はじめまして。

はじめまして。
lou・cと申します。

2013年10月。

脳神経外科を受診して、結果、
【片側顔面痙攣】という診断を受けました。

不随意に、勝手にぴくぴく痙攣をする
顔面・右側半分の煩わしさから、解放されることを
ココロの底から強く望み、
完治治癒を求めて、手術をすることを、決心。

頭蓋骨に穴を開けて、痙攣の原因となっている神経に対する
血管圧迫を取り除く手術法、
”微小血管減圧術”の手術に挑みました。

痙攣消滅、あるいは、軽減が、術後80%程、と
かなり治癒の確立は高い手術と説明を受け、
根治に希望をかけ、胸躍らせていました。

が。

なかなかどうして。

術後”治った!”と実感していた痙攣が、
1年と3ヵ月後から、再発の兆しが…(涙)

人生ままなりません。
そして、カラダの中身、一筋縄では行かないようです。

そんなこんなの【片側顔面痙攣】についての、
ワタシ自身思うことや、その他日々
”病”について考えるよしなしごとを、
ねっちり(苦笑)ここに吐露してゆきたいと思っています。

よろしくどうぞ、お付き合い頂けましたらヨロコビです☆





011.jpg





スポンサーサイト
2015-04-09 : はじめまして : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

lou.c

Author:lou.c
2013年10月、片側顔面痙攣で開頭手術を受けました。煩わしかった痙攣から解放された☆と思いきや、術後約1年数ヵ月後、また魔の痙攣が始まりました…
この症状について、さらには病というモノなどについて、さらにさらにはいろいろよしなにごとを書き綴りたいと思います。

カウンター

ランキングに参加しています

ランキング参加中です。宜しくお願いします。