失念)

母はこれから毎日、ちょっと気にして
計測しなさい、と言った。

う。
うん。。。

そして、数時間後、気まぐれに計測してみたら、
上120台下70台脈拍80そこそこ(詳細忘却)
ものすごくノーマル。
模範的数値だった。
そしてさらにその数時間後計測しても、ノーマル数値だった。

ふぅ、やっぱり久しぶりの病院で、
異常興奮でもしたんだな。
お疲れ、あたし☆
などと思っていたけど、内実、ちょっと気にしてた。

で、翌朝。

朝の支度でドタバタしていない頃を見計らい、計測。
したら、なんと!
また上140台下90台の高数値を叩き出したではないか!

。。。って(汗)
もしやあたし、
こここここ、高血圧になったのかも。。。(冷や汗)

半年前の入院中は、
毎朝毎晩、看護師さんが血圧計測をして下さっていた。
そのときの数値は、まったく異常なしだった。
退院後、自宅療養をして、会社へ戻ったとき、
たちまちに会社準備の健康診断があったけど、
そのときだって、血圧の数値は、まったく問題なしだった。

それからほんの3ヶ月程度で、
血圧ってヤツは、
こんなにも変化、および、上昇するものなの?!

と。

今のあたしは、
片側顔面痙攣のことはさておいて、になった。
単純だから!(断言)もう、
頭の中は<高血圧>のことで、いっぱいになってしまった。

あたしは<高血圧>になったんだろうか?!

高血圧になると、片側顔面痙攣の、
脳内の血管壁にも、よろしくないに決まってる。
動脈硬化は、一大事だ。

えっ!
まさか、血圧を下げるための投薬が必要になるのかな?!
いやまずは、病院へ相談に行くより先に、
自助努力だ!

片側顔面痙攣のことを、突き止めたときのように、
あたしは今、ネット検索大魔神となり、
<高血圧とは>だとか
<高血圧改善>だとかを、ググリまくり出している。

片側顔面痙攣!
貴様のことは、よぉーっくお見通しなンだよ!
なんてったって、あたしは、2度も手術してんだぃ!
術法も違うんだ!いろいろ学んだ!
ネットでも吐くほど調べに調べ回った!
病院にだって、何軒も足を運んだ!

だから。
はい(冷静に)
今はいったんおいといて。
そのなげかけていた情熱を、今、すっかり
<高血圧>へ向け始めたあたし。
って。
いろんなことが、起きて来るようになった。
正直に言って、ため息が出る。
大きな症状を体験して、一息ついたかなあ、と
心穏やかに成りかけているところで、またこんな。
ってもう、ほんと、人生ってヤツは、
マジ、気まぐれで面倒くせえなあ(←乱暴口調にもなるってもんだ)

でもまあねえ。
あたしはもはや、四十路もびゅーんと、
ずいぶん、越えに越えて、
半世紀生きて来た人、がもう、近くになりつつある。

更年期障害ってものだって、近い将来、待ち受けてる。
ああそうだそうだ。
<緑内障>の疑いアリってのも、
半年前、眼科で言われたんだ。
1箇所だけ、検査結果が「怪しい箇所があります。
ただのあなたの、検査中の動作ミスかもしれないし、
今のところは分かりません」
まあ、半年後くらいに再検査してみましょう、だった。
その検査に行かなきゃなあ、な頃になった。

本当にいろいろ出て来たもんだと思う。
それだけ、本当に、加齢してってるんだなあ、
ということも、同時に、思う。
少女のころの、つるつるの健やかだったあたしとは、
もはや別人だよ(涙笑)


両親に聞いてみた。
「ね。
年とって、何かイイことってあるの?」

母 「さあねえ。あるのかしらねえ」

すると、父が横から首を突っ込んで来た。
「あるさ」
えっホント?!
何があるの?

父はニヤリとしてこう言った。
「優先座席に座れること」

母は呆れた顔で苦笑した。
父は満面の笑み。


まあね。
こんなふうにのんきに過ごせている高齢者の姿は、
まあね。
有る意味、あたしの、希望。


追記。

血圧測定値を、メモすることにした。
朝と夜、出来るだけ同じような時間帯に
計測しようと思う。
で、数日取っている。
上140台のときもあれば、
お手本のような上120台が続くときもある。

片側顔面痙攣の研究時代を思い出して、
ねばっこく、付き合ってくつもり。


痙攣のときのように、
ドキドキはらはら、泣かされる気がするけど、
最後はきっと、あたしが勝つ!
これまた弱腰の逆ギレ、パターン(苦笑)


この枯れ木の山のように、
人生ってなあ、込み入ってるもんだなあ。
あたしのものなのに、
あたしの自由が利かない。
まったく面倒!(苦笑)





033or.jpg





スポンサーサイト
2017-11-22 : よしなし雑記 : コメント : 2 :

<お元気ですか>の話

職場に、他支店に異動になった同僚氏が
ふらりと、先日現れた。

おやあ~めずらしい~
今日はなになに?お休み日~?
<お元気?>
などとヤアヤアな挨拶をした。

同僚氏は「ええまあなんとか~」と笑顔で答えてくれたあと、
「○○さん(←あたしのこと)はお元気ですか」と
聞いてくれたので、
まあ、全体的に体調不良は無いから、
まあ、あたしも、なんとか~と答えた。
すると「僕、実はついこの前まで、入院してたんですよ」と
同僚氏が言ったから、あたしはすごく驚いてしまった。
えーそうだったの!
でも、ぜんぜんそんな風に見えないよ?!
ちっとも痩せてもないし、顔色だって血色良いよ!

「一度めちゃめちゃ痩せて、
また元に戻ったとこなんですヨ(苦笑)」と、同僚氏。

入院した、とか、
病気になったとかいう話のとき、
<何の理由で>は、こちらからは、なかなか聞けない。
込み入った症状だったら、問いだすことは無神経だろうし、
口にしたくも無いかもしれないし。
それにもしも、答えてくれたとしても、
その後のあたしの言葉や態度が、
心を傷つけてしまっては、申し訳ないし。

でも、同僚氏はさらっと、病名を言っていた。
病名というか。
どちらかといえば、症状というか。
病名も、当然正しく、にはあるんだろうけど、
話を聞いていたら、
なんだか「片側顔面痙攣みたいなもんだなあ」と
あたしは、ふと思った。
大腸の一部に、近くの血管がくっついて、
うんぬんとかなんとかだったのだ、と説明してくれた。
だから、病気、というより、なんというか、うーん、
図らずもそういう状態になっちゃって、というか。
だから、退院後の今は、別段投薬も無ければ、
食事制限等もないみたいだった。
だから、やっぱり、片側顔面痙攣に似てるなあ、と。
悪い症状が出た原因とか理由とかが、
はっきりしてる点も含めて。

1ヶ月半入院したという。
長かったね、ご苦労様でした。
大変だったね、頑張られたね!

手術後、とにかく激痩したそうだけど(そりゃそうでしょうとも!涙)
でも、今は元通りの体重と体形になっていた同僚氏。
本当に、手術・入院をしていた、と聞かされてなければ、
何も分からなかった。
ほんとに、無事に回復されて、良かった!

で。
<お元気?>は、ときにドキドキだよね、と。
そんな話を、別の同僚にしたときのこと。
「私も似たよなことあったのよ」と言うので、聞くと。

職場近くの道で、バッタリ、
以前の職場上司に会ったという。
すこぶるお元気そうだったから、
「お元気そうですね」と言ったと言う。
そして、この話には前があって、と。

「3年位前にも、偶然街でその上司に出会ったの。
お久しぶりです、お元気ですか!って、
声をかけたのよ。
そしたら、珍しくその上司がいっぱいおしゃべりをしてくれて。
昔の職場では、こんなに話したことないのになあって、
おしゃべりを聞きながら、ふとそんなことを思ったの。
で、この前よ。
会ったとき、元上司が、
3年前バッタリ会ったとき、ベラベラ長いこと
立ち話をしちゃって、悪かったなあって
ずっと後悔してたのよーって言い出されて」

私そのとき、実は、
癌告知を病院で受けたばかりだったの。
それはもう、ものすごく落ち込んでてねえ。。。
ひとりトボトボ歩いてたのよ。
そのとき、あなたに偶然出会って、
お元気ですかって、声をかけて貰って、
すごく嬉しかったの。
前の職場では、ほとんど話しをしなかったのに、
声をかけて貰って、嬉しかったのよ。
そのときは、癌のことは言えなかったけど、
人と話をするって、
すごく気が紛れるってこと、教えて貰ったわあ。

「今は治療が順調に行ってて、体調も良いんだって。
だから、癌だったって今なら言えるって、言われてた。
良かったー!」と同僚。

<お元気ですか> 
という言葉って、
すごくイージーに日々使ってるけど、
年齢を増すごとに、
ちょっと配慮しながら使うようになったよねえ。
とね。
そんなことを、同僚を話した。
それに、面倒くさいヤツみたいな物いいになるけど、
常に<お元気>でなきゃいかんのか、とね、
思ったりするようになった。
ときどき、社会では残念なことだけど、
<お元気>でないとダメ人間扱いされることってあるし。
今の勤め先でだって、
「○○君はしょっちゅう風邪引くよね!」と、
かなりの怒り&呆れ口調で、言う先輩同僚も結構いる。
これが現実。

久しぶりに会ったりするヒトとか、
バッタリ遭遇したヒトとかには、つい言う言葉だ。
<お元気ですか>
言葉に悪意はぜんぜん無い。
言葉自体にも、悪気はぜんぜん無い。
だから、受け取る側も、適当に返事をする。
「まあまあソコソコですかね~」だとか。
「ぼちぼちってとこですかね~」だとか。
これで、その場の雰囲気で、察するように、すること。

あたしは、片側顔面痙攣になって、手術をして。
無念の再発をして、また再度決意の手術に挑んで。
それから、少し、成長した気がしてる。
<お元気ですか>ひとつにも、
ちょっぴりかもしれないけど、
配慮するように気持ちが出来た。

片側顔面痙攣は、本当に最悪で最低で、
嫌で嫌で酷いものだけど、
少しではあるけれど、
何か大事なことを、学べた気がしてる。




020opp.jpg





2017-11-19 : よしなし雑記 : コメント : 6 :

自己防衛を高めてく!

愛犬の、夕方の散歩を早めに出かけたときのこと。

わが家とお隣り宅の家の、ちょうど真ん中くらいに、
1台の軽自動車が、じわーっと。
超スロースピードでやって来て、停止をした。

車体横には、印象としては
ホームセキュリティの会社なのかな?と想像するような、
社名的な表示が印字されていた。

何の用?うちですかぃ?と。
そう思って、愛犬と一緒に、その軽自動車を
じーーーっと、あたしはガン見した。
ら。
ひとりの作業服男性が出て来て、
あたしとバッチリ目が合った。
にも関わらず、作業服男性は何も
あたしに対応することなく、
そろーっと(と見えた)
隣り近所のお宅周辺や玄関前を、ウロウロウロウロ。

あのですねえ。
ちょっと言いたい!

小さな住宅街の狭ーい道路の、
それも、ひとンちの玄関目の前へ勝手に停車して、
車から降りて来て、隣り近所のお宅周辺をウロウロって。
目前に住民がいるんだから、
一声挨拶くらいしたっていいんじゃないの?
てか、セキュリティと謳っているのが正解なんだったら、
むしろ率先して挨拶すべきじゃねえの?(←口が乱暴になる:苦笑)
不信感を拭う為にも、自ら名乗ってさー!
「わたくし○○会社というものですが、
ホームセキュリティのご相談を
○○様のお宅よりご相談を承っておりまして。
おうちを探しているのですが、ご存知ではないでしょうか?」
とさー!
それくらい言って来るべきでないの?!

チロチロチロッとあたしの方を見るだけ見て、
程なくして、作業服男性は軽自動車へ乗り、
またじわーっとまた超スロースピードで
どこかへ消えていった。

不審!(でないですか?)


昨今、様々、下劣で凶悪で悲惨な事件が沢山起きてる。
その起きてる場所も、何も、人里離れた山奥ばかりじゃあない。
都会の都心のど真ん中であっても、起きてんだから。
誰をどう装って、人目を欺いてるのか分かったもんじゃない!
と、
思うようになって来た。
残念なことだとは思うけど、でもこれが現実だとも思う。

親戚の家の前に、いつだったか、
早朝、知らないママちゃりが1台、置かれていたという。
それはぴったり自宅壁沿いに置かれていて、
親戚のおばは「気持ちが悪かった!」と言っていた。
なぜならおばが言ったのは。
「ふっとさ。
泥棒とか強盗とかの、
何かの合図みたいって想像して、恐ろしくなったのよ!
あの自転車が置いている家は、
年寄りしか住んでない家の印、とかって!
そう想像したらもう怖くて気持ち悪くて!」

なるほど!偉いっ!と感心したあたしだった。
お年寄りでも、大袈裟かもしれないけど、
これくらい反応してなきゃ、本当に恐ろしい世の中だと思った。

ちなみに、その知らない中古自転車は、
その朝の間に、知人男性が来て、
遠くの畑脇の電柱へ立てかけておいてくれたという。
(さらなる違法駐輪だけど:苦笑)
そして市の放置自転車撤去活動にて、
無事撤去されていったのだった。

またこれは、知り合いのおばあさんの話で。
ある日の夜の10時頃のこと。
玄関のベルが鳴るから、ビックリして出たおばあさん。
一体こんな夜に何事?!と、急いでインターホンを取ると、
見知らぬ若そうな女の声がして、こう言ったのだという。
「すみませんけど、お手洗いを貸して貰えませんか」
そのおばあさんは85歳だったけど、かくしゃくとした人。
そして頭も冴えてた。
「あなたどこの誰!?
この家だらけ住宅街の中で、何でウチなの!
すぐ目の前にコンビニもあるじゃない。
こんな時間に、トイレ貸せなんて、何考えてんのッ!
それに、夜更けに見知らぬ人間をホイホイ自宅へあげる馬鹿、
どこにいるっての!」
で、撃退。
撃退と言っていいと思う。
確かに、全てそのおばあさんの言うとおりなんだから。

大通りから引っ込んだ、普通の家の連なる住宅街の中で、
何でそのおばあさんの家だったのか。
目前に24時間営業のコンビニもあるというのに、
トイレ貸してなんて!
もはやこのご時勢で、まったく知らない人間を、
夜、家族の誰もいない家に招き入れる人なんて、いるのだろうか?
高齢者独居、というところまで、
その”トイレ貸して犯”(←悪人断定)はどうにか調べたんだろうな、と邪推する。
でもね。
確かにそのおばあさんは、そのお宅には独居だけど、
一見すると、全く別の家に見える真横のお宅が、
大人数の暮らす、孫家族の住む家なのだった(笑)
表札も違うし、そこまでは調べ切れなかったのだろうな!

知人のご亭主で、
ものすごく、ご近所観察をしている人がいる(苦笑)

古い公団に住んでいる知人家族。
子供さんもいるから、必然、団地内を動き回ることが
多いことも、観察眼の幅を広げてるみたい(苦笑)

ファミリータイプの公団なのに、
隣りに越して来た男性は、どうやら独身。
別にいいじゃん、と思うんだけど、ご亭主は違って(苦笑)
「まず引越しの挨拶が無かった」
そして「何より、ここに暮らしている気配が全く無い!
家財道具も運び込んでる様子も無い!
怪しい!」
これは奥さんも同意してた。
「夜の出入りは、物音がするからあるんだけどさ。
日中あたし、在宅しててもたぶんずっと留守なんだよねえ。
ね、いったい何して暮らしてんだと思う?!」と、奥さん。

<詮索好き>って、言葉は悪いし、
実際近所にいたら結構煩わしいだろうとは思うけど、
でも、もしかしたらそういう<詮索好き>さんがいたら、
地域は安全かもしれないなーなんて、ふと思ったりした(苦笑)

知人奥さん・余談。
「ウチの何軒か隣りの奥さんなんて凄いンだよ!
ほかにも気になる住民がいてさ、
その住民男性が出て来たのを見逃さなくて、
バッ!と玄関から飛び出て、こう聞いてたの!
あーた、何して暮らしておられるの?
めったに会いませんわね、って。
残念ながらその質疑応答までは、
あたしの家の玄関までは聞こえなくってー!」
って、その一部始終は見てたんかーいっていう(苦笑)
<詮索好き>のマトリョーシカ(笑)
でもほんと、こういう人達がいたら、
安心安全かもしれないよなあ。
ホームセキュリティ会社なんて、
警報アラームが鳴るまで気付かないんだし。
ってね。
でもま、ホント、実際には煩わしいだろーけどね(失笑)

あたしも家族も高齢化してってる。
大袈裟と言われても、
そのくらい自己防衛意識を高めてくのが、
いいと思ってる、今日この頃なのだった。



049vv.jpg





2017-11-10 : よしなし雑記 : コメント : 0 :

病院再訪日がドキドキ…

今月中に、片側顔面痙攣の再手術後、
約半年後検診として、病院へ再訪する。

なんというか。
妙に、ドキドキする気持ちがある。
なんというか。
古巣を訪ねるような楽しみ気分がるような。
でも、出来ればもう行きたくない思いもふつふつあって。
2週間もの日々を過ごしたところで。
いろんな感情やたいへんな体調でもって、
人生を預けて過ごした、重要な場所だし。
とにかく、あらゆる気持ちが入り混じって、複雑。
総じて、つまりのところ、ドキドキする(苦笑)

何も問題がなければ、たぶん、この
半年後検診は、ほんとは無用だったろうと推察する。
でもまあ念のため診察しておきましょうか。
そんな感じで、主治医が予約を取ってくれていた。
この診察は、問診のみ。
想像出来るのは、おそらく診察室に入って、
久方ぶりのご挨拶を医師へ申し上げ、
その後調子はいかがですか、と質問を受け、
あたしは、
痙攣はおかげさまで今までのところ消滅しています。
ただ耳鳴りだけは残念ながら再発しています。
でも、それも慣れて行くほかないなと思っています。
などとお答え申し上げる。
何かお聞きになりたいことはありますか、と医師に聞いて貰い、
あたしはいくつか、片側顔面痙攣について、
手術後から今の日までに、ふと思ったことなどを問う。
これでたぶん終了。
たぶん合計5分、長くても10分未満で退室だろうと、思う。

有難いことだと思う。
病院と医師等には、ものすごく感謝してる。
本当に、感謝しかない。

今後、病院診察で決まっていることは、
術後1年後になる来年の5月中に、
MRI撮影をして、脳内の様子確認をするということ。
(CT撮影だったかもしれない)
これで、何事もなければ、完全に病院は卒業。
よほど医師へ相談事でも生じない限り、
それにて、お付き合いはおしまいになる。
嬉しい。
そして、あたしにとって、再手術先の病院は、
ずっと大切な場所になる。

救急車が、サイレンを鳴らしながら
猛スピードで街を走り抜けているとき、
あたしはいつだって、再手術先の病院のことを思う。

あたしの入院していた病室は、
かなりの高層階にあったけど、
その病室のほぼ真下に、救急車の入庫スペースがあったから、
早朝といわず深夜といわず、
1日中サイレンは鳴り響いて、病室にまで音はつねに、達してた。
だから、
たくさんの管やチューブに繋がれて、ベッドに横たわりながら、
あるいは、自由の身になれて、ベッドの上で読書なぞしながら、
あたしは2週間、毎日ずっとサイレンを、聴いていた。
だから、
サイレンと病院は、あたしの中で同一。
だから、
サイレンを聴くと、主治医はもちろん、
関わって下さった脳神経外科医の医師等、
お世話になった看護師さん方のことを、思い出す。
皆さん、日夜、あの場所で、
白衣を着ながら、走り回っておられるのだよなあ、と。
感服する。
サイレンの救急車には、
どうか一刻も早く患者さんのもとへ駆けつけられて、
救ってあげて下さい!と声援を送る。

病院へ再訪したら、
病院内にあるレストランへ行こう。
お見舞いに来てくれた家族と、食べた、
天ぷらうどんと、パンケーキを食べよう。
ドキドキしながら、食べると思う。
味はきっと同じだけれど、
あたしはいろんな何かを思いながら、食べるだろう。




038ff.jpg





2017-11-05 : 片側顔面痙攣のこと : コメント : 13 :
ホーム

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。